【ドラマ】警視庁捜査資料管理室(仮)2話のあらすじやネタバレ!1話からの流れ

2018年10月1日放送のオリジナルストーリー『警視庁捜査資料管理室(仮)』

パット見、独り言ばかりに変態な主役・明石にドン引きされる方もあるのでは?

わかります!

ただ、何となく気になる方も多いので!?

そう、徐々に実感してくる面白さがあるんです。

という事で、『警視庁捜査資料管理室(仮)』2話のあらすじやネタバレや1話からの流れを紹介していきますね。

ドラマ『警視庁捜査資料管理室(仮)』の概要やあらすじ・キャスト

ドラマ『警視庁捜査資料管理室(仮)』の概要やあらすじにキャストを紹介していきます。

ドラマ『警視庁捜査資料管理室(仮)』の概要

冒頭でも紹介したんですが、

2018年10月1日に放送開始

BSフジ・毎週月曜23:00~23:30で放送されています。

ドラマ『警視庁捜査資料管理室(仮)』のあらすじ

警視庁勝どき署管内の関連ビル地下に仮設置された『捜査資料管理室(仮)』に着任した明石幸男(瀧川英次)。主に警視庁技術専門官として過去の捜査資料データを入力する。

 

捜査が終了し解決した事件の資料、「捜査報告書」「供述調書」「鑑識報告書」「死体検案書」「現場写真」など..。

 

全ての紙資料をデジタル・データに置き換え、新設される「警視庁捜査資料管理センター」のクラウド管理サーバーに保管していく。

 

ここには組織上6人が在籍する(5人が兼務)。常駐するのは、明石のみ。直属の上司で署内唯一?の知り合いである室長(甲本雅裕)とも電話で話すのみ。

 

幼少の頃から、時刻表オタク、自分だけの世界で妄想が好きな明石は、小学生の時に読んだ松本清張『点と線』の”空白の4分間”がきっかけでミステリーにはまった。



今回、捜査資料の現物という宝の山に囲まれる仕事に就いたことで過去の妄想癖が再燃、警察官でもないのに勝手に推理せずにはいられない。

 

生真面目で丁寧に仕事遂行しなければ気の済まない性格と妄想推理への本能がバッティングしせめぎ合う。

 

”捜査資料は推理作品ではない”既に済んだ資料である。



”仕事中に余計な推理はしないこと”とノートに記し、自制してはいるが、なかなかコントロールすることができない

 

この部屋には、総務課の野添久美子巡査長(小橋めぐみ)や、刑事課見習いの柴田理香子巡査部長(向井地美音)がきて、時々作業は中断されるが、
それが、推理のヒントになることも・・・。

 

気が付くと頭の中では妄想がひとりあるきを始める始末。しかし明石の妄想がやがて、事件の意外な真相を導きだしていくのだが・・・

ドラマ『警視庁捜査資料管理室(仮)』のキャストや相関図

瀧川英次/明石幸男(39)

2002年4月、㈱シンバシマイクロシステム入社。2017年、システム開発主任として、「警視庁捜査情報分析総合センター」のシステム構築に携わる。2018年、同社を退職。同年、警視庁技術専門官を拝命、「捜査資料管理室(仮)」次長として着任。
3年前に離婚した妻の元に12歳の娘あり。趣味は、時刻表、プログラミング、ミステリー、特技は卓球。

 

小林めぐみ/野添久美子巡査長(32)

独身。週に一度のペースで、捜査終了後の捜査資料の入った保管用ダンボール箱を台車で運んでくる。

この地下資料室が管理室(仮)を兼ねて、明石が常駐することになったため、ここで以前のように自由に休んだりサボったりできなくなったことが、現在、不満の種。6年前に応援で詰めていたある捜査本部での不用意な発言がもとで、庶務という事務職に配置転換された、と思っている。真相は不明。

 

向井地美音/柴田里香子(22)

刑事課見習い。幼い頃に母親を亡くし、父と兄との三人暮らしだったが、台場で起きたある事件の後、母方の親戚の養子となり柴田姓となる。その事件のとき、体を張って自分の命を守ってくれた女性刑事に憧れ、高校卒業後、警察官採用試験に合格する。

 

