ドラマ『トレース科捜研の男』1話のキャストやあらすじ紹介!

月9ドラマ『トレース科捜研の男』が2019年1月7日より開始!!

暗い過去を持つ科捜研法医研究員・真野(錦戸亮)と新人研究員・沢口ノンナ (新木優子)が捜査一課の刑事と共に事件に挑むサスペンスドラマ。

今回は1話のキャストやネタバレを紹介していきます~♪

私が恋愛できない理由の概要・キャスト

私が恋愛できない理由の概要やキャストを紹介してく。

私が恋愛できない理由の概要

2019年1月7日より毎週月曜夜9時放送開始。

 

私が恋愛できない理由のキャストや相関図

 


真野礼二/錦戸亮
豊富な知識・高い鑑定技術、独自の着眼点を持つ。その実力は周囲から高く評価されている。しかし、協調性がなく科捜研内では浮いた存在。事件には一切の主観や憶測を排除し、「鑑定結果こそ真実だ」という信念のもと数々の難事件の鑑定を行う。
幼い頃経験した陰惨な事件の真実を求め続けている。他人に心を開くことができず周囲に壁を作っていたが、ノンナとの出会いによって少しずつ変化していく。


沢口ノンナ /新木優子
大学院で遺伝子の研究をしていたが目立った成果が上げられず悩んでいた時に、大学のOGである科捜研法医科長・海塚に誘われ大学院を辞めて科捜研に入所。遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に関わることに戸惑いを感じ、自分は科捜研には向いていないのではないかと迷う反面、被害者や残された遺族に感情移入し、真実を明らかにしてあげたいという強い気持ちも芽生える。


相楽一臣/山崎樹範
出世欲が強く、効率的に仕事をこなすことに重きを置く模範的研究員。
科捜研の範疇を超えて好き勝手な動きをする真野を嫌い、ライバル視している。


水沢英里/岡崎紗絵
科捜研の仕事がきつく早く結婚して退職したいと思っている。プライベートを充実させたく、定時で帰りたいと常に思っている。


猪瀬祐人/矢本悠馬
虎丸の部下。キャリア組で捜査一課には研修として来ている。強引な虎丸の捜査に振り回されるが、やがてその奥にある刑事としての情熱に影響を受けていく。


沖田 徹/加藤虎ノ介
科捜研に出入りすることが多く、研究員たちとも飲み仲間。真野が鑑識の領域にまで口を出してくることが気に入らない。


沢口カンナ/山谷花純
姉・ノンナと東京でふたり暮らし。しっかりした性格。姉のよき相談相手になっている。


海塚律子/小雪
若くして科長を務め、捜査員たちから一目置かれている美人科長。独身。一見クールだが実は面倒見がいい。
実は真野が抱える陰惨な過去にある”関わり”を持っており、今後真野の苦悩を理解し、真相を究明するために重要な役割を担うことになる。


市原 浩/遠山俊也
地道に鑑定ひとすじの堅物人間。海塚に好意を寄せているため、海塚に気に入られている真野を快く思っていない。


江波清志/篠井英介
検挙数がすべてと考え、部下を急き立てる嫌味な課長。
物腰はやわらかいがキレやすい。所轄から異動してきたばかりの虎丸にも冷たく当たる。


壇 浩輝 /千原ジュニア
史上最年少で警視庁刑事部長に昇任。上層部からの信頼は厚いがプライベートは謎が多い。科捜研法医研究員の真野の存在を知り、なぜか強い興味を示す。


虎丸良平 … 船越英一郎
疑いを持った人物を犯人と決めつけて捜査を行うなど独善的な考え方を持つベテラン刑事。仕事に没頭するあまり妻、息子に逃げられ現在は独り身。異動したばかりの捜査一課で手柄を立てようと必死になるが、定年を意識する年になり、心のどこかでモヤモヤとした疑問を感じている。
真野とは衝突が多いが、そのブレない信念と確かな腕にしだいに信頼を寄せるようになっていく。そして真野の過去に何かがあることに気づき、興味を持つようになる。

