朝ドラ『まんぷく』概要・キャストや見逃し配信(dailymotionやPandora)も!!

朝ドラ『まんぷく』は2018年後期のNHK連続テレビ小説となっております。

ドラマを見たけどもう一度みたい・・・前話の視聴ができなっかたった。
忙しくてリアル配信みれなかったけど見たい!

という方におすすめです。
今回は、朝ドラ『まんぷく』の見逃し配信はもちろん、ドラマの概要やキャストも合わせてお伝えしていきますので、気になっていたという方も是非、概要をとりあえず見てみるのもおすすめです♪

それでは、本題入っていきます!

『まんぷく』のフル動画全話無料視聴する方法は?

この作品を安全に視聴するなら、U‐NEXTがおすすすめです!!
ただ、こちら正規のものですので入会手続きなど若干の手間を伴います・・・。

pandoraやdailymotionなどの動画アップロードサイトで見る方法もあります。
ただし、いろいろと問題があります。

・低画質
・読み込みが遅い
・全話揃っていない

ということであまりおすすめできません

違法でアップロードしているため、著作権侵害なので、見ている方も、、、。
いちおう、こちらでも紹介しておきますが、、、。

『まんぷく』dailymotion

『まんぷく』pandora

一応検索してみたのですが、見つけることができませんでした。ただ、上記の方法ですと、画像配信開始となっても色々なリスクが伴いますのでおすすめはできません

確かに、、、初回入会手続きななど手間はありませんが・・・常にリスクが伴います。ということでおすすめはやはり、U‐NEXT!!

今であれば朝ドラ『まんぷく』を完全無料視聴する方法があるので、そちらを紹介していきます!もちろん完全合法なのでご心配なく!

 

『まんぷく』の無料で視聴するおすすめの方法は?

繰り返しますが、安全に視聴っするなら、U‐NEXTが絶対おススメです!!

先ほどもおすすめしたのですが、U‐NEXTというサービスを利用することをおすすめしています。

 

朝ドラ『まんぷく』も完全無料で全話見ることができるようです!(2019/2月20日現在の情報ですので詳細はU‐NEXT公式ホームページでご確認ください。)どうして無料で見るれるのか気になるところですよね?そちら解説していきますね!

登録はこちら

実はU‐NEXTでは現在31日間無料体験キャンペーンを実施中です!キャンペーンがいつ終了するか分からないので是非利用することをおすすめします。

そのため『まんぷく』を完全無料(0円)で見ることができてしまうワケです!無料キャンペーン中にサービスに満足しなければ解約することができます。大手テレビ局フジテレビが運営するサービスのため、その部分もしっかりしていて安心です。

『まんぷく』の概要あらすじやは?

ドラマ『まんぷく』の概要やあらすじにキャストを紹介していきます。

まんぷく概要

インスタントラーメンを生み出した日清食品(現在の法人格としては日清食品ホールディングス)創業者の安藤百福と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルに、描かれた心温まるヒューマンドラマとなています。

主人公・仁子に関した公開資料はほぼ存在せず、このドラマのために親族や友人などにインタビューし生前の手帳や日記を元に資料が作成されてます。

キャスト紹介

今井福子(いまい ふくこ) 立花福子(たちばな ふくこ)
演 – 安藤サクラ

本作の主人公。大正9年8月16日生まれ。愛称・福ちゃん。
昭和13年、高等女学校卒業後『大阪東洋ホテル』に就職。交換手として電話交換室に配属後、失敗の謝罪相手の外国人客に英語を評価されたのをきっかけに、程なくフロント係に昇格する。萬平との結婚を機に退職。

立花萬平(たちばな まんぺい)
演 – 長谷川博己
福子の夫で発明家。たちばな工房社長→理創工作社社長→たちばな塩業社長→たちばな栄養食品社長→池田信用組合理事長→無職→まんぷく食品社長。明治43年3月5日生まれ
実直且つお人好しな性格である反面、良く言えば意志が強い、悪く言えば頑固で偏屈なところがある。

今井鈴(いまい すず)
演 – 松坂慶子
福子・咲・克子の母。昭和13年時点で47歳。
夫は会社経営者であったが、投機的な性格で家族に苦労をかけた末、福子が小学校卒業目前頃に他界した。そのため、経営者・発明家・芸術家といった不安定な職業の男性を嫌い、娘たちには安定した職業の男性との結婚を望んでいた。

