【ドラマ】LoveorNot9話のあらすじやネタバレ!8話からの流れ

ご存知、ドラマ「LoveOrNOT」。今回のタイトルは「けじめましょう」

最終章に向けてそれぞれのカップル&草太・美鈴大きく動き出しましたね!!

終始、画面に釘付け!!!!!!

気になる、【ドラマ】LoveorNot8話のあらすじやネタバレ!7話からの流れを紹介。

始めていきますね!

ドラマ『Love or Not』の概要やあらすじ・キャスト

ドラマ『Love or Not』の概要やあらすじにキャストを紹介していきます。

ドラマ『Love or Not』の概要

2018年10月5日(金)スタートのFOD×dTV共同制作のオリジナルドラマなんです。

主演が爆発的な人気を誇る三代目J Soul Brothers 山下健二郎さんが初主演です。
どんな恋愛ドラマになってるのか楽しみ♪

ドラマ『Love or Not』のあらすじ

インテリアデザイナーとして働く真子(本仮谷ユイカ)は、
小学生の頃にいじめから助けてくれた初恋の相手を忘れられず、
恋愛にも消極的。

 

あるとき、初恋の相手と同じ名前の幸助(山下健二郎)から
突然SNSでメッセージがきます。

 

22年ぶりの再開に胸躍る彼女!!
友人3人と一緒に合コンという形で
再開を果たすのですが、
実際現れた幸助はイメージとはかけ離れていて戸惑う。

 

1通のメッセージをきっかけに出会った男女6人の恋の行方は一体!?

 

さてさてどんな展開なっていくんでしょうね♪

ドラマ『Love or Not』のキャストや相関図

 

宇佐美幸助(山下健二郎)

三羽商事勤務、企画開発部所属。不器用で鈍感、何をやってもダメだが、友情にアツく、前向きで楽観的思考。
気をまわして動いたつもりが思はぬ事態を招くことも多い。
いわゆるトラブルメーカー...。
特技は家事。小学生の時の初恋の相手、廣澤真子を忘れられずにいた。

 

廣澤真子(本仮屋ユイカ)

デザイン設計事務所で働くインテリアデザイナー。男勝りな性格で仕事もガンガンこなすデキる女性。
しかし、恋愛に関しては乙女チックで、小学生の時、いじっめ子たちに壊された大切なウサギのぬいぐるみを助けてくれた少年を未だに想い続ける。

 

佐野亘(町田啓太)

三羽商事企画開発部。幸助の後輩で、とても信頼を寄せている。性格はクールで知的な現実主義者。
モテるが幸助と違って硬派で女性には冷たい。
実はめっちゃ金持ちの次男。

 

北条志保(浅見れいな)

フリ‐カメラマン。
真子とは高校時代の同級生。
彼女に誘われて行った合コンをきっかけに幸助たちにと知り合う。

 

矢吹草太(八木将康)

カフェ&バー「イツモノ」のオーナー。幸助たちのたまり場でもある。
幸助とは大学時代にスキー部の同期。
真面目でウソがつけない性格。すぐに恋をしては失恋の繰り返し。

 

森美鈴(水沢エレナ)

フリーのウエブライター。真子の後輩。
バツイチで子持ち。息子、晋太郎のためにいいパパを見つけるべく、それを隠して合コンに参加している。

ドラマ『Love or Not』8話からの流れ

お店に来た美鈴の元旦那は復縁の申し出にきました。
彼女は「すぐには返事できない」と困惑しながら、
その場を去っていきます。

 

草太にとって美鈴と晋太郎は素敵な奥さんに子ども。
すべてを承知で真剣に付き合おうとしていた矢先なだけに
不信感満載。

お互い一歩も引く気はないのですが...

 

最後に決断するのはもちろん美鈴。
信じて待つしかありません。

 

志保は幸助に対して、、、それまで秘めていた不快感を伝えました。
結果、幸助は志保に対して、よそよそしい態度で接すると理解を示すんですが・・・

 

幸助の想いを止めることはできず。

 

それぞれが、、抱えるジェラシーをスッキリ解消するため動き出す。

というのが流れでした。

では、本題へ♪

ドラマ『Love or Not』9話ネタバレ

考えた末、美鈴は元旦那と再婚するという決断をします。

これには、、もうどうすることもできない草太。

全く仕事が身に入らない様子に見かねたバイトくんが明言をぶつける。

「好きな人の門出を全力で祝ってあげるべきではないんですか!

この言葉にハッと目を覚ます!!!

基本切り替えが早い!!!
この要素はかなり参考になりますよね・・・汗

彼は彼女のために再婚パーティーを企画します。

必死に、、、準備を進めるんですが心境は複雑。

めっちゃ男前ですよねw
はじめて、尊敬しました(笑)

そんな中、美鈴が俺に現れ謝罪するのですが、
「ちょっとまって美鈴ちゃん、何か勘違いしてない?そもそも、俺は美鈴ちゃんに好きって一言も言ってないよね?」

・・・確かに。

「オレはただ晋太郎にバスケのシュートを教えただけだし。」

気丈に振舞う彼の姿に美鈴は、

「楽しみにしてるね」と去っていきます。
ここで、きっと本当の意味で「送り出す覚悟」ができたんでしょうねw

 

その頃、、、志保は

亘と二人で話しをするため、わざわざ職場にまで会いに行きます。

職場に飾られている、幸助と協力して作ったポスターが目に入り懐かしい想いが蘇る。

彼にひとつのボタンをみせますw

実は志保の初恋の相手が幸助であることを伝えそして、彼女を近づけないようにお願いしました。

彼女にとって真子を想う姿はジェラシーでしかないのですが、亘もそれは同じ。
しかし、同じ未来を想像しながら、今すべき事に打ち込むことで、感情をコントロールしていました。

ついに努力が実を結びスイスの5つ星ホテルで研修をするチャンスをつかみます。

プロポーズ!!

真子はこれを受け入れ一緒に、スイスへ行くことになります。

 

職場へは今月いっぱいで退職することを伝えるのですが幸助には何も伝えていませんでした。
彼は、上司から亘の仕事を引き継ぐよう言われた際に知ります。

亘に確認すると始めて感謝の言葉を伝えその場を後にするのですが、
何だかどんどん距離感が大きくなっていく二人・・・

仕事から帰ふとごみを捨てようとすると何と大切にしていた宝物が捨てられてる!!

ガーン!
明らかに動揺している様子を見せる。

そして、、目の前には志保がいるのだが問い詰めようともしない...

 

「同じことを真子がしたら怒るのに、なぜ怒らないの?」

「貴方がが真子の事をずっと意識しているのは知っていたの」

何も言い返せない幸助・・・

 

ごみを捨てに行くとバッタリ志保と出会うのだが、、
そこに大切にしていたウサギのぬいぐるみが
捨てられているのに気づきます。

 

真子の部屋まで行き真相をきこうとするのですが、
これが口論に発展。

そして、、場の悪い事に亘が現れる!!!!

ちょこちょこ真子の所に訪れる幸助に対して亘は激怒!!!

「一歩踏みだそうとしている人の邪魔をしないでください」

 

そりゃ、、、ね。
もう婚約までしているの知ってんだからさ。

亘の気持ちようわかりますw

以上9話ネタバレでした。

まとめ

見ていてほんとに、、、つらくなりますね。

このまま、、幸助と亘は険悪なまま終わってしまうんですかね・・・
そして、それぞれのカップルの行方もどうなることやら何だかまだまだ何か起こりそうです。

次回、最終章もお楽しみに♪

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です