ドラマ『トレース科捜研の男』1話のあらすじ

科捜研の研究員、真野礼二は、絞殺されたものと思われる9歳の少女、松戸ココに関する鑑定を依頼される。
ココは、同級生の三島唯と公園内の山林に基地のスペースを作って遊んでいた。

夕方、唯は先に帰ったが、ココの母親から娘が帰宅しないと通報を受ける。翌朝、遺体で発見される。
死因は窒息死。

また被害者の通う小学校付近では、不審者の目撃情報もあったと。

ノンナとともに付着物のDNA鑑定を行った真野は、被害者に暴行された形跡がない事を確認する。

すると、虎丸の先輩刑事・鶴見茂が現れる。

彼は20年前と10年前に起きた連続幼女殺人事件を追っており、今回のケースも犯行手口が酷似していた。
実は、鶴見たちは、10年前に被疑者として西内智幸をマークしたが、証拠不十分で逮捕できずにいた。

その西内は、ココも時々訪れていた児童館のボランティア職員だった。

虎丸は、ココの両親・志津香と直樹に会いに行く。

だが、志津香と直樹はお互いに責任をなすりつけ、喧嘩を始めてしまう。

そんななか、真野たちは証拠を求めて臨場へ。

そこで、木の枝が折れている事に気づいた真野が周辺を調べるとタバコの吸い殻落ちていた。

吸い殻から採取した検体のDNA型は、西内のDNA型と一致し。

 

ドラマ『トレース科捜研の男』1話のネタバレ

 

ある事件を経験した過去を持つ真野礼二。

警視庁科学捜査研究所法医科の研究員。

「鑑定結果こそ真実」という信念のもとに、仕事にあたる彼は豊富な知識に技術。そして独自の着眼点からその実力を高く評価されていた。

しかし、協調性がなく必要以上に人と関わろうとしない為浮いた存在であった。

 

ある日、真野の上司である法医科科長の海塚律子は、相楽一臣や市原浩、水沢英里ら法医研究員たちに新人の沢口ノンナを紹介。

大学院で遺伝子の研究をしていたノンナは、大学OGの律子に誘われて科捜研に入所したものの、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に関わることに戸惑いを隠せないでいた。

 

するとそこに、警視庁捜査一課の刑事・虎丸良平と猪瀬祐人、鑑識員の沖田徹らがやってくる。

イベント会場で発見された、切断された左手の鑑識結果を聞きに来た。

 

鑑定を担当した真野は、付着物の中から珪藻と通常の20倍のマンガンが検出されたことを伝える。

虎丸は即座に多摩川の捜索に向かおうとするのが、そこを探しても意味がない。と伝える真野。

 

そんな助言を受け入れることなくにらみつけ出ていく。

すると、真野あ臨場の支度を始める。特殊な珪藻の生息域で域内にマンガン鉱山の跡地がある日原川に向かうと言い出す。

 

律子は真野の勝手な行動を受け流しノンナに同行の指示。

「しばらく彼について学びなさい」と。

 

現場に到着した、真野とノンナは、ほどなくそこでバラバラに切断された女性の遺体を発見する。

そこには、土に半分埋もれた一輪の花(プリムラの花)。

 

司法解剖の結果、死体は10の部位に切断されていた。

死因は心臓を刃物で刺された事による失血死。

 

死亡推定時刻は4日前の深夜だった。また被害者は、生前日常的に暴力を受けていた事を示す痕跡もあった。

そんな中、被害者は娘かもしれないという五十嵐千鶴と、千鶴の再婚相手で著名な教育評論家の康信が警察署を訪れるが。

 

娘とはしばらく会っていなかったという千鶴と被害者のDNA鑑定を行うと、「99,99%」という結果で被害者は五十嵐美加であると判明する。

DVを受けたであろう痕跡の中にやけどの痕。

美加が小さい頃、千鶴が目を離したすきに火にかけた鍋の煮えたぎったシチューをこぼしてしまったときのものだという。

 

翌日、ノンナは真野から現場に埋もれていたプリムラの花の鑑定を頼まれるが、なぜ花を?と。

これは自然発生したものではなく、コーカサス地方の花で誰かが、外部から持ち込んだ物である。

 

そして、プリムラの花の種子も行方不明になった前日に泊まったホテルから出てきていた。

ホテルには被害者の母親・千鶴の髪の毛もあった。

 

虎丸の取り調べで、彼女はウソをついていた。

千鶴の再婚相手で著名な教育評論家の康信からDVが明らかに、、。

 

美加も千鶴もDVの被害者だったのだ!!

