『サクラの親子丼2』2話ネタバレ!1話からの流れ紹介

真矢ミキ主演の社会派人情ドラマの続編スタート!!

2018年12月1日から始まる『サクラの親子丼2』サクラが料理で傷ついた少年たちと向き合いながら成長していくシリアスなドラマです。

ドラマの1話のあらすじやネタバレを感想も踏まえて紹介していきますね~。

ドラマ『サクラの親子丼2』の概要・キャスト

ドラマ『サクラの親子丼2』の概要やキャストを紹介していきます。

ドラマ『サクラの親子丼2』の概要

この作品は、2017年10月7日から11月25日まで毎週土曜日23時40分~24時35分に東海テレビより作成されました。

フジテレビ系列『大人の土ドラ』枠で放送されました。

そして、2018年12月1日よりスタートした続編『サクラの親子丼2』

主演はもちろん真矢ミキです。

ドラマ『サクラの親子丼2』のキャストや相関図


九十九さくら/真矢みき
東京羽田で、空腹で居場所を無くした人たちに、無償で親子丼を振舞う。古本屋・九十九堂の店主。
口癖は「泣きたいときは泣けばいい。落とした涙の粒だけ幸せの花が咲くから」。また、子どもたちが悪さするのは”空腹のせい”だからお腹いっぱい食べれば事件を起こさないと信じて、ずっと向き合っている。が、”1日だけ”と三谷に頼まれ手伝う事になった子どもシェルター「ハチドリの家」で、これまでの価値観が通じない現状に衝撃を受けて、志願し手伝うようになる。


川端哲也/柄本時生
「ハチドリの家」では、弁護士として、親権者との調整や法的支援をしている。大学在学中に司法試験に合格する程、知識とアツい熱意、正義感を持っているが、「ハチドリの家」に関わる中での現実に衝撃えお受ける。自身の想いが先行し子ども達とうまくコミュニケーションが取れず、四苦八苦している。


三谷桃子/名取裕子
子どもの人権問題に強い関心を持つ。家庭に居場所がなく路頭に迷う子どもたちが、緊急避難できる場所が少なすぎる事に危機感を感じ弁護士としての多忙な業務の合間を縫って、無償で「ハチドリの家」の運営に携わる。
子どもの面接、入居判断など、シェルター側から子どもたちをみて、その進路決定に関わっている。
さくらとは長男・悠平の殺害事件の時に、被害者家族と加害者側の弁護士として出会い、連絡を取っていた。


鍋島慎之介/相島一之
教師をしていたが、ある事をきっかけに辞めてしまう。
教師時代の経験による心の傷を持ち、子どもに対して厳しく接しきれない。


古井戸貞子/井頭愛海
17歳前後で記憶と言葉を失う。本名不明。
妊娠8ヶ月。町で彷徨っているところを、警察経由で緊急保護される。
風貌からシェルターでは貞子と呼ばれている。

 

新城由夏/岡本夏美
入居期間は原則2か月までの「ハチドリの家」で1年以上も滞在している。シェルターではリーダー的な存在。
過去に悪行の限りを尽くした経緯から出先が見つからない。


井口茜/柴田杏花
2か月前から入所。実の母から暴力を受け、児童相談所から『ハチドリの家』へ。
母を慕う気持ちから、シェルターを離れるが、再び入所。しかし、母との生活を夢みる。


藤島玲奈/尾碕真花
母の借金返済の為、風俗店で無理やり働かされる。店の売上金を盗み、「ハチドリの家」に逃げ込んできた。それが原因で現在も風俗店の経営者・ヤクザに追われている。


小宮山詩/祷キララ
病院長の娘として裕福な家庭に育ち、有名進学校に通っていたが、父の過度な期待に応えられず、虐待を受ける。街を彷徨いAVにもでる。
自殺未遂が原因でシェルターに。父に復讐をしたい一心で東大理Ⅲ進学を目指す。


