私が恋愛できない理由6話のあらすじやネタバレは?5話からの流れも!

フジテレビ系列の月9で放送された、『私が恋愛できない理由』。

現代を生きる恋愛をできない女性たちの葛藤を描いたラブストーリー!

主演:香里奈の演技には何度もどかしくもう画面に釘付け!!!

 

では、ドラマの6話のあらすじやネタバレを詳しく紹介していきますね~♪

ドラマ『私が恋愛できない理由』の概要やあらすじ・キャスト

ドラマ『私が恋愛できない理由』の概要やあらすじにキャストを紹介していきますね。

ドラマ『私が恋愛できない理由』の概要

このドラマは少し古く2011年10月~12月にかけてフジテレビ系列の月9で放送された作品です。

視聴率は17.0%!!

 

地上波でドラマを見逃した方もフジテレビが運営している動画配信サービスで視聴することができます!

改めて見たいなというときにはFODに登録することをおすすめします。

 

FODプレミアムの1ヶ月無料お試し期間にスマホやPCから登録する方法!

2018.08.17

ドラマ『私が恋愛できない理由』のあらすじ

照明会社に勤める藤井恵美は男性ばかりの会社で唯一の女性。

元々、姉貴肌な性格もあり先輩上司からのセクハラ的挨拶にも動じずやり返し、あまり気にしていない様子。

そのため、「女を捨てている」と言われることも度々。彼女自身、女性扱いされることに慣れていない。

 

こと、‘”恋愛”に関しては消極的。しかし、3年前に同僚の優と2週間付き合ったが別れて今は”親友”という仲。

高校の2年後輩の咲は勝気な性格で今まで男に困ったことはないのだが、、、。彼女は”本気の恋愛”をしたことがない。

咲の2年後輩の真子彼女は真面目な性格ゆえ、恋愛にも真剣に考えすぎてしまい未だに男性経験なく周囲から、”重い”という印象を持たれてしまう。

 

不器用な彼女たちが繰り広げる”恋愛”に対する葛藤を描いたラブストーリー♪

ではキャストの紹介へ入りますね♪

ドラマ『私が恋愛できない理由』のキャストや相関図

藤井恵美(27)/香里奈


「LIGHTING WORKS」に勤める。男性ばかりのイベント照明会社で、女性は彼女一人。周囲からも男扱いされているが女性といるよりもラクでありさほど苦痛には感じていない。ファッションやコスメといった多くの女性が興味を持つおしゃれには無頓着である。同僚の優とは3年前に2週間、付き合ったが別れて、親友の間柄に。

 

小倉咲(24)/吉高由里子

恵美の青葉女子高校演劇部後輩。就職活動に失敗し新卒資格を失わないように留年している。学費と実家への仕送りを工面するためキャバクラ「CLUB Fairy」に勤めている。クリーニング店を切り盛りする母と姉には、大手出版社に勤めていると嘘をついている。プライドが高く、勝気な性格。男には不自由していないが、”本気の恋をしたことない”。しかし拓海と出会い徐々に惹かれる。

 

半沢真子(22)/大島優子

通販会社「Good Order」に勤める派遣社員。伯母から借りた家で演劇部先輩の咲・恵美と一緒にルームシェアを始める。
チェーホフを愛読していたことから、高校性の時「チェーホフの真子」と呼ばれていた。
真面目でしっかり者の彼女だが時々、抜けている一面がある。恋愛に対しては臆病で男性経験がない事を気にしている。周囲からは「重い」という印象を持たれている。

 

長谷川優(27)/田中圭

恵美の元恋人で今は親友。職場の同僚でもある。照明の勉強の為、アメリアに1年間留学していた。
その時、ひかりと付き合いだし婚約する。

 

白石拓海/萩原聖人

「LIGHTING WORKS」社長。「Event RISE」社長兼イベントプランナーである美鈴の夫。何事にも真面目な性格。美鈴に対して、劣等感を抱えている。

 

田村淳一/勝村政信

長谷川恵美の上司で既婚者。彼女を男扱いしている。

 

高橋健太(21)/中尾明慶
恵美の後輩。はっきりと物事を伝える性格。

 

