【ドラマ】いつかこの雨がやむ日まで3話あらすじとネタバレに感想!

まゆゆこと元・AKB48の渡辺麻友が主演のドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第3話!

前回は、第2話のネタバレをして来ました!

2話では登場人物がそれぞれの思惑で動き、物語が動き出しましたね!

今後さらにいろんなことがどんどんと起きていきそうで、これから盛り上がっていく!と言う感じで続きが気になります!

と言うことで、この記事ではドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第3話のネタバレを紹介して行きます!

まずはあらすじやキャストなど概要から紹介して行きますが今すぐネタバレを読みたい方はこちらから!

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第3話のネタバレはこちら!

 

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』の概要やあらすじにキャスト

まずは、概要やあらすじキャストを紹介していきます!

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』の概要

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』は東海テレビがオリジナルストーリーとしてフジテレビ系列オトナの土ドラ」枠で放送している作品です。

第1話は2018年8月4日に放送されました。

放送時間は毎週土曜日の23:40〜0:35の55分

地上波での放送を見逃した場合もフジテレビが運営する動画配信サービスで見逃し配信されていますし、これから改めて1話から見たいという人もFODに登録すると無料で見ることができますよ。

FODに無料で登録する方法はこちらで紹介しています。

FODプレミアムの1ヶ月無料お試し期間にスマホやPCから登録する方法!

2018.08.17

主な出演者は、後ほどキャストの部分で紹介しますが

・渡辺麻友
・堀井新太
・吹越満
・筧美和子

です。

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』のあらすじ

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』のあらすじを紹介します!

まずは公式のあらすじを載せておきますね^^

謎が謎を呼ぶオリジナルラブサスペンス!

このドラマは15年前の不幸な出来事によって絶望に突き落された一人の女性を取り巻く、愛と罪と狂気を描くラブサスペンスです。

森村ひかりは、ミュージカル女優を夢見る天真爛漫な女の子でした。しかし、親しくしていたミュージカル女優が殺害される事件が起き、事態は一変します。逮捕されたのは殺された女優の恋人でひかりの兄。加害者の家族となったひかりは逃げるように故郷を去ることになります。苗字も母方の姓に変え、北園ひかり(渡辺麻友)となって――

それから15年――世の中の残酷な敵意にさらされ続けたひかり。唯一の救いは追い続けていたミュージカル女優の夢でした。そんなひかりの元に、兄の出所の情報が入ります。全てを壊した兄に決別を告げに行くひかり。そこで兄は思わぬ言葉を発します。「俺は無実だ……」

15年の時を経てあぶり出されるそれぞれの罪と秘密、そして愛……
そんな中、ある男と再会するひかり。
それは現場から逃走する兄を目撃し逮捕に至らしめた男、
そして、かつて“ある約束”を交わした幼馴染の谷川和也(堀井新太)でした。

人は、誰しも狂気を抱えています。それは愛のためであり、夢のためであり、守るべき自己のためでもあります。ひかりもまた愛に苦しみ、狂気に堕ちていくことに……!?真実は何か? ひかりに救いは訪れるのか!? 慟哭のラストまでノンストップでお届けします!

世の中は不条理に満ち溢れている――それでも、ひとすじの光があれば生きていける――

引用:公式ホームページ(http://tokai-tv.com/itsuame/intro/)

といった内容なんですが、ちょっと長すぎて読むの面倒ですねww

ということでざっくりとまとめた内容を紹介していきまうす!!

 

物語の主人公、森村ひかり(渡辺麻友)の夢はミュージカル女優だった。

幼い頃に、仲良くしてくれていたミュージカル女優が殺害されるという事件が起こる。

犯人として逮捕されたのは、殺された女優の恋人でもあるひかりの兄・國彦だった。

 

その15年後、ひかりは母方の姓を名乗り北園ひかりとして、出所した兄と決別しにいく。

そこで兄から告げられた言葉は、「俺は無実だ!」

そのタイミングで兄が犯人だと断定される証言をした、幼馴染の谷川和也(堀井新太)との再会

15年の時を経て、愛と陰謀と真実と嘘が絡み合うことで明らかになってくる事実。

一体真犯人は誰だったのか・・・?!

を解き明かしていくラブサスペンスとなっています!

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』のキャストや相関図!

