ドラマ『絶対正義』3話の概要やあらすじにネタバレ紹介

主演・山口紗弥加のドラマ『絶対正義』がヤバいです!
変幻自在の実力派女優が演じる衝撃の心理サスペンス。一度、見たらその世界に惹き込まれてしまうおススメの一作!

このドラマはFODでも配信されております。

是非一度見てみてください。

ということでドラマ『絶対正義』2話のあらすじや概要ネタバレを紹介していきますね。

あらすじ・概要

こちらの作品は、東海テレビ・フジテレビ系で、2019年2月2日(土)から毎週土曜23時40辛く放送されております。
原作は、人間の本質を鋭く観察し表現した秋吉理香子の代表作『絶対正義』となっています。

2018年公開映画No.1『劇場版コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐』を手掛けた、西浦正記が演出を担当しています。

ドラマ『絶対正義』あらすじ

それでは、あらすじ紹介はいりますね!!

「絶対正義」の持ち主、高槻範子(33)は、ある体験をきっかけにより形成されていた。
そんな彼女には高校時代に4人の友人がいた。西山由美子は夫がリストラにあったことで、アルバイトを掛け持ちしながら育児をしなければいけない状況になっていた。
里穂・ウイリアムスは、外国人の夫とインターナショナルスクールを経営していた。二人は子宝になかなか恵まれずせつに望んでいた。
石森麗香は子役タレントから女優に。独身なのだが、ある男性と不倫関係にあった。
今村和樹は大手出版社を退職したばかり。ノンフィクション作家として成功に燃えていたのだが結果が伴わず焦っていた。範子の友人たちは、各々の人生を生きていたのだが・・・。
15年ぶりに再会したことを機にそれまでの日常にひずみが生じだす。範子のもはや狂った正義は周囲を破綻に導き出す。正義とは何か・・・。誰のためにあるのか?

キャスト・スタッフや関連図紹介

ではキャストも紹介していきますね♪

高槻範子:山口紗弥加
法律は絶対的基準であると信じて疑わない。子どもの頃から厳格な母にマインドコントロールされ続けていた。中学の頃に、門限を破って、友人と遊んでいたとき、追いかけてきた母が信号無視をしたことで車にはねられ帰らぬ人に。
母の死を機に正義のモンスターになる。そんな自分の価値観を周囲にもしつける。

西山由美子:美村理江
範子の高校時代の友人。専業主婦だったが、夫がリストラに遭い、バイトを掛け持ちする。
高校時代に痴漢から救ってくれたのを機に範子の正義感を誰より信用する。

里穂・ウイリアムズ:片瀬那奈
範子の高校時代の友人。外国人の夫と共に、インターナショナルスクールを経営している。子どもができず悩んでいた。
高校時代に盗難事件の犯人に疑われた際に範子が真犯人を見つけたことがある。

今村和樹:桜井ユキ
範子の高校時代の友人で、現在はフリージャーナリスト。独身。
大手の出版社を退職したばかりで、ノンフィクション作家として成功したいという野心に燃える。
範子の正義感に疑問を抱いている。

石森麗香:田中みな実
範子の高校時代の友人で現在、女優。本間と不倫中。高校時代、望まぬ妊娠をした際に範子に助けられたことがある。

西山雅彦:忍成修吾
由美子の夫でリストラ後、酒びたりとなっている。

本間亮治:神尾祐
麗香と交際中。

高校時代の範子:白石聖

高校時代の由美子:桜田ひより

高校時代の里穂:小野莉奈

高校時代の和樹:小向なる

ジョージ・ウイリアムズ:厚切りジェイソン
里穂の夫でインターナショナルスクールを経営している。

高校時代の麗香:飯田佑馬

あらゆる罪を許さない完璧主義者で正義な女・高槻範子。

由美子ら高校の同級生4人は、範子が振りかざす正義に翻弄され、おそれ続けてきた。
範子の基準は法律でありそれを犯すことはどんな些細なことであっても許されない。その様子はもはや奇人の域・・・。

15年がたったある日、由美子たちの前に再び範子が現れたことで平穏だった秩序は崩れていく。

ドラマ『絶対正義』前話あらすじ

 

範子は高校時代の友人ひとりひとりをずっと監視していた。

彼女は友人の肩を持つのではなく、自分自身の正義を証明すべく一人ひとり追いつ詰めていく。
西山由美子は、ダメ夫を厚生してもらい喜ぶののも束の間、範子によって子どもを引き離されてしまう危機に陥ってしまう。

それは他の友人たちも同様であった。
正義の名のもとに、些細な過失も認めずい詰める彼女のやり方んび翻弄されていく周囲・・・。

 

ドラマ『絶対正義』3話‐襲来!最恐主婦ネタバレ‐

範子に追い詰められ、息子を引き離されそうになった由美子は和樹から弁護士を紹介してもらい、離婚調停の準備をすすめる。

麗香は、範子に知られてしまた、不倫相手との記事は事務所にもみ消してもらったものの、落ち着かない日々を過ごす。
里穂は、会社の経理を範子に頼んだ結果・・・社内で軋轢が生まれてしまうことにストレスは増えていた。
また、夫との不妊治療がうまくいかない事に悩んでいた。

由美子は、範子の娘・律子が万引きをしようとしているところに居合わせる。
律子は母への反発から、範子を試していた。
範子は店から連絡を受けて、和樹とともに店にむかった。

法律に背くこととは万人、許さない彼女は娘を警察に突き出そうとする。
「自分の子どもだろうと、関係ない。この世で優先すべきものは正義よ」と主張する彼女に周囲は「人を追い詰めるのが正義なの?」と反論する。
沈黙になり、その場を去る彼女。

そんな折、和樹がノンフィクションの最高峰・竹下賞にノミネートされることが決まる。
同じころ、範子は休暇申請をしていた。
しかし、、、彼女休暇の目的は・・・著書を読み込み、証言者に会うためだった。
彼女は著書のある人物の住所を見つけた方法が違法だと教える。風俗の経験があり、親権が持てない女性に裁判を起こさせ、男の住所を調べたのは詐欺罪だという。

同級生で和樹の竹下賞のノミネートのお祝いをする。
由美子は、範子のおかげで離婚調停が順調な様子。

麗香は範子のおかげCM出演予定の会社が不祥事が見つかっていた。

和樹も食事会を経費で落とそうとしたことに範子に止められた。

範子は娘に対して、、、しかるべき対応をしたと意味深に話す。

一見、彼女は周囲を地獄に落としてるようにみえるのだが・・・。
彼女は「みんな私の友達。間違ったら正しい道に導いてあげる」という信念をもっていた。

 

視聴した方の感想

それはでは視聴した方々の感想も紹介していきますね。

ホントにこのドラマの最後の感想にすごく共感です。まさに、一言で表現できますよね。
ていうか、、、ドラマと言え範子が結婚できて子どもがいてるというのがすごく不自然です。

まとめ

いかがでしたか?
毎回、みていて言葉を失うこのドラマ….。だけど、最後までみちゃうんですよね(笑)

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です