私が恋愛できない理由4話のあらすじやネタバレは?3話からの流れも!

スポンサードリンク

フジテレビ系列の月9で放送された、『私が恋愛できない理由』。

現代を生きる恋愛をできない女性たちの葛藤を描いたラブストーリー!

主演:香里奈の演技には何度もどかしくもう画面に釘付け!!!

 

では、ドラマの4話のあらすじやネタバレを詳しく紹介していきますね~♪

ドラマ『私が恋愛できない理由』の概要やあらすじ・キャスト

ドラマ『私が恋愛できない理由』の概要やあらすじにキャストを紹介していきますね。

ドラマ『私が恋愛できない理由』の概要

このドラマは少し古く2011年10月~12月にかけてフジテレビ系列の月9で放送された作品です。

視聴率は17.0%!!

 

地上波でドラマを見逃した方もフジテレビが運営している動画配信サービスで視聴することができます!

改めて見たいなというときにはFODに登録することをおすすめします。

 

FODプレミアムの1ヶ月無料お試し期間にスマホやPCから登録する方法!

2018年8月17日

ドラマ『私が恋愛できない理由』のあらすじ

照明会社に勤める藤井恵美は男性ばかりの会社で唯一の女性。

元々、姉貴肌な性格もあり先輩上司からのセクハラ的挨拶にも動じずやり返し、あまり気にしていない様子。

そのため、「女を捨てている」と言われることも度々。彼女自身、女性扱いされることに慣れていない。

 

こと、‘”恋愛”に関しては消極的。しかし、3年前に同僚の優と2週間付き合ったが別れて今は”親友”という仲。

高校の2年後輩の咲は勝気な性格で今まで男に困ったことはないのだが、、、。彼女は”本気の恋愛”をしたことがない。

咲の2年後輩の真子彼女は真面目な性格ゆえ、恋愛にも真剣に考えすぎてしまい未だに男性経験なく周囲から、”重い”という印象を持たれてしまう。

 

不器用な彼女たちが繰り広げる”恋愛”に対する葛藤を描いたラブストーリー♪

ではキャストの紹介へ入りますね♪

ドラマ『私が恋愛できない理由』のキャストや相関図

藤井恵美(27)/香里奈


「LIGHTING WORKS」に勤める。男性ばかりのイベント照明会社で、女性は彼女一人。周囲からも男扱いされているが女性といるよりもラクでありさほど苦痛には感じていない。ファッションやコスメといった多くの女性が興味を持つおしゃれには無頓着である。同僚の優とは3年前に2週間、付き合ったが別れて、親友の間柄に。

 

小倉咲(24)/吉高由里子

恵美の青葉女子高校演劇部後輩。就職活動に失敗し新卒資格を失わないように留年している。学費と実家への仕送りを工面するためキャバクラ「CLUB Fairy」に勤めている。クリーニング店を切り盛りする母と姉には、大手出版社に勤めていると嘘をついている。プライドが高く、勝気な性格。男には不自由していないが、”本気の恋をしたことない”。しかし拓海と出会い徐々に惹かれる。

 

半沢真子(22)/大島優子

通販会社「Good Order」に勤める派遣社員。伯母から借りた家で演劇部先輩の咲・恵美と一緒にルームシェアを始める。
チェーホフを愛読していたことから、高校性の時「チェーホフの真子」と呼ばれていた。
真面目でしっかり者の彼女だが時々、抜けている一面がある。恋愛に対しては臆病で男性経験がない事を気にしている。周囲からは「重い」という印象を持たれている。

 

長谷川優(27)/田中圭

恵美の元恋人で今は親友。職場の同僚でもある。照明の勉強の為、アメリアに1年間留学していた。
その時、ひかりと付き合いだし婚約する。

 

白石拓海/萩原聖人

「LIGHTING WORKS」社長。「Event RISE」社長兼イベントプランナーである美鈴の夫。何事にも真面目な性格。美鈴に対して、劣等感を抱えている。

 

