【コンフィデンスマンJP】弁天水(化粧水)の役割や2話の伏線を解説!

全てのカギ弁天水!? 完璧な脚本に全ての人が騙された!!

 

日本ドラマの定番をぶち壊した

 

最高のどんでん返し!!

 

全ては伏線だったと知った時のあの衝撃を皆さんにも是非味わってほしい!!!!!

 

その中でも重要なキーとなる弁天水についてわかりやすく教えちゃいますよ~

 

『コンフィデンスマン』がより面白くなるはず!!

 

先に行っておきます!!

 

※ネタバレ注意ですよ

 

ドラマ『コンフィデンスマン』の概要・あらすじやキャスト

ドラマ『コンフィデンスマン』の概要

一話完結型物語!!主演は全員詐欺師!!!各話が全て繋がる…?!

ドラマ『コンフィデンスマンJP』は、2018年4月9日から6月11日まで、フジテレビ系「月9」枠にて放送されたテレビドラマ。

長澤まさみ初の単独主演でお茶の間を賑わせました!!

 

まさみが月9に帰ってきた~!(あれ、私だけじゃないよね?!w)

 

最初は誰もが長澤まさみが久々に出演する月9か~ふ~ん‥程度の始まりだったと思います。

 

でもでもでもでも、1話を見終わるころにはすっかりハマっていたのではないでしょうか!!!!!

 

平均視聴率は8.9%と決して高くはないんですが…一度でも見た人からは大絶賛!!

 

どんなドラマなのかまずは説明しますねッ!!

 

ドラマ『コンフィデンスマン』のあらすじ

まずコンフィデンスマンって信用詐欺師のことなんです!

そのコンフィデンスマンことダー子を演じるのが我らがまさみちゃん!!

もうすっかりデビュー当時のあどけなさは皆無ですねw

 

ダー子がクセのありすぎる仲間達(次のキャストで説明しますよ☆彡)と

 

金の亡者たちから驚くような方法で金をだまし取る物語なんです!!

 

一話完結っていうのがドラマ特有の中途半端モヤモヤがなくていいですよねww

 

恋愛モノなんて…

 

ああああああああ!!もどかしい告白しちゃえよぉぉぉ!!!!!

 

ってなりますからね私の場合wwww

 

ドラマ『コンフィデンスマン』のキャスト

・ダー子:長澤まさみ

何がすごいって七変化ですね!!

劇中で、色んなダー子が登場します!

可愛さだけではなく、時には妖艶で、時にはみすぼらしく

演技力がないと絶対にできなかった役だな~って勝手に思ってます

つって私は演技に関してはからっきしド素人なんでよくわかりませんがww

天才的な頭脳抜群の集中力の持ち主でまさしく詐欺師!!

・リチャード:小日向文世

もうこのサムネだけでも面白さ伝わってるww

上品ジェントルマンキャラです!小日向さんに演じさせたら天下一品ですねw

リチャードというキャラ設定は小日向さん自身でも似てると思って演じてたらしいですよ!!

・ボクちゃん:東出昌大

お人よし小心者キャラ! おっちょこちょいで見ててそわそわしますww

 

そんなキャラは人として熱く!まっすぐ!そして可愛いww

 

この3人空気感ボクちゃんが作ってるんじゃないかと感じますね~

 

ってか名前ボクちゃんって‥www  イゴールボブチャンチン以来のネーミングセンスです(知らなかったらググってねw)

 

そしてここからはそのなにが話題の原因か!弁天水について!!いよいよですよ!!!

 

え?ここまで長かったって?

 

 

聞こえな~~~~~~~~いwwww

 

 

イヤ、スミマセン‥お付き合いください(汗)

 

弁天水って何?2話での役割

先に答えをいっちゃいますが‥

弁天水によってドラマ『コンフィデンスマン』の時間軸が解明されることになったのが話題の発端です!!

 

どういう流れで解明されるかというとね

そもそもこの弁天水が初登場する第2話『リゾート王編』を簡単に説明すると‥

ボクちゃんが、ひょんなことから老舗旅館『すずや』にて住み込みで働くことになります。そころがその『すずや』は隣町にできた大手ホテルチェーン『桜田リゾート』が出来てから経営不振で追い詰められちゃうんですね~

そしてすずやの女将は旅館を桜田リゾートに売却する事を決意するんです

そこでボクちゃんの依頼でダー子リゾート王桜田しず子(演:吉瀬美智子)から金を奪う作戦を始めます‥

↑↑↑↑↑↑こんな感じで「桜田しず子の側近になる」という作戦を進めます!

しかもしかも、カジノ建設の担当大臣の建設会社の社長令嬢だとしず子に思わせることに成功します‥スゴwww

その嘘の設定のコネクションを使い、真鶴にある個人所有の島を買い取って統合型リゾートを実現できるという案をしず子に思いつかせるんです~!!

島の持ち主(もちろん偽物)はおっちょこちょいのボクちゃんが扮します!

そして真鶴を買い取るためにしず子は5憶を用意しおてくるのですが…

ここでしず子が手配したフィクサー(大きな契約時に立ち会う調停人の立場の人)を連れてきて、しかも本物の土地の所有者まで連れてきます…

 

あわあわあわあわ…な状況にww

 

結果想像の通り、ニセモノとばれてボクちゃん大ピンチになります!

そしてしず子は本物の土地の所有者5億を支払うのですが…

なんと!!!

 

実はしず子が雇ったフィクサーも実はダー子の仲間だったんです!!!!

つまり…2人目の5億円を受け取った男もコチラ側。 二重のウソだったわけですね!!