立花源(たちばな げん)
演 – 二宮輝生
萬平と福子の長男。1947年4月生まれ。萬平が考えた平賀源内を由来とした名前「源内」と、鈴が考えた源義経を由来とした名前「義経」の間をとり、福子が「源」と命名する。
昭和32年時点で、小学生。父親に似て好奇心旺盛で手先が器用であり、年相応に悪戯好き。

立花幸(たちばな さち)
演 – 三宅希空
萬平と福子の長女。1949年生まれ。幸せが来るようにとの願いと、福子と合わせて「幸福」となる語呂合いから、脱税の濡れ衣を着せられ服役中の萬平により命名される。

香田克子(こうだ かつこ)
演 – 松下奈緒
福子の8歳上の次姉。専業主婦で4児の母。旧姓:今井。福子が小学校卒業目前頃には既に結婚し家を出ている。
長姉・咲と対照的に自由奔放で物事をはっきりと言う性格。

香田忠彦(こうだ ただひこ)
演 – 要潤
克子の夫。福子の義兄で、画家の仕事をしているが、自身の好きなものである鳥しか描かないために生計は立てられず、両親からの援助を受けている。
穏やかかつ家族想いな性格で、勝気な一面がある妻や娘に言い負かされることも。画家の仕事に誇りとこだわりを持っている。

香田タカ(こうだ たか) → 神部タカ(かんべ たか)
演 – 岸井ゆきの(幼少期:武内煌・松田苺)
克子と忠彦の長女で、福子の姪。大柄で長身の両親とは違い小柄。気配りができる明るい性格で、母親譲りの気が強いところもある。昭和21年5月の時点では女学校に進学している。

香田吉乃(こうだ よしの)
演 – 深川麻衣[31](幼少期:網本唯舞葵[32]・奥野此美[33]、少女期:濱田優音)
克子と忠彦の次女で、福子の姪。
マイペースな性格。

香田重之(こうだ しげゆき)
演 – 井上拓哉(幼少期:荻野煌希[32]・上田琳斗[34]、少年期 :栗田倫太郎)
克子と忠彦の長男で、福子の甥。
昭和32年時点では、家を出て東京の大学に通っている。

香田学(こうだ まなぶ)
演 – 中村凛太郎(幼少期:髙田幸季[33]、 西村竜直)
克子と忠彦の次男で、福子の甥。
昭和32年時点では、家を出て東京の大学に通っている。

神部大介(かんべ だいすけ)
演 – 川口調
タカと茂の長男で、吉乃・重之・学の甥。克子・忠彦の孫で鈴の曾孫で福子と咲の大甥。

今井咲(いまい さき) → 小野塚咲(おのづか さき)
演 – 内田有紀
福子の10歳上の長姉。
宝飾店の店員として働き、鈴、福子との3人暮らしを支えてきた。穏やかで品のある女性。

小野塚真一(おのづか しんいち)
演 – 大谷亮平
咲の夫。証券会社勤務を経て、たちばな塩業の経理・営業担当を務める。
冷静で思慮深い性格。
本城好美(ほんじょう よしみ)→ 小野塚好美(おのづか よしみ)

演 – 東風万智子
真一の再婚相手。3年前に前の夫を亡くしてからは二人の子供(花子・和光)を女手ひとつで育てていた。洋裁が得意で生計を立てている。
咲とは対照的に明るく話好きな性格で、福子よりも年下(昭和33年時点で35歳)。真一が亡き妻のことを今も想っていることを理解している。

保科恵(ほしな めぐみ) → 牧恵(まき めぐみ)
演 – 橋本マナミ
福子のホテルの先輩。美人で仕事ができることから、入社当初から福子にとっての憧れの存在。

野呂幸吉(のろ こうきち)
演 – 藤山扇治郎
福子の先輩同僚で調理師。想いを寄せる女性に缶詰を渡す変わった癖がある。
福子に片思いするも想いが彼女に伝わることなく無く失恋。しかし、失恋後は即座に恵に心変わりし告白する。昭和19年春に恵が牧と結婚したため再び失恋。独身。

伴健三
演 – 三角園直樹
調理師。野呂の先輩。
樫田うた江(かしだ うたえ)
演 – なるみ

大前田三郎(おおまえだ さぶろう)
演 – 曾我廼家寛太郎
大阪東洋ホテル支配人。

 

まとめ

 

最初にも、お伝えしましたが、dailymotionやPandoraはそもそもが違法アップロードされたものですですので、入会手続きなどの煩わしい作業を必要としませんがその分、様々なリスクがあります。

高画質でキレイな動画を完全に無料視聴するのは、U‐NEXTがおすすめです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です