田村淳一/勝村政信

長谷川恵美の上司で既婚者。彼女を男扱いしている。

 

高橋健太(21)/中尾明慶
恵美の後輩。はっきりと物事を伝える性格。

 

白石美鈴(39)/稲盛いずみ

「Event RISE」社長兼イベントプランナー。拓海の妻。夫が経営する会社へ仕事を受注している。
恵美、咲、真子とも知り合いで時々、女子会に参加している。
拓海とはお互いに信頼し良きパートナーとしての関係であるが、夫婦生活は冷めきっている。しかし、”子どもが欲しい”という夢を持ち拓海と新たな生活に向けて動き出す。

 

前田ひかり/倉科カナ

優の彼女で現在は婚約者である。明るく素直な性格で美鈴の部下として仕事もテキパキこなす。
父は開業医で、後継ぎとなれる男性との結婚を望んでいる。父の思惑により、優には内緒でお見合いを進める。

 

丸山ルミ/加賀美セイラ

美鈴の会社の新人。思った事ははっきりという性格である。

 

半沢桃子/剛力彩芽

真子の妹で性格は対照的で明るい。そして、活発で真子が片思いしていた木崎と一夜を共にする。

 

木崎俊哉/中村竜

「Good Order」の社員で真子の上司。女性にだらしない性格である。

 

ドラマ『私が恋愛できない理由』4話のネタバレ

ドラマ『私が恋愛できない理由』3話からの流れ

ハロウィンイベントを無事成功さえた、優と藤井なのですが、彼女だけが取り残されている印象、、、。

そんな思いも束の間、新しい男性との出会いが!

 

拓海と過ごすうちに芽生えた咲の恋心。

面接が不採用となり、彼に慰めてもらうといてもたってもいられずキスをしてしまう。そこで初めて明かされる“既婚者”という事実。

強がる彼女はお互いの連絡先を削除しその場を離れる。

しかし、、、。

 

美鈴は拓海に女性としてのタイムリミットが迫る中で芽生えた”母になりたい”という想い。しかし、この想いが一層拓海の心を重圧していく。

 

是非、詳しくはドラマの視聴をおすすめしますよ~

FODプレミアムの1ヶ月無料お試し期間にスマホやPCから登録する方法!

2018年8月17日
以上、前話からの流れでした!

 

ドラマ『私が恋愛できない理由』4話のネタバレ

 

 

咲は自室で拓海のボールペンを紗和って物思いにふける。

 

その頃、拓海は自宅に帰ると美鈴が疲れてテーブルに突っ伏して寝てしまっている姿に足をとめる

心境複雑

 

自宅で新聞を何気なくみていると住宅展示場の広告に目がとまる。すると、美鈴が仕事から帰宅。

 

スポンサードリンク

拓海:「今度の日曜日空いてる?住宅展示場にでも一緒に行かないか?」

となげかける。戸惑う彼女に

拓海:「あれから色々考えたんだ。子ども部屋とかも見てみないとね」

彼女にとって思ってもみない展開に微笑む。

 

木崎と一緒にタクシーから降りるところを偶然目撃してしまう真子!

桃子:「さっきのホテルの方がふかふかだったかな~」
真子:「ホテル!?」
桃子:「ホテルでする事なんて決まってるでしょ!」

この言葉に絶句、、、。

桃子はそそくさと真子の部屋で寝てしまう。

そして、朝早く逃げるように出ていってしまう。

 

咲が起きると藤井が食事の支度をしていることに疑問。

中庭でぼんやりする真子の姿w

理由をしった二人が励ます。

そして、塗装が剥げた傷を見つめる真子。

 

咲は就活に難航中~

そんな時、彼女が働く、クラブのお客が”出版会社に勤めている”と発言。

興味津々の咲の様子に

咲:「出版関係の仕事に入りたいと思ってるんです」

客:「口きいてあげようか?そしたら、現代の若者をテーマに企画書かいてきてよ」

咲:「はい。わかりました。」

 