川野直輝/栗山孝治巡査部長(34)


刑事。強行犯係。合同捜査で勝どき署を訪れた際、ひょんなことで明石と知り合う。他人とのコミュニケーションが苦手なのは、ともすると明石以上。ゲームおたくで情報処理に明るく、実益を兼ねたアプリ開発が趣味。その写真アプリが事件の解決に大きく役立ったこともあるらしい。

 

甲本雅裕/緒方薫警部(48)

総務課長兼務。この「捜査資料管理室(仮)」は、職務分掌上、総務課にぶら下がる形で、総務課長が室長を兼務。明石の直属の上司になるが、この部屋にいることはない。来たこともない。

武闘派の刑事だったが、職務中の怪我がもとで現場を離れた。その怪我で入院したけいゆう病院で、東日本大震災の際に被災地応援で出会った看護師(バツイチ娘一人有り)と再会、結婚した。

ドラマ『警視庁捜査資料管理室(仮)』2話のネタバレ

ドラマ『警視庁捜査資料管理室(仮)』1話からの流れ

”明石のストーカーか!”ちゅくらい細かな紹介に、個性豊かなキャラといえば聞こえは良いのですが、、、変態的キャラ(笑)

にまず唖然

 

警視庁技術専門官として「警視庁捜査資料管理室(仮)」に赴任後、警視庁勝どき署管内の関連ビルにある地下室で、ひとり仕事をこなす。

彼の仕事は、過去の捜査資料をデータ化することだが妄想好きで、自殺とされた〈中央区マンション901号室会社員転落死事件〉の資料を読むうちに引っかかりを感じ、休憩時間に独自の妄想推理を始める。(きっちりその時間も管理している)

 

そこへ、総務課の野添久美子巡査長が資料を運ぶついでにサボりにやってくる。

明石の常駐を快く思っていない野添は嫌味を言うが、推理を続ける。

被害者の植松朋宏が自宅のある9階ではなく7階から飛び降りたことや、瞼に鉛筆の痕跡が残っていたこと、うつ病のため自宅療養中だったことなどを手がかりに、勝手な推理を働かせていく。

 

そしてたどり着いた真相は、”植松の妻・京子が夫の殺害を計画しており、それを察した植松が台所のバナナにダイイングメッセージを残して飛び降り自殺をした”。というものだった。

では、本題へ!

ドラマ『警視庁捜査資料管理室(仮)』2話のネタバレ

自殺として処理された過去の事件でしたが、実は妻・京子が殺害したと確信をもっていた明石は、刑事見習いの理香子へ、真相を説明する。

しかし!

彼女の疑問に対よりあっけなく、仮設は白紙へw

また、彼の真相追及は始まるw

もうここまでくると凄いですよね!(笑)

妄想癖はどんどん暴走していく~w

 

ピンポーン♪

 

大切な休憩時間の妄想のひとときに天敵出現!

一服しにやってくるのですが、、、午後の大切な会議があるのだが眠くなってしまう、、、「寝てもバレない方法はないか」と。

無茶苦茶やん!

それに真剣に考え提案、実演するのですが、、、、

「話にならん」と一蹴し去っていく、久美子巡査長

彼女にとって今、彼はストレスのはけ口的存在なのかもしれない 汗

 

そして、

再び、妄想の世界へ。

もう、仕事どころではない彼。

様々な仮説を立てては削って、様々な角度から分析を繰り返す。

すこしずつ見えてきた新たな真実

そして、、、

理香子へ当時事件を担当した刑事に少年に「少年はバナナが好きだったか」聞いて欲しいと依頼。

この質問の答えがすべて謎を導きだす。

”実は、植松さんは7階に住んでいた少年とは仲が良くいつも遊んでいた。そんな少年の持っていた風船を取ろうして、誤って転落した”

自殺でなく、事故という本当の真実を導き出したのだ!

そして、上司へ報告する。

 

以上2話ネタバレでした♪

まとめ

基本独語、と妄想というある意味強烈なインパクトですが、く怪しいかな引き込まれちゃうんですよねw

まさか、、、バナナが導いた真実。

まさかの事故という展開w

コメディー要素も満載なこのドラマなかなか見ごたえありますよ~

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です