 

ノンナは「DVされているのに、なんでに逃げないんだろう・・・」と。

「夫から逃げて1人では生きていけないと思込んでいるのではないか?」と法医科長・貝塚律子が指摘する。

虎丸は父の康信が犯人であると推測するのだが、、、。

 

憶測では話しをする事を気持ち悪いと吐き捨てる。

虎丸はこれに激怒し、明日はナンノ一人で現場に来るよう指示するw

 

彼女は一人遅くまで残業し翌日の準備をするのだが・・・。

ふと、真野の言葉を思い出し、スマホで被害者を検索。被害者の想いにはせる。

 

現場で、警視庁捜査一課刑事、猪瀬が被害者の名前を”ミホ”と言った間違いを”ミカ”ですとと訂正した場面を思いだしていた。

 

帰宅途中だった、真野は被害者がシチューで火傷したことを思い出して、週刊誌を読み職場に戻る。

ナンノは職場にやってきた真野に悩みを打ち明ける。

どうやら、被害者のインスタを見ていると、余計に重圧を感じてしまったようだ。

そんな彼女に対して、真実のかけらをみつけるのが科捜研の仕事だ。と助言をする。

 

・・・家宅捜索当日

被害者の母・千鶴と継父の康信が住むマンションの家宅捜索が始まる。

被害者がマンションに入った映像しか残っていなかった事からここで美加は切断されてしまったのではないか。と推測した。

しかし、彼女が殺された形跡は全く見つけることができない。

 

ノンナは千鶴に幼い頃、娘を守ろうとした記憶を思い出してくださいと訴える!!

虎丸に散々怒鳴られたノンナであったが、これを機に千鶴は行動を起こす。

 

雑誌の写真から真野は千鶴の腕にも娘と同様の傷の痕があることを知る。

そして、何者かにシチューをかけられたと推測していた

 

翌日千鶴は、美加の血の付いた灰皿を持ってくる。

それを証拠に康信は取り調べを受けるのだが証拠不十分で逮捕には至らず。

しかし、虎丸は彼が星であると推測していた。

 

真野は虎丸のそんな言動に「気持ち悪い」と言ってしまう。鑑定結果こそすべてであると発する。

 

美加は就職が決まると、逃げるように家をでていた。
そして、彼氏ができ、結婚が決まる。ただ、自分だけ幸せになる事に罪悪感を感じて母を説得し継父から引き離そうとしていた。そして、母をホテルに待たせ、康信のマンションにむかう。
しかし娘の話し逆上した父は暴力を振るう。その時、近くにあった灰皿で頭部を殴打したときについた血液なのだ。

真野はマンションの外廊下を調べてみようと言い出す

そして、、、再臨場へ。

何と!!美加の血痕が見つかる
それは隣の飛田の部屋の前で途切れていたのだ。

彼もDVを受けた過去を持つ。
そんな飛田は美加の部屋の盗聴をしたことで全ての状況を把握していた。

そして、美加に感情移入して、彼女が自宅を出たところを自分の部屋へ引きずり込んで監禁する。
パトカーの音を聞いて逃げようとした彼女を殺害し、バラバラに切断し遺棄したのだ。

プリムラの花は、美加が好きで育てた花を添えたようだ。

そして事件は解決へと向かう。

千鶴は、継父を訴えた。
彼の名誉は失墜する。

その頃、警察では新たな時代が始まる。

刑事部長に最年少で壇浩輝が就任していた。

真野は子どもの頃家族を殺され誰かが首つりしてる映像・・・。

 

以上ネタバレでした!!

まとめ

まさかの展開でしたw

もう、被害者の継父による殺人事件であるとばかり思っていただけに!!

まさかの展開w

 

飛田の身勝手さヤバいのですが人間ってホントに何をするのかわからんですね~。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です