真子は仕事の昼休憩に同僚・山本に一食に弁当食べないかと誘うのだが、今日は持っていないと断る。

すると、彼自身も持ってきていないと嘘をつき一緒にランチに出かける。

そして、仕事の後も楽しいひと時を過ごす。

 

仕事中、優から「タケイダイスケ」という人から電話があったと聞く藤井。

一応連絡先にかけてみると、、、。

武居:「忘れ物して、、、あの、、、カボチャの」

武居の事を思い出す藤井。

武居:「藤飯さんは、イタリアンはお好きですか?もしよかったら、お食事でもどうかと、、、。」

しかし藤井は誘い断ってしまう。

優が忘れられないんだねw

 

咲「断った?なんで!?知らない人と始めるのが新しい恋じゃん!

 

後日、咲は彼女から指摘されて、武居にメールを送ろうとするのだが、なかなか書けない。

しびれを切らした咲はケータイを取り、メールを送る。

そして、二人は吉祥寺の駅で待ち合わせしデートに行くことになる。

 

 

山本と会う事になっていた真子だが、木崎から電話がありそっちの方へ行ってしまうのだが。

木崎「桃子ちゃん妹なんだってね。俺たちの事言わないでもらえるかな。もともと何もなかったんだし。」

泣きながら歩いていると、同僚・山本が約束していた場所でずっと待っていた。

彼は、木崎と会っていたことに気づく。

山本:「僕なら悲しませるようなことしないのに」

と彼女に寄り添い、キスをする。そして二人は結ばれる。

 

 

二人はぎこちない雰囲気を取ることができずにいた。武居は、事前に妹から聞いていたスイーツ店に案内するのだが、そこでバッタリ、優&ひかりに出くわすw

何となく気まずい空気を醸し出す優と藤井・・・。

その流れで4人で食事をすることに。

武居は優を自宅に送り届けた際、

武居:「恵美さんとよんでいいですか」

藤井:「どうぞ」

最後まで、ぎこちない二人(笑)

 

咲は雑貨店ばったり美鈴と出会う。美鈴はちょうどペアのマグカップをチョイスしていた。

お互いに恋愛話し、旦那の話しに盛り上がりそのまま食事に。

そして、自宅に帰ると桃子は自宅の前で立っている。そして、咲にヨーグルトを先に手渡しその場を去ろうとする。

咲:「あがりなよ」

桃子:「いい、お姉ちゃんに怒られそうだし」

咲:「わかるよ。できない、お姉ちゃん持つとつらいよね。だけど、兄弟とか夫婦とか壊しちゃだめだよ絶対に

と、同調しながらも注意する。

さすが、うまいですね~

 

朝帰りした真子は昨夜の事を、藤井と先に報告する。

真子:「こんなもんなんですかね。私がずっと大事にしてきたものって、、、。」

そして

真子:「ヨーグルト食べたい」

ヨーグルトが食べたいという真子に手渡す。

 

3人は気持ちを新たに剥げたベランダの塗装の塗りなおし気持ちを新たにし軌道修正のはずが。

 

真子は仕事中、頼まれごとを木崎に提出するのだがその姿を見ていた山本からメールが。

完全に束縛男やん!!!

 

そして、咲も仕事中に出会った出版関係者と出会い、企画書を書いたと伝えるのでが。

男は咲の腰に手をまわし、、、。

 

 

以上4話ネタバレでした♪

 

まとめ

真子は新しい恋を、そして、藤飯は出版業界の人と出会いそれぞれがいい感じなハズやのに何だか暗雲立ち込めるクライマックスでした・・・。

そして、藤井はまだ付き合ってはいないもののデートに行くのですが煮え切らない。

というか優と藤井の二人なんですがw

 

ドキドキしながらあっという間に時間が経ってしまいました。

見どころ満載の4話でしたね。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です