『サクラの親子丼2』8話あらすじやネタバレ!7話からの流れ紹介

スポンサードリンク

真矢ミキ主演の社会派人情ドラマの続編スタート!!

2018年12月1日から始まる『サクラの親子丼2』サクラが料理で傷ついた少年たちと向き合いながら成長していくシリアスなドラマです。

ドラマの8話のあらすじやネタバレを感想も踏まえて紹介していきますね~。

ドラマ『サクラの親子丼2』の概要・キャスト

ドラマ『サクラの親子丼2』の概要やキャストを紹介していきます。

ドラマ『サクラの親子丼2』の概要

この作品は、2017年10月7日から11月25日まで毎週土曜日23時40分~24時35分に東海テレビより作成されました。

フジテレビ系列『大人の土ドラ』枠で放送されました。

そして、2018年12月1日よりスタートした続編『サクラの親子丼2』

主演はもちろん真矢ミキです。

ドラマ『サクラの親子丼2』のキャストや相関図


九十九さくら/真矢みき
東京羽田で、空腹で居場所を無くした人たちに、無償で親子丼を振舞う。古本屋・九十九堂の店主。
口癖は「泣きたいときは泣けばいい。落とした涙の粒だけ幸せの花が咲くから」。また、子どもたちが悪さするのは”空腹のせい”だからお腹いっぱい食べれば事件を起こさないと信じて、ずっと向き合っている。が、”1日だけ”と三谷に頼まれ手伝う事になった子どもシェルター「ハチドリの家」で、これまでの価値観が通じない現状に衝撃を受けて、志願し手伝うようになる。


川端哲也/柄本時生
「ハチドリの家」では、弁護士として、親権者との調整や法的支援をしている。大学在学中に司法試験に合格する程、知識とアツい熱意、正義感を持っているが、「ハチドリの家」に関わる中での現実に衝撃えお受ける。自身の想いが先行し子ども達とうまくコミュニケーションが取れず、四苦八苦している。


三谷桃子/名取裕子
子どもの人権問題に強い関心を持つ。家庭に居場所がなく路頭に迷う子どもたちが、緊急避難できる場所が少なすぎる事に危機感を感じ弁護士としての多忙な業務の合間を縫って、無償で「ハチドリの家」の運営に携わる。
子どもの面接、入居判断など、シェルター側から子どもたちをみて、その進路決定に関わっている。
さくらとは長男・悠平の殺害事件の時に、被害者家族と加害者側の弁護士として出会い、連絡を取っていた。


鍋島慎之介/相島一之
教師をしていたが、ある事をきっかけに辞めてしまう。
教師時代の経験による心の傷を持ち、子どもに対して厳しく接しきれない。


古井戸貞子/井頭愛海
17歳前後で記憶と言葉を失う。本名不明。
妊娠8ヶ月。町で彷徨っているところを、警察経由で緊急保護される。
風貌からシェルターでは貞子と呼ばれている。

 

新城由夏/岡本夏美
入居期間は原則2か月までの「ハチドリの家」で1年以上も滞在している。シェルターではリーダー的な存在。
過去に悪行の限りを尽くした経緯から出先が見つからない。


井口茜/柴田杏花
2か月前から入所。実の母から暴力を受け、児童相談所から『ハチドリの家』へ。
母を慕う気持ちから、シェルターを離れるが、再び入所。しかし、母との生活を夢みる。


藤島玲奈/尾碕真花
母の借金返済の為、風俗店で無理やり働かされる。店の売上金を盗み、「ハチドリの家」に逃げ込んできた。それが原因で現在も風俗店の経営者・ヤクザに追われている。


小宮山詩/祷キララ
病院長の娘として裕福な家庭に育ち、有名進学校に通っていたが、父の過度な期待に応えられず、虐待を受ける。街を彷徨いAVにもでる。
自殺未遂が原因でシェルターに。父に復讐をしたい一心で東大理Ⅲ進学を目指す。


白鳥マリア/日比美思
自身の名前が嫌いで、名前を変えたい少女。
義父から性的虐待を受け、それに気づいた母からも虐待を受け『ハチドリの家』へ。本名は太田春菜。


中里拓士/浦上威晟周
性同一性障害を抱え悩む。
家庭や学校に居場所が無くなってここにやってきた。
さくらの力添えを得て、新たな生き方を探す。


大豆生田香/塩野瑛久
ナイフでの障害事件を起こし、少年院へ。
仮出所後行くあてもなく『ハチドリの家』に入所。
気が短く喧嘩早い性格。母のもとへ帰りたいと強く思うが、その存在を疎まれている。
どんな役かの紹介を2〜3行で

相関図に乗っている全員を紹介する。

ドラマ『サクラの親子丼2』のあらすじ

親に裏切られた子どもたちからの数々の言葉により真っ向から信念を否定されたさくら。傷心する彼女は、果たして子どもたちに手を差し伸べ続けることができるのでしょうか?そして希望の道しるべを差し示すことはできるのでしょうか?

