ドラマ

ドラマ『トレース科捜研の男』2話のキャストやあらすじ・ネタバレ紹介!

更新日:

スポンサードリンク

月9ドラマ『トレース科捜研の男』が2019年1月7日より開始!!

暗い過去を持つ科捜研法医研究員・真野(錦戸亮)と新人研究員・沢口ノンナ (新木優子)が捜査一課の刑事と共に事件に挑むサスペンスドラマ。

今回は2話のキャストやネタバレを紹介していきます~♪

私が恋愛できない理由の概要・キャスト

私が恋愛できない理由の概要やキャストを紹介してく。

私が恋愛できない理由の概要

2019年1月7日より毎週月曜夜9時放送開始。

 

私が恋愛できない理由のキャストや相関図

 


真野礼二/錦戸亮
豊富な知識・高い鑑定技術、独自の着眼点を持つ。その実力は周囲から高く評価されている。しかし、協調性がなく科捜研内では浮いた存在。事件には一切の主観や憶測を排除し、「鑑定結果こそ真実だ」という信念のもと数々の難事件の鑑定を行う。
幼い頃経験した陰惨な事件の真実を求め続けている。他人に心を開くことができず周囲に壁を作っていたが、ノンナとの出会いによって少しずつ変化していく。


沢口ノンナ /新木優子
大学院で遺伝子の研究をしていたが目立った成果が上げられず悩んでいた時に、大学のOGである科捜研法医科長・海塚に誘われ大学院を辞めて科捜研に入所。遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に関わることに戸惑いを感じ、自分は科捜研には向いていないのではないかと迷う反面、被害者や残された遺族に感情移入し、真実を明らかにしてあげたいという強い気持ちも芽生える。


相楽一臣/山崎樹範
出世欲が強く、効率的に仕事をこなすことに重きを置く模範的研究員。
科捜研の範疇を超えて好き勝手な動きをする真野を嫌い、ライバル視している。


水沢英里/岡崎紗絵
科捜研の仕事がきつく早く結婚して退職したいと思っている。プライベートを充実させたく、定時で帰りたいと常に思っている。


猪瀬祐人/矢本悠馬
虎丸の部下。キャリア組で捜査一課には研修として来ている。強引な虎丸の捜査に振り回されるが、やがてその奥にある刑事としての情熱に影響を受けていく。


沖田 徹/加藤虎ノ介
科捜研に出入りすることが多く、研究員たちとも飲み仲間。真野が鑑識の領域にまで口を出してくることが気に入らない。


沢口カンナ/山谷花純
姉・ノンナと東京でふたり暮らし。しっかりした性格。姉のよき相談相手になっている。


海塚律子/小雪
若くして科長を務め、捜査員たちから一目置かれている美人科長。独身。一見クールだが実は面倒見がいい。
実は真野が抱える陰惨な過去にある”関わり”を持っており、今後真野の苦悩を理解し、真相を究明するために重要な役割を担うことになる。


市原 浩/遠山俊也
地道に鑑定ひとすじの堅物人間。海塚に好意を寄せているため、海塚に気に入られている真野を快く思っていない。


江波清志/篠井英介
検挙数がすべてと考え、部下を急き立てる嫌味な課長。
物腰はやわらかいがキレやすい。所轄から異動してきたばかりの虎丸にも冷たく当たる。

スポンサードリンク


壇 浩輝 /千原ジュニア
史上最年少で警視庁刑事部長に昇任。上層部からの信頼は厚いがプライベートは謎が多い。科捜研法医研究員の真野の存在を知り、なぜか強い興味を示す。


虎丸良平 … 船越英一郎
疑いを持った人物を犯人と決めつけて捜査を行うなど独善的な考え方を持つベテラン刑事。仕事に没頭するあまり妻、息子に逃げられ現在は独り身。異動したばかりの捜査一課で手柄を立てようと必死になるが、定年を意識する年になり、心のどこかでモヤモヤとした疑問を感じている。
真野とは衝突が多いが、そのブレない信念と確かな腕にしだいに信頼を寄せるようになっていく。そして真野の過去に何かがあることに気づき、興味を持つようになる。

