『ゲゲゲの女房』8話ネタバレ&あらすじや感想紹介にフル動画視聴法も!

スポンサードリンク

『ゲゲゲの女房』8話のネタバレ&あらすじに感想紹介をしていきます。

『ゲゲゲの女房』はどこにでもいる普通の女性がドラマのヒロインです。そんな彼女の人生が非常に親近感が沸いてきて面白いです。彼女をとりまく人間関係も個性豊かなキャラたちの登場にクスっとなったり、涙したりと五感を存分に刺激してくる作品でした。

『ゲゲゲの女房』全話をフル動画で無料視聴する方法は?

2019年7月11日

他の朝ドラ作品気になるとう方はこちらも。

【朝ドラ】を好きな時に見たい方必見!フル動画視聴法!や無料動画

2019年8月15日

めっちゃ、おもしろいので気になる方とりあえず見てみてください。

『ゲゲゲの女房』∼ご縁の糸~前話からの流れ

21歳を迎えていた布美枝は女学校の友だちとともに洋裁学校で洋裁を習っていました。

ちよも大きくなったけどかよも大きくなってなんかおばちゃんみたいなキャラになってきたような印象を持ちます。ただ2人は仲が良しです。

次女・喜子が嫁いでから、彼女は飯田家の中心人物としてメキメキと成長していきます。洋裁の方も器用で、洋裁学校の先生からスカウトがくるほどの腕前。

洋裁女子なかなか魅力ですよね。

そんな彼女の元にも縁談話が訪れ、親友・ちよと一緒に相手の和菓子屋さんへ様子を見に行くのですが、、、。

 

『ゲゲゲの女房』8話ネタバレ&あらすじ

これまでろくに恋愛に対して縁のなかった布美枝は初めての縁談に胸をとめかす。

 

初めての縁談ですし、なんせ下見した彼の印象はなかなか素敵な男性でしたからね。

結婚の事を考え洋裁の助手の件は結局都合により断わりました。馴染みの友人たちはそんな、彼女の素敵な話しを祝福しました。縁談や色恋にはずっと無縁でしたから、皆もうれしいんでしょうね。

 

もちろん、本人も結婚する気満々♪

 

スポンサードリンク

輝子おばさんの持ち込んできた縁談話しの相手は和菓子老舗屋だったのだが、布美枝をみるなり、身長が高いという事がネックとなり白紙になってしまう。相手の言い分はお客さんを見下ろすのがいけんらしい

えええっ!!そんな事が縁談破棄の原因になるんですかね?厳しい世界・・・

傷つく布美枝を優しくに励ます祖母。
「ご縁の糸がちゃんとある」と、言うそして嫁入り道具として母からもらっていた大切なサンゴの飾りを差し出す。

以上、ネタバレでした。

まとめ

まさかの、お見合いをしないまま身長がネックで断られてしまった布美枝。
優しく、励ます祖母が印象的。

大家族っていいもんだなと、これを見てると感じますね。

さてさてどんな展開が待っているんでしょうね。

FODプレミアム

FODプレミアでしたら、手軽にドラマ視聴できるうえ作品も豊富です。しかも、時間を気にする必要すらなく自分の好きな時間にガンガン見れますよ。

2019年3月27日現在で31日間無料視聴期間が設けてありますので、その期間にお試しで使ってみて合わなければ無料でやめれますので全く警戒の必要はありません。

実際使ってみてますけど、めっちゃ便利です。

FODプレミアム登録はこちら

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です