ドラマ『絶対正義』2話の概要やあらすじにネタバレ紹介

スポンサードリンク

主演・山口紗弥加のドラマ『絶対正義』がヤバいです!
変幻自在の実力派女優が演じる衝撃の心理サスペンス。一度、見たらその世界に惹き込まれてしまうおススメの一作!

このドラマはFODでも配信されております。

是非一度見てみてください。

ということでドラマ『絶対正義』2話のあらすじや概要ネタバレを紹介していきますね。

あらすじ・概要

こちらの作品は、東海テレビ・フジテレビ系で、2019年2月2日(土)から毎週土曜23時40辛く放送されております。
原作は、人間の本質を鋭く観察し表現した秋吉理香子の代表作『絶対正義』となっています。

2018年公開映画No.1『劇場版コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐』を手掛けた、西浦正記が演出を担当しています。

ドラマ『絶対正義』あらすじ

それでは、あらすじ紹介はいりますね!!

「絶対正義」の持ち主、高槻範子(33)は、ある体験をきっかけにより形成されていた。
そんな彼女には高校時代に4人の友人がいた。西山由美子は夫がリストラにあったことで、アルバイトを掛け持ちしながら育児をしなければいけない状況になっていた。
里穂・ウイリアムスは、外国人の夫とインターナショナルスクールを経営していた。二人は子宝になかなか恵まれずせつに望んでいた。
石森麗香は子役タレントから女優に。独身なのだが、ある男性と不倫関係にあった。
今村和樹は大手出版社を退職したばかり。ノンフィクション作家として成功に燃えていたのだが結果が伴わず焦っていた。範子の友人たちは、各々の人生を生きていたのだが・・・。
15年ぶりに再会したことを機にそれまでの日常にひずみが生じだす。範子のもはや狂った正義は周囲を破綻に導き出す。正義とは何か・・・。誰のためにあるのか?

キャスト・スタッフや関連図紹介

ではキャストも紹介していきますね♪

高槻範子:山口紗弥加
法律は絶対的基準であると信じて疑わない。子どもの頃から厳格な母にマインドコントロールされ続けていた。中学の頃に、門限を破って、友人と遊んでいたとき、追いかけてきた母が信号無視をしたことで車にはねられ帰らぬ人に。
母の死を機に正義のモンスターになる。そんな自分の価値観を周囲にもしつける。

西山由美子:美村理江
範子の高校時代の友人。専業主婦だったが、夫がリストラに遭い、バイトを掛け持ちする。
高校時代に痴漢から救ってくれたのを機に範子の正義感を誰より信用する。

里穂・ウイリアムズ:片瀬那奈
範子の高校時代の友人。外国人の夫と共に、インターナショナルスクールを経営している。子どもができず悩んでいた。
高校時代に盗難事件の犯人に疑われた際に範子が真犯人を見つけたことがある。

今村和樹:桜井ユキ
範子の高校時代の友人で、現在はフリージャーナリスト。独身。
大手の出版社を退職したばかりで、ノンフィクション作家として成功したいという野心に燃える。
範子の正義感に疑問を抱いている。

石森麗香:田中みな実
範子の高校時代の友人で現在、女優。本間と不倫中。高校時代、望まぬ妊娠をした際に範子に助けられたことがある。

西山雅彦:忍成修吾
由美子の夫でリストラ後、酒びたりとなっている。

本間亮治:神尾祐
麗香と交際中。

高校時代の範子:白石聖

高校時代の由美子:桜田ひより

高校時代の里穂:小野莉奈

高校時代の和樹:小向なる

ジョージ・ウイリアムズ:厚切りジェイソン
里穂の夫でインターナショナルスクールを経営している。

高校時代の麗香:飯田佑馬

あらゆる罪を許さない完璧主義者で正義な女・高槻範子。

由美子ら高校の同級生4人は、範子が振りかざす正義に翻弄され、おそれ続けてきた。
範子の基準は法律でありそれを犯すことはどんな些細なことであっても許されない。その様子はもはや奇人の域・・・。