ドラマ『トレース科捜研の男』2話のあらすじ

今回は大学病院の外科医が殺害。

事件のDNA照合を依頼される真野と沢口だが。

 

現場で目撃された男性の血痕と一致しすぐに事件は解決のはずだったのだが・・・。

 

ドラマ『トレース科捜研の男』2話のネタバレ

大凛大学病院の外科医・真田和寿がパーティーの最中に殺害される。

娘の有里は父の殺害現場から去っていく、ウエイター姿の男を目撃していた。

被害者の首には刃物を突き付けられたような傷。男の逃走経路には血痕が残っていた。

 

更に、バルコニーの手すりには、真田の靴の跡。犯人は真田にナイフを突き付けたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのでがないかと。

虎丸は、防犯カメラの映像から宮永を拘束。

しかし、現場から採取された血液と宮永のDNAを照合したところ、、、不一致。

宮永は誤認逮捕だとして釈放される。

 

上層部から呼び出された虎丸は1週間で犯人を捕まえることができなければ、チームを解散すると言われる。

 

そこで、特捜が独自のDNAデータベースを持っていることを知っている虎丸は、ウエイターの制服のDNA検査を特捜の知り合いに依頼する。

すると、岸田という人物が浮上

ところが、彼には最近ついたような傷はなく血痕も違う。

そこで、真野が岸田の身体検査をした写真を虎丸から見せてもらうと、腹部に手術の痕を見つける。

宮永が過去に岸田から骨髄移植を受けたことを掴む。

当初、DNAが一致しなかったのはこと為だった。

さらに、彼が過去に入院していた病院に真田が勤務していたことも判明する!!

 

宮永には当時、恋人がいた。彼女が彼の見舞いに行く途中で不慮の事故巻き込まれ病院に搬送される。

その時の担当医医が真田であった。

当初彼女は命に係わることではないと言われていたのだが、、、急変し亡くなってしまう。

 

恋人の死に不信を抱き続けていた。そしてある真実をしった。

有里はもとより心臓が弱く移植の順番を待っている状態であった。

宮永はの恋人は骨髄移植のドナー登録をしていたことから、真田はその恋人が亡くなれば有里は移植を受けることができるかもしれないと考え、筋弛緩剤を投与した。そして彼女は植物状態になったことで思惑通り娘は移植を受けることができた。

 

その為、真田に対して恨みを抱いていたい宮永。

真犯人が判明したことで、彼の自宅に向かう虎丸だが不在であった。

 

連絡を受けた真野らは急いで有里のつとめる病院に急いで向かった。

宮永は有里を見つけ、絞殺しようとするのだが、、、結局できず。

咳き込む彼女の姿を見つめながら・・・立ち尽くし涙を流す

首を絞めた際に伝わってきた拍動は移植された彼女の心臓。有里の体の中で生き続ける彼女の存在。

もし殺してしまえば、自分の手で彼女お殺してしまう事になると感じたようだ。

あえなく、宮永は捕まる。

 

後日、すべての真実をしった有里は深いショックを受ける。

全貌を伝えた、ノンナははたして真実を伝える事はほんとに良かったのか・・・と迷走するのだが。

真野の助言に救われる。

 

一人でいる真野はフラッシュバック。

首を吊る兄のすがた・・・。

そして、あの時なにが起きたのか教えてくれないか?兄ちゃん・・・。と口ずさむ。

 

 

虎丸は無事、犯人を捕まえたことで解散を免れることができ安堵する。

 

以上ネタバレでした!!

まとめ

今回も引き込まれましたね~

すべての真実を有里は相当複雑でしょうね。

まさか、自分の父が犯罪者であると同時に移植された心臓は意図的に殺された人のものであるなんてw

 

知らぬが仏といいいますが、、、真実をしりどう行動していくか大切なんですね!!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

スポンサードリンク

-ドラマ

Copyright© 岩ちゃんの朝ドラ祭 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.