白鳥マリア/日比美思
自身の名前が嫌いで、名前を変えたい少女。
義父から性的虐待を受け、それに気づいた母からも虐待を受け『ハチドリの家』へ。本名は太田春菜。


中里拓士/浦上威晟周
性同一性障害を抱え悩む。
家庭や学校に居場所が無くなってここにやってきた。
さくらの力添えを得て、新たな生き方を探す。


大豆生田香/塩野瑛久
ナイフでの障害事件を起こし、少年院へ。
仮出所後行くあてもなく『ハチドリの家』に入所。
気が短く喧嘩早い性格。母のもとへ帰りたいと強く思うが、その存在を疎まれている。
どんな役かの紹介を2〜3行で

相関図に乗っている全員を紹介する。

ドラマ『サクラの親子丼2』のあらすじ

親に裏切られた子どもたちからの数々の言葉により真っ向から信念を否定されたさくら。傷心する彼女は、果たして子どもたちに手を差し伸べ続けることができるのでしょうか?そして希望の道しるべを差し示すことはできるのでしょうか?

パート2での舞台は、さくらの古本屋兼自宅の「九十九堂」から『ハチドリの家』に。 そこは、虐待を受けた子どもたちが一時的に避難・保護できる施設で、親やオトナから子どもを守るため、その場所は一切公表されていません。 クリスマスも、お正月も、、、今夜も帰る家のない子どもたちが、この時代にもいるのです。

「家族」「親子」という枠から、はじき出されてしまった子どもたちが、生活を余儀なくされる『ハチドリの家』。その過酷な現実に打ちのめされながらも、食事を通じ子どもたちと向き合うさくら、、、。

それでは、本題へ入ります。

ドラマ『サクラの親子丼2』2話のネタバレ

『サクラの親子丼2』1話流れ

 

シェルター『ハチドリの家』に一日限定で、シェフとしてきたさくらだが、そこで生活する子どもたちは全くこれまでの経験が

通用しない、、、。

結局彼女の主張は伝わる事もなく、料理を作るという役目を終えると、逃げるように施設を飛び出していく。

 

ひとり、お酒を飲みながらこれまでの事を振り返り、再びあの施設へ戻る決意を固める。

では、本題に入ります。

ドラマ『サクラの親子丼2』2話のネタバレ

施設の朝ごはんの支度をしていると大豆生田香が、つまみ食いをする。

手を洗ったのか?と問うさくら。

 

ただ、子どもたちはまだ受け入れていない、、、。

玲奈は朝食に食パン+ソースという組み合わせで食べていると、さくらがもっとおいしい物があると言い手作りのおにぎりを差し出す。

そして、だしっぱなんしのソースを片付けるよう注意する。

彼女、子どもたちにそれぞれ声掛けをして回る。

 

どうしちゃったの急に??

と驚く、弁護士たち再びハチドリの家で食事係を志願したのだ。

親も子どもどこかで求めている。それを信じたい。と。

 

つくも堂のほうは娘頼み手伝ってもらえる事に。

 

施設では、それぞれの子どもの事情は複雑であり、お互いに詮索はしないというのがルール。

そして、外出するのも基本的は職員が同伴している。

それだけ、慎重にしなければならないのだ。

茜は前回、家庭戻ったものの母の暴力に遭い施設へ戻ってきていた。弁護士・川端は彼女を誘い散歩に出かける事に。

 

小宮山は唯一、同伴なしで外出できる。彼女は図書館で勉強をする。

マリアはハチドリの家に来たことで、安心して休むことができた様子。

そして、今後の経緯において弁護士から説明受ける。

ここでは、原則2か月の滞在である。その中で自分の人生の進路を始めて考えることが許される環境。

 

由夏は小さいころアル中の母は家事・育児を放棄していた。生きるため、万引きを繰り返していた。

そして、母からもお酒を盗ってくるよう頼まれる・・・。

 

由夏と玲奈は施設長・鍋島の同伴のもとで外出する。

玲奈はスキをみて男とあい、由夏はその手助けをしていた。

 

晩御飯なに食べたいと子どもたちに問いかけるさくら。

しかし、どう反応していいか戸惑う彼ら・・・。

鍋島から、ここの子どもたちは小さいときから食べたいものを考える余地を許されない境遇で育ってきた。

また、食べたいものを主張すると暴力を振るわれる。

食べ物事態の選択肢がないと説明する。

すると、子どもたちに、食べたいものの投票をするよう投げかける。

茜は貞子と初対面!!