15年がたったある日、由美子たちの前に再び範子が現れたことで平穏だった秩序は崩れていく。

ドラマ『絶対正義』2話‐襲来!最恐主婦ネタバレ‐

範子はSNSで高校の時の4人、皆の職場を特定したといい食事会を開催する。
皆の事をずっと気にかけていたと、4人の状況を把握していた。

もはや、、、ストーカーw

食事会も終わり、西山由美子は会計のときお金が足りない事態に、、、2,000円貸してほしいと。
範子は承諾するのだが、由美子のしている腕時計を担保にしろと要求してくる。
さらに契約書まで書かす始末。

里穂の会社では5,000万円の使途不明金が存在していた。
里穂の会社に和樹が訪れていた。パンフレットの作成依頼をしていた。

その時、話しは高校時代の担任の話に、、、。
実は範子が原因で職員をクビにその後、離婚し今は家族の介護に明け暮れているのだ。

範子の正義は人を殺す。と和樹。

そんな話しをしているとメールが、、、。
範子からメールが、「正義は必ず勝つ。24時間365日お前を監視している」と。。。

そして、扉を開けると何と彼女がいるではないか!!
範子か結婚する前財務部で働いていたことがあり、呼ばれていたのだ。

話しが終わり、扉を開けると、範子が立っている。
何が入っているのか?と聞くと、範子はバックは守秘義務があるといえないという。

里穂は範子に使途不明金の件を相談するとやはり間違いないと彼女は答える。
「過去にあんなことがあったのに学んでないのね里穂は」と諭す。

ニックブライアンは実は会社のお金を5年前から横領し私的なことに使っていたのだ。

信頼を得た彼女は里穂の管理を全面的にすることに。

和樹はメールで脅迫をされていたのだが、実はその犯人は以前に取材した男であった。
そして和樹の上司は犯人が逃げないように服を脱がせ彼女に謝罪させるのだが。

実は、これは範子が彼女のこれまでの取材者全員のリストを洗い出し犯人を見つけたのだ。
そして、警察がくると、なぜか和樹の上司が連行される。
何と、犯人に対してした行為が罪に当たるらしい。そして、上司、犯人は警察に連れていかれる。

そして、和樹は本の出版が決まる。
編集長が変わったことで、彼女の案にゴーサインがでたようだ。これは、範子が色々と協力していた要素が大きい。
しかし、素直に喜ぶことができない和樹。

一方、麗香は不倫男性とキスしているところを範子に目撃されていたのだが。
なんと、彼女の不倫ネタの記事が事務所に届いたというのだ。
範子にそれを問い詰めると、「SEXしたのしてないの?」と逆に質問され即答できない。

ある日、西山由美子は自宅に帰ると見違える様子の旦那。
スーツ姿に誕生日ケーキそして、息子とともに祝福するではないか。

突然の出来事に戸惑う彼女。

旦那は、何と上場企業に管理職として就職できたのだ。
全部範子のおかげだという。

しかし、、、しばらくすると旦那は会社を辞めていた。しかも300万円という借金までつくっていたのだ。
その中には範子の名前まであった。

無責任な言動の旦那にキレてしまう西山由美子は、近寄ってきた息子を手で払いのけてしまうのだが、その際に角でおでこを打ち傷を作ってします。

そんなさなか、、範子が健康にいいというスープを持って自宅にやってくる。
旦那の無責任さを訴える彼女であるのが全体を冷静に見渡す範子は、子ども傷を見つける。
そして、事情を確認し証拠写真を撮影し児童相談所に連絡する。

なんと、、、、妻による虐待であるというのだ。
彼女にとって友情というのは全くどうでもよく、正義を追及し不正を排除することにのみ意識は向くのだ。

そんな彼女に、どうすることもできず息子を連れて友人の自宅に逃げ込むのだが、そこには範子の姿が・・・・。

以上2話ネタバレでした。

視聴した方の感想

それはでは視聴した方々の感想も紹介していきますね。

このドラマ、マジヤバい。
見ていて、怖すぎる。

人間不信になってくわ。結局のところ、自分の価値観の押し付けに自己満足しているだけ、ホントに周囲の人の人生はもてあそばれている気がしますよね。

由美子が虐待したという話しなんか見ていてほんとにわけわからん。

人の生活圏に勝手に入ってきてずっと監視してる範子こそ法を犯しているのではないかと感じてしまいました。

まとめ

見ていて、範子に対する不信感がひしひしと出てきますね(笑)
正義を主張する偽善者。

というか、これめっちゃ立ち悪い奴ですよねw
そんな、動向が気になり2話もサクサクっと視聴してしまいました。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です