まずは相関図ですが公式のものが縦長で見ずらかったので横長のものを自分で作っちゃいましたw

どーーーん!

それでは各キャストについてそれぞれ紹介していきます!

北園ひかり/渡辺麻友

無実の罪を背負った男の妹
「私はもうひとりじゃない…」
15年前に兄が殺人事件の犯人として逮捕された事で暗闇に突き落された女性。15年ぶりに再会した幼馴染・谷川和也によって心の氷は溶かされたが…

谷川和也/堀井新太

15年の時を超えた愛に突き進む男
「ひかりをもう一人にはしない」
15年前、約束を交わした幼馴染・北園ひかりのために奔走する青年。
「ひかりを守る」その思いは、彼女を暗闇から救い出すことが出来るのか?

森村國彦/桐山漣

復讐のためだけに生きてきた男
「花田舞子の事は想定外だった……」
15年前、恋人の女優が殺害され、犯人として逮捕される。実は妊娠していた麻美のお腹の子の父親ではない。

三上沙耶/筧美和子

縛りつける狂気に目覚めた女
「私にとって和也さんは唯一無二の存在」
和也の恋人。ひかりの出現により狂気を漂わせるようになる。
婚約者を事故で失った過去があり、和也への執着もより強くなっている。

剛田仁志/木村祐一

目撃者の少年の記憶を改ざんした刑事
「先生には火の粉が降りかからないように対処します」
15年前の事件を担当した刑事。政治家の矢吹の指示で、目撃者・谷川和也の記憶を改ざんした。現在は出所した國彦の居場所を突き止めようとしている。

矢吹麻美/三倉茉奈

「お姉ちゃん、私、どうしよう」
15年前に殺害された女性。恋人の國彦を裏切ってしまったことを姉の千尋に相談していた。

矢吹千尋/星野真里

妹を殺したとされる男を匿う被害者の姉
「妹は裏切ったの、あなたを…」
15年前に殺害された女優・矢吹麻美の姉。15年経ち、何故か殺人犯の國彦を自宅に匿っている。そこにあるのは愛か狂気か…

矢吹洋一/京本正樹

事件を秘密裏に操ろうとする政治家
「目撃者の少年の記憶を改ざんしたのはあなた。違いますか?」
殺害された矢吹麻美とその姉・千尋の父。刑事の剛田を操り、事件を國彦の犯行として処理させようとしている。

谷川幸一郎/間慎太郎

「確かに俺は麻美を付け回してた。でもな…」
和也の義兄。15年前、殺害された矢吹麻美のストーカーだった。國彦が接触を図った後、行方知れずとなる。

天竺要/吹越満

狂気を内に飼う男
「お前でジュリエットをやる。殺人犯の妹・北園ひかりでな」
劇団ウミヘビの主宰。15年前に殺害された女優・矢吹麻美と肉体関係があった。
ひかりの闇に魅了され、狂気をあらわにし始めるが…

花田舞子/紺野まひる

「舞台への情熱なら誰にも負けない」
15年前に殺害された矢吹麻美とライバル関係だった女優。15年後の現在、劇団で不審死を遂げる。

天竺 芽衣/宮澤 エマ

仕組まれた事故で主演を降板した女優
「何でこんなことに……」
天竺の娘で主演のジュリエット役に据えられるも、公演直前に何者かによって仕組まれた照明落下事故でケガをしてしまう。ミュージカルにかける情熱は誰よりも強かった…

 

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』第2話のネタバレ

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』のタイトルは

救われぬ魂・・・約束の抱擁

となっています。

恋心。でもそれ以外の人間関係でそれがうまくいかない。

というような展開が見え隠れするようなタイトルですね〜

事件というよりは登場人物それぞれの心情の動きに注目…!という感じですかね〜

ワクワクしながらドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』の第3話!ネタバレ行ってみましょう!!