 

これは騙されるぅ~~

 

リアリティを出すためにな~にも知らされてなかったボクちゃんはすっごくかわいそうでしたけどねww

 

そして奪い取ったお金で旅館を立て直し、買収されることも一旦は防げたんですが

 

結局、一年後に旅館は桜田リゾートに買収されちゃうんです…

 

しず子は、島の誘致失敗の責任をとって自ら桜田リゾート辞めたというのがおおまかな流れ…

 

そんな第2話の最後の方で出てくる一年後の桜田リゾート運営「鈴の音」(元『すずや』)という旅館におかれていたアメニティー

 

化粧品 “弁天水”として登場します。(覚えておいてください

 

 

この段階で弁天水の存在をきちんと認識できた人皆無じゃないでしょうか?!

 

そのくらい大した存在感もなくさらっと流れていましたね~

 

弁天水のラベルには「MINOBE」と書いてあります←ココ大事!!

 

 

 

そしてここからが本題…

弁天水の伏線とは?最終的な役割とは?

実はこの弁天水、その後に放送される第8話でメインの話になっていきます!

美容業界に君臨する美のカリスマである美濃部ミカ(演:りょうターゲットです

その演技具合…まじでりょうさんパネェっすwwってくらいハマり役でww

ダー子はそれほどまでのカリスマでさまざまな事業で成功しているミカなら儲け話にはすく食いつくはずと考えます!

 

しかし… ふとしたきっかけで儲け話自体には興味がないことを悟ります…

 

そこで考え付いたのが!!!

 

ダー子が「美人村」と呼ばれる村に代々伝わる秘伝の化粧水「弁天水」というものをでっち上げる作戦を思いつきます!!

 

「弁天水」を使った女性は決まって美しくなる、という話でミカの興味をひくわけです!

その上で、

 

『村の女性が命がけで代々守り継がれてきた』

というトンデモ設定をぶち込むことにより、

美の追求+心をつかむという作戦へ!!

 

その守り継いでいる現代の女性が、

 

ダー子なんですね~~

 

どうしてもミカは弁天水を手にいれたくなります!!

強引にお金をつかって買おうとするのかと思ったが、ミカから「ミス・ミカブランドコンテスト」に出てみないかとダー子に打診してきます

 

そして出場したダー子はなんと優勝してしまうんですねwww

 

そんなダー子ミカに翻弄され、作戦もうまく遂行できないうちに突然ミカパワハラ経営が週刊誌に報じられます

その件が原因となって、ミカは会社を追われることとなり、お金を搾取する前にダー子たちの作戦も保留となってしまいます…

 

 

綿密に練った計画第8話にして初めて…

 

失敗!?!?!?!となるんですね~

 

あーたまには失敗パターンもないとドラマ盛り上がらないよね~

 

そうか~失敗か~

 

あれ、でも第2話で弁天水って出てきたよな~う~ん…

 

で終わりではなかったんです!!!!!!!

 

実はこの方、脚本の古沢良太氏が

第8話放送後にミカに買わせられなかった弁天水が過去の回で登場していたこをネットで公言したんです!

 

ドラマというフィクションの世界だけではなく

現実世界でも驚かせてくる奇才ぶり!!

 

視聴者がこぞって第2話を再度見ようと動くわけです!そりゃぁ気になりますもん!

 

そして判明したのが…

 

このドラマは第1話、2、3,4…と続いてますが…

 

時系列がバラバラだということ!!!!!!!!!!!!

 

つまり…

 

第2話が終わってから第8話の話が起きたのではなく、第8話の後に第2話

 

つまり(Part2)

第8話『美のカリスマ編』のあとに

第2話『リゾート王編』

 

 

第2話の最後に弁天水が存在していて…かつラベルに

 

ミカの名字の【MINOBE】(美濃部)

小さくてスミマセンw

 

 

ということは…

 

 

第8話で失敗した!と思ってたけど、後日ミカはしっかりと

 

『弁天水』権利ダー子買わされていたんです!!!

 

 

しっかりと詐欺が成立していたんです!!(ドラマ内での描写はありません)

 

 

すごいですよね~~~第2話から第8話につながるこの長い伏線…

 

失敗したかと思わせて…先に第2話で成功していたことをアピールしていたわけです…

 

最初からネットで公言してざわつかせる予定だったのか!?!?!と思いますね~

 

策士すぎるwwww

 

 

この一連の騒動によって

 

ドラマのいつどこにヒントが転がっているかわからない!となって

 

視聴者は、数少ない最終話までをめちゃくちゃ細かく見て推理、憶測する様になっていたんです…!!

 

 

むしろ仕向けられた感wwww

 

 

筆者はこの事実を知ったときに、心の中でスタンディングオベーションでしたよ!!

心の中でですけどね!!!!!!!!!!!!wwwwww

 

 

 

まとめ

 

『弁天水』

たった一つのこの商品から『コンフィデンスマン』の時系列が判明してきて

 

一気にドラマの見方が変わりました!!

 

普通に考えたら1~最終話ですもんね!

 

でもこのドラマに限ってはの考察だと…

 

最終話が最初の話となります!!ネタバレですがww

 

しかも単純に1話がひとつではなく1話の中にも色々な時系列が存在しているはずです

 

『コンフィデンスマン』を見るときは改めて

 

『弁天水』が出てくるタイミング

 

を頭に入れながらどの話の後にどの話がくるのか考えながら見ると

 

あっというまに2周、3周と見れてしまうこのドラマ

 

より色んな視点で見ればまた新しい伏線、発見があるかも!?

 

 

見つけたら報告くださいねwwww

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です