白石美鈴(39)/稲盛いずみ

「Event RISE」社長兼イベントプランナー。拓海の妻。夫が経営する会社へ仕事を受注している。
恵美、咲、真子とも知り合いで時々、女子会に参加している。
拓海とはお互いに信頼し良きパートナーとしての関係であるが、夫婦生活は冷めきっている。しかし、”子どもが欲しい”という夢を持ち拓海と新たな生活に向けて動き出す。

 

前田ひかり/倉科カナ

優の彼女で現在は婚約者である。明るく素直な性格で美鈴の部下として仕事もテキパキこなす。
父は開業医で、後継ぎとなれる男性との結婚を望んでいる。父の思惑により、優には内緒でお見合いを進める。

 

丸山ルミ/加賀美セイラ

美鈴の会社の新人。思った事ははっきりという性格である。

 

半沢桃子/剛力彩芽

真子の妹で性格は対照的で明るい。そして、活発で真子が片思いしていた木崎と一夜を共にする。

 

木崎俊哉/中村竜

「Good Order」の社員で真子の上司。女性にだらしない性格である。

 

ドラマ『私が恋愛できない理由』6話のネタバレ

ドラマ『私が恋愛できない理由』5話からの流れ

ひかりの父に挨拶にいった優であったが、別れて欲しいと懇願されてしまった彼。

デートを重ねて武居と付き合う事になった藤井。

真子は付き合う山本にストレスを抱き始めている。

まさかの拓海の妻が美鈴であるという衝撃の事実を知ることに、キャバクラで出会った男にそそのかされてしまうのだが、

拓海の行動に想いは再燃しだす。

 

以上、前話からの流れでした!

 

ドラマ『私が恋愛できない理由』6話のネタバレ

藤井は武居とスポーツジムでのデートに行っていく♪

彼は午後から勤務の為、そのまま別れる二人。

自宅に帰ると早すぎる藤井と真子に仰天!

そこで、藤井は武居と実は付き合いだしていることを報告するのだが、何だか微妙な表情w

出勤すると高橋が、咲が自分の事を気にしていないか聞いてくる。

全く、話題に出ない事に、社長に咲が働くキャバクラに行こうとせがむのだが聞き流される。

当然でしょうねw

そこへ優も出勤してくるのだが、表情は硬い

高橋は「ひかりさんを嫁に下さいの挨拶はどうだったんですか?」の挨拶はどうだったと聞いてくるのだが、適当に話しをごまかす。

そんなやり取りをみる彼女だけは違和感を察する。

真子の彼氏は連日のように自宅に誘ってくる。

彼女はそんな思いを受け止めようとするのだが、ひずみが出てきている様子。

全く相手の想いに気づけない山本は通りかかった花屋さんで見つけたひまわりを”プレゼントする”という。

藤井は優は嘘をつき順調であるという。そして、武居との関係について尋ねる。

付き合う事にした」と藤井。

ふたりじゃれ合っているところへ、武居が仕事に迎えに来る。(早く済んだらしい)

優は藤井を送り出す。

武居は、藤井に剣道の試合を見に来て欲しいと告げる。

優勝したら自分を一番にしてほしいという。

どうやら、察してるネ~

 

二人バッティングセンターで楽しいいひと時を過ごすw

咲は「ありがとう」と素直な気持ちを伝える。

そして、咲は二人が知り合いだったことを美鈴に言ったのか確認する。

していないと答える彼。

完全にプラトニックな関係であるがこうして、ふたりで会う事は「不倫」になるのかと、疑問を投げかけるのだが・・・。

そして、「不倫はしない主義」であると宣言する。

今一つそのことに説得力のある回答をできない拓海w

 

自宅に帰ると、美鈴は仕事をしていた。

拓海に気づき、コーヒーを入れてくれる嫁。そして、実は以前から婦人科で不妊検査をしていることを伝える

そして検査を受けて欲しい事を伝える

戸惑うのであったが結局、これを受け入れる拓海。

優しいねw

 

真子は同僚から、連日同じ、服装であることを同僚の女性から指摘!