無言の彼女に興味深々。

そして投票の結果、、、無記名、が続き

おやこどん

つぎは、、、おやこどんだけは絶対いや!!!

で、、おでん!!!!!!!!!!

そして夕食にでてきたおでん。しかし、みな固まって誰も食べようとしない。食べるよう促すと意を決して茜がはしをつける。

うめえ!!とでるも、そもそもみな、鍋を囲んで食べたことがない子どもたちはもうどうしていいかわからない。

それぞれ、文句を言うが貞子もはしをつけ食べだした事で、みな一斉に食べだすw

拓士は一度取ったものを鍋に投げ戻してしまう。

そして、取ったものはたべんきゃダメよ!!と怒るさくら。

見みためで判断するなよ!!と周囲から指摘され結局食べてみることに。すると案外おいしく思わずほころぶ表情。素直においしいと言えず、「まずい」というも嘘がバレバレ。

和気あいあいとした雰囲気に感動し泣き出す茜。

 

実は、おでんと書いたのは玲奈だった。彼女は小さいころ、おいしそうなおでんを万引きしようとしていたが失敗。

従業員が連絡先を聞きだし電話するが母は知らないの一点張りで挙句、電話を切ってしまった。

憐れんだ従業員から、おでんを差し出されたのだがその時怖くて食べる事ができなかった。

密かに夢が叶い満足な表情を見せる。

全て、売り切れたおでんに満足なさくら。

 

すると、香がやってきて、落ち着かない様子。何よ?というと、ありがとう!と素直な気持ちを伝えてくれたことに喜ぶ。

ふたりで人生ゲーム。
(由夏と玲奈)

すると将来の夢の話しになる。

玲奈は、雑貨屋さんを出したいというが、由夏はお金が必要なのに無理だろうと、、、。

実は、玲奈は風俗店で働いている時、スキをみて店の金を1000万円盗んで逃げてきたのだ。
その為、ヤクザから、ずっと追われていた。

彼女と会っていた男を突き止め、玲奈の居場所を割らせ、乗り込んできたのだ。

玲奈に盗んだ金と彼女を事務所に連れていこうとすると、、、。

急に、さくらが一人のヤクザにビンタし静止する。
何と、昔彼女が面倒をみていた子だったのだ。

そして、玲奈に盗んだ金を持ってくるように指示する。
彼女は、、一瞬固まってしまうのだが言われた通りお金をヤクザに渡す。

すると、、、ヤクザに母がした借金と玲奈は関係ないよな?と弁護士に確認し、ヤクザに玲奈に取り立てをするなという。

更に、玲奈に風俗で稼いだ報酬を渡すよう仕向ける。

最後に、ヤクザにおやこどんを食べていけと言うが結局ヤクザは食べずにその場を去っていく。

さくらはハチドリの場所を絶対公言するなと言い別れる。

玲奈はこの一見でこのシェルターを出ると言うが、そんな事はさせない!と弁護士。

すると、、、なぜ、「ハチドリの家」という名前なんですか?
と質問すると「この本を読めばわかるわ」と一冊の本を手渡される。

そこには、山火事になり、みんなが逃げ出すなか、ハチドリだけは、一滴しか、ためる事の出来ないくちばしに水を含み火事を消そうとする。

他の動物たちからは冷笑され、「そんなことして何になるの?」と。
すると、「できることをしているだけさ。」と淡々と消火活動を続けるハチドリ。

どうやら、何か感じる事があった様子の玲奈。

まとめ

子どもの反応をしっかりと観察しているなあと、、、見ていてすごく感じますねさくらの行動は。

子どもとの向き合う姿勢がホント心に響く2章でした。

最後まで、お付き合いいただきありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です