パート2での舞台は、さくらの古本屋兼自宅の「九十九堂」から『ハチドリの家』に。 そこは、虐待を受けた子どもたちが一時的に避難・保護できる施設で、親やオトナから子どもを守るため、その場所は一切公表されていません。 クリスマスも、お正月も、、、今夜も帰る家のない子どもたちが、この時代にもいるのです。

「家族」「親子」という枠から、はじき出されてしまった子どもたちが、生活を余儀なくされる『ハチドリの家』。その過酷な現実に打ちのめされながらも、食事を通じ子どもたちと向き合うさくら、、、。

それでは、本題へ入ります。

ドラマ『サクラの親子丼2』8話のネタバレ

『サクラの親子丼2』7話流れ

では、前回のあらすじを紹介していきます。

拓氏はゆっきーママと出会ったことで「愛をあげる」という事について初めて真剣に向き合い試行錯誤の末、夢に向けて動き出すことに成功しハチドリの家を巣立っていく。

そして他の子どもたちも面接を重ね、自分の進路に向けて試行錯誤。

 

そんな中で、由夏は美容師を目指して面接を受け続けるのだが、なかなか目が出ない。また、香は仮退院という立場でありながら夜な夜な外出を繰り返しついに彼は警察に補導されてしまう。

子どもだけでなく、迷走する川端弁護士に鍋島・・・。

では、本題に入りますね。

ドラマ『サクラの親子丼2』8話のネタバレ

どうやら、大豆生田香の妹は窃盗団に入ろうとしていたのだが、それを知った香はリーダーに妹を辞めさせてもらうよう頼み込んでいたのだ。そして、代わりに彼が窃盗団に入ることで妹は介抱された。

彼は窃盗団と工場に忍び込んだところを警察に逮捕されてしまった。

そして、妹・大豆生田さゆり子はシェルターに入居希望をしやってきた。

香は罪を犯しているわけではないのだが、彼は少年院を仮退院している身であり今後、また勾留されてしまう可能性がでてきたのだ。何とか阻止しようと頼み込む大人たちのおかげで警察からは釈放され無事ハチドリの家に帰ることができたのだが・・・。

すぐに少年院に連れていかれてしまう

必死に、彼をハチドリの家に戻そうとする川端弁護士は奔走するのだが結局叶わず・・・。

由夏は美容師諦めずに美容師の面接を受け続けるのだが・・・落ち続ける現実に気持ちは沈んでいく

そして、さくらさんにはわかんないんだよ「泥中泳ぐの疲れんだよね」と。

小学生の頃、母に捨てられて以来何度も犯罪を犯して少年院を出入りしてきたという過去をもつのだ。そんな中、ついに彼女を雇ってもいいという美容院がでてきた。

はりきって働き始める彼女だが、まっていたのは職場での嫌がらせだった。

他の子どもたちも少しづつ進路が決まっていく。
マリアは高校を復学し、詩は大学受験し合格するのだが実は彼女は川端先生、三谷先生と接する中で弁護士になりたいと思うようになっていた。

そんな彼女の言動には川端先生の揺らいでいた心は励まされる。

 

あゆみは赤ちゃんを手放していたことを後悔していた。しかし、由夏自身も実は15歳の時に出産を経験し赤ちゃんを手放した経緯を語る。彼女の投げかけに感化されついに赤ちゃんと再会するため行動を起こした。

 

由夏は職場の陰湿な嫌がらせに耐えかねてついに美容師を殴り、美容院をとび出してしまう。
新宿で働く拓士は由夏を見つけさくらに連絡。

そして、迎えに行こうとする、さくらだが三谷弁護士に引き留められてしまう。
「あの子にハチドリが必要なら、自分で戻ってくるわ。今彼女は大きな壁にぶつかっているの」
さくらは「私、桃子先生の言っている事がわからないです。この手で子どもたちとつながっていたいんです。」と言い迎えに行く。

さくらは、由夏を説得し連れもどすことに成功する。
彼女はさくらに初めて抱きつく。

シェルターに連れ戻し、三谷弁護士に経緯を話し謝罪するのだが、彼女はさくらに今日限りでここを辞めてもらいます。と宣告する。
そして、由夏もここを卒業してもらう事を伝える。

なたの人生はあなたにしか歩めない。
固まる由夏に対して、「いくとこなかったら羽田の方につくも堂っていう古本屋があるの。そこにおせっかいで口うるさいけどとても面倒見のいいおばさんがいるわ。親子丼がおいしいらしいわよ」と伝える。

さくらの営むつくも堂を頼っていくようにつたえたのだ。

厳しいけど優しいですね♪

「ねえこれからどうなんの?」と由夏だがやり切った感のあるさくらは充実感に満ちていた。
羽田に向かうふたりだが、由夏の表情には自然に笑顔でて「さくらさんとこいったら親子丼たべれるの?」と。

玲奈は詩に勉強を教えてもらい始める。
そして、茜は・・・アイドルを目指す。

マリアは実名を使い高校復学を目指す勇気が出ていた。

ほんとに「さくらさんのことよかったんですか」と三谷弁護士にとう川端弁護士。
鍋島はさくらさんが決めたことですからね。と温かい表情で一言伝える。

以上ネタバレでした♪

まとめ

それぞれが迷走する、子どもシェルターハチドリの家でしたが、最後は子どもたちも大人も各々が抱える壁を乗り越えていくことができた様でしたね。

見ていて、ほっこりする結末でした。

最後まで、お付き合いありがとうございました♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です