「今頃夜遊びデビュー?」とからかわれる。

そうこうしていると、木崎から呼び出される。

実は、来月から部署替えすることになり、そこで人員調整をすることに。

派遣社員である真子が対象となった様子。

更新は来年の3月までと一応確認し答えるのだが・・・。

優は完全におかしい・・・。

田村から「シティーホテルのプラン表できたか」確認されるのだが、全く聞こえておらずボーっとしている。

藤井がこずきやっと質問に反応するのだが、全く整理できていないで慌てる。

高橋にもからかわれるw

 

そんな様子を心配する藤井は咲に相談すると、そのこと自体がおかしいと指摘される。

当然でしょうねw

そんな時、真子が帰宅。

真子はホテル帰りであることを報告するのだが・・・。

そこで咲にも実は、男女の営みが非常に痛くて不快でしかないと告白するw

咲は回数を減らせないのか聞くがどうやら無理な様子。

そんな時、武居から電話がなる。

優は再び、ひかりの父に面会に行くのだが拒絶されているとナースステーションで言われてしまう。

そこで、ひかりの父の主治医・川端に呼び止められる

ひかりさんと交際していることを伝え、彼女の父もそれを望んでいると。

改めてひかりを諦めて欲しいと頭を下げられる

 

優はひかりから話があるといわれて公園で会う。

ひかりは父から懇願されたとき拒否できなかったことを伝え泣きながら謝罪

「ごめんな。悩ませて」といいこれを受け入れる

 

優は剣道の試合観戦で武居の奮闘する姿を応援する。

彼は決勝まで順当に進む!

そんな時、高橋から着信

実は、優が事務所で一人で酒を飲んで来いといわれているのだが、

様子がおかしいという。ただ、すぐに行くことができない為、代わりに行って欲しいというのだ。

一度は断る藤井なのだが・・・。

そして、決勝戦を観戦するのだが、途中立ち上がる彼女は結局その場を出ていく

武居は結局、、準優勝であった。

妹は「親友が困っているから、どうしても行かなきゃいけない」と言われたと。

複雑な表情に妹から励まされる。

そして、鍵を落としていったと手渡される。

 

どうしても自宅に誘おうとする山本についに、エッチが痛いという事を告白するのだが・・・。

そして回数を減らして欲しいというのだが、

「まだ、木崎さんの事がすきなんだね。昨日だって、嬉しそうに後をついて行ってたし。」

弁解する真子だが・・・。

「もう今までの事はなかったことにしよう」と去っていく。

こいつヤバいやんw

 

事務所についた藤井はひとりやさぐれて飲む彼に理由を聞く。

そこでひかりにフラれたということを語りだす。

励ます藤井だが、逆上する感情むき出しの優。ふたりは本気でぶつかり合う。

 

 

拓海は不妊外来で検査の結果を聞く

医師からは子ども自然に作ることは難しいであろうという説明を受けてしまうw

相当傷つくよな・・・

ひとり咲のキャバクラで酒を飲み彼女が付くと、「俺と寝ない」と誘う。

様子がおかしい彼に違和感を。

すると彼はすべてを伝える。美鈴の願いを叶えてやれない事を責める。

そして、ふたりは以前にいた海岸で朝焼けを見る。

朝焼けをみた咲は本心を語りだす。

彼女の気負いはどうやら拓海が美鈴に対して負っている心境と共鳴している様子。

また、卓球やバッティングセンターに行こう誘う。

 

 

翌朝、事務所の棚に鍵が置いてあることに気づく藤井。

武居のもとへ行き謝罪するのだが、

「どうやら僕では一番になれそうにないです。」と別れ話を持ち出される。彼はずっと一番が誰かという事を知っていたのだ。

いつもと違う職場の雰囲気に戸惑う彼女。すると、派遣会社の人から話しがあると。

「複数の男性と関係を持っている」と噂が立っている事を指摘。来月でここを退職するよう誘導される真子。

 

以上6話ネタバレでした♪

 

まとめ

武居のまっすぐな気持ちが非常に痛かったですねw

そして、真子はつらい立場。結局、男に振り回されて、うざくなったら派遣切りって・・・。

次回は咲の恋に注目のようでした。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です