 

第3話はひかりが帰宅するシーンからはじまります。

ひかりが家に帰ると、あいも変わらず母親がイかれてらっしゃるww

ぶっ壊れた恐竜のフィギュアをゴミ捨て場から拾って来て

「國彦が恐竜好きだったのよ〜」

なんて言いながらいじくりまわしてますww

 

 

フィギュア同様、母親の心も壊れているようですね・・・(苦笑)

 

 

母親が、兄・國彦のことを口にしたことをきっかけに、舞子の不審死について警察が國彦を追っていることを思い出すひかり。

いろんなことが重なり精神的に追い詰められているひかりは、そんな母親にいかりをぶつけてしまう。

 

一人くらい部屋で、和也がひかりの母に渡した手紙をみながら、和也にビンタしたことや「二度と俺の前に現れるな」と言われた言葉を思い返し、後悔するひかり。

 

そして、料亭・たにがわには聴取のために警察が訪れていた。

和也はたまらず父親に、最近國彦にあったことを吐露してしまう。

國彦に「無実だ」と言われたことで、一体事件の真相はどうなっているんだ…と悩むと同時に、一度は突き放したひかりのことを心配する和也。

ひかりは事件のことが気にかかり、舞台の練習にも身が入らない様子。

そんなひかりを見かねた、劇団・ウミヘビの座長、天竺要はとっておきの話をしてやるといって若かりしのことを語り始める。

かつて海外で、子供にピストルを突きつけられ死を覚悟した時の話だった。

 

ひかりの母の元にも警察が訪れ、慌てふためく母親にひかりはあいも変わらずあたり散らかす。

そこで、無実だと主張する國彦のことを知る母親。

そして一度壊れた関係歯にどど元には戻らないと、國彦のことは諦めろと母に諭すひかり。

 

一方、和也は剛田と再びあっていた。

國彦が真犯人ではないともともと感づいていた剛田は、和也と一緒に事件の流れを整理し始める。

 

そしてまだ事件は始まったばかりだと、これからも事件は起こり続けるだろうという予想を立てていた。

復讐はまだ終わっていない・・・

 

そんななか、和也の恋人である沙耶はひかりの友人を装いひかりの母の元を訪れていた。

初めて和也がひかりの家を訪れた時と同様に、部屋の中の異様な光景を目にし不審に思っていいた。

そこで和也も部屋に訪れたことを知り、和也の嘘に気づく。

そんな嘘をつく和也を、追い打ちをかけるようにチーズ入りオムライスが売りのレストランへつれていく沙耶。

沙耶の挙動は何かと狂気に満ちていてめちゃくちゃこわかったですww

 

しかも沙耶は、自分の存在を示すようにひかりの家にわざとハンカチを忘れていた。

 

稽古のために、劇団にきたひかりは天竺要から携帯を差し出され、これは本当かと問い詰められる。

その携帯の画面には劇団ウミヘビの掲示板にかかれた、ひかりの過去の暴露話だった。

 

剛田からの電話でひかりが國彦の妹だということが知れ渡ったことを聞かされ、心配した和也は再びひかりの家を訪れる。

そこでひかりや和也の友人(沙耶)が来たことを知る。

母親の話を聞いて不審に思いながらも和也はひかりと会う。

そして、ひかりの家に訪れた女がおそらく自分の彼女だと伝える。

 

そこで掲示板に暴露話を書き込んだのが沙耶であると感づく。

ひかりは、和也と私は出会っちゃいけない運命だった。と、そして

「彼女とお幸せに…」と行ってその場を立ち去ろうとする。

するとそこに、母親が忘れ物のハンカチを和也に渡しにきた。

 

國彦を信じている…!と訴えかける母親は

「どうかしているのはひかりの方よ!!!」

と辛辣な言葉をひかりに浴びせた。

 

そんなひかりに追い打ちをかけたのはバイト先のキャバクラ嬢だった。

ひかりは張り詰めた糸が途切れるように怒りを爆発させた。

 

一方和也は沙耶を問い詰め、したことを責めてていた。

和也への愛情から、周りが見えなくなっている沙耶は開き直り

「私から和也さんを奪うものは許さない…!」

と感情をあらわにする。

 

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』3話の感想

 

 

まとめ

今回はドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』2話のネタバレや感想を紹介してきました!

物語が動き始め、これからどんどんこじれ、ドロドロしていく予感ですね!

次の3話もネタバレしていくのでお楽しみに!

続きがきになる人は、以下の記事でドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』の動画お無料で見る方法を紹介しているのでチェックして見るといいですよ^^

【ドラマ】いつかこの雨がやむ日までを1話から最終話まで無料で視聴する方法

2018.09.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です