連続テレビ小説『なつぞら』あらすじ、概要キャスト紹介!

スポンサードリンク

2019年4月1日スタート、毎週月~土曜:朝8:00~から/NHK総合放送の

朝ドラ『なつぞら』。

記念すべき100作品目の作品でとなっておりますがNHKは裏切らないですね。

豪華なキャストがヤバいです。

このメンツを知れば絶対見たくなる『なつぞら』のキャストや概要を詳しく紹介していきますね。

ドラマ『なつぞら』概要紹介

脚本家:大森寿美男さんのオリジナル作品となっています。

舞台は戦後の北海道・十勝が舞台です。広瀬すずさん演じる両親を亡くした少女・奥原なつの波乱万丈ストーリーです。

周囲の大人たちの愛情を受けながらたくましい女性へと成長。彼女が惹かれた世界は「漫画映画」。そして、草創期のアニメーションの世界へと足を踏み入れていく”なつ”の運命は?

放送時間

2019年4月1日~9月28日 全156話放送予定

総合:「月∼土」午前8時∼8時15分/午後0時45分∼1時(再放送)

BSプレミアム「月∼土」午前7時30~7時45分/午前11時30分∼11時45分(再放送)

 

大森寿美男さん紹介

大森寿美男さんは10代で演劇の世界に足を踏み入れて劇団「自家発電」を旗揚げしております。

10代にして好きなことに没頭される。それだけでもセンスを感じますよね。なんせ、多くは「楽しいい事」よりも「正しい事」を基準に仕事なんかも決めてるんですもんね。

かくいう私も、、、。

1990年にオリジナル作品『静かなるドン』で脚本家デビューされております。

この作品小学生の頃放送されていたんですけど、もうテレビに釘付けでした。めっちゃ面白いんです。他にも数々の作品を手掛けておられますので、紹介していきますね。

『泥棒家族』『トトの世界∼最後の野生児∼』『精霊の守り人』

大河ドラマ『風林火山』は最初から最後まで見たのですが非常に面白いです。

以前にも連続テレビ小説には関わっておられ『てるてる家族』を手掛けておられます。

U‐NEXT紹介

  • 31日間無料トライアル実施中
  • 配信動画は14万本以上
  • 映画、ドラマ、アニメとジャンルも豊富

通勤時間、待ち時間、ひとりや家族でのゆったりした時間に視聴でき、何度でも繰り返しみれます。

ヒロイン広瀬すずさん紹介

連続テレビ小説『なつぞら』ヒロインをつとめる広瀬すずさんってどんな方なのかわからないという方もおられると思います。とっても素敵で魅力的な方なので紹介させてもらいます。

生年月日:1998年6月19日生まれ 

出身地:静岡県

2012年に「ミスセブンティーン2012」に選出された事を機に芸能界に進出されております。

2015年に連続テレビ小説「学校のカイダン」で朝ドラ初出演。

今回は2度目なんです!

「海街diary」で実力が評価され、新人賞受賞されてます。多数の作品に出演されています。

経歴からも実力半端ないですよ。実際Twitterでの感想も同様の反応あるので紹介しますね。

広瀬すず感想 byTwitter

かわいいだけの俳優さんじゃないんですね。というわけで今回も大いに期待です。

語りがヤバい内村光良

https://twitter.com/omi_ucchan_love/status/1113624484882210816

内村光良さんと言えば、「世界の果てまで行ってQ」といいうイメージが強い

ですよね。

しかし、バラエティーにドラマ出演もされたりと幅広く活躍されてます。

が、今回語りは初です。

 

どんな感じになるのか非常に楽しみですね♪

ネット上での反響もやはり大きく、どのような展開になるのか期待の高さも伺えますね。

ドラマ『なつぞら』キャスト紹介

奥原なつ(おくはら なつ)

広瀬すず(ひろせ すず)

両親を戦争で亡くし、兄妹とも生き別れひとり父の戦友である柴田剛男(たけお)引き取られます。十勝に移り住み牧場を手伝うことになります。逆境のなか少しずつ持ち前の明るさを取り戻し高校卒業後は上京し草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込みます。

子供時代 (子供時代)粟野咲莉
大好きな、たったひとりの兄

奥原咲太郎(おくはら さいたろう)/岡田 将生(おかだまさき)

奥原咲太郎

歌とタップダンスが大好きな明るい兄です。両親が亡くなった後も妹のなつと千遥(ちはる)の親がわりとなります。とにかくやさしくて笑顔を絶やさない性格はまさにイケメンですね。

子供時代 (子供時代)渡邉 蒼
 

柴田牧場の登場人物紹介

柴田泰樹(しばた たいじゅ)/草刈正雄(くさかりまさお)

柴田泰樹

明治35(1902)年、18歳の時にひとりで十勝に入植します。根性の座った性格で荒れ地を切り開き、酪農を始めます。妻が亡くなった後は男手ひとつで、富士子を育てる。カタブツな性格ですが、情深いです。

泰樹の娘・母として、なつを育てる

柴田富士子(しばた ふじこ)/松嶋菜々子(まつしま ななこ)

柴田富士子

しっかりとした軸をもちながらも優しく笑顔の素敵な女性です。泰樹に家族のなかで唯一、対等にモノを言える。なつとの関係に戸惑いつつわが子同然に育てようと努めます。牛乳やバターを使ったお菓子や料理づくりが得意。女子力高いです。

柴田剛男(しばた たけお)/藤木直人(ふじき なおひと)

柴田剛男

富士子の夫。婿(むこ)養子として柴田家の家族になります。戦友だったなつの父と交わした約束を律儀に守ります。(どちらかが亡くなった時は互いの家族の面倒を見る)義理人情を守りく優しい反面、気を使いすぎて義父の泰樹にいつも頭があがらないです。

柴田照男 (しばた てるお)/清原 翔(きよはら しょう)

柴田照男

真面目で責任感の強い男の子です。跡取りとして、祖父・泰樹や父から牛飼いの仕事を仕込まれるのですが、不器用なためなつにいつも先を越される。

子供時代 (子供時代)岡島遼太郎

柴田夕見子(しばた ゆみこ)/福地桃子(ふくち ももこ)

柴田夕見子

なつと同じ年の長女で当初は、なつにわだかまりを感じます。一緒に暮らしていく中で、本当の姉妹のようになっていく。大嫌いだった牛乳も、なつのおかげで飲めるようになる。

子供時代 (子供時代)荒川梨杏

柴田明美 (しばた あけみ)/平尾菜々花(ひらお ななか)

柴田明美

柴田家の次女で、長女の夕見子とは7つ違いです。自由人な姉・夕見子と対照的でしっかり者。物心がついたときから柴田家にいるなつを、本当の姉のように慕っている。

子供時代 (子供時代)吉田萌果

戸村悠吉 (とむら ゆうきち)/小林 隆(こばやし たかし)

戸村悠吉

泰樹にとって必要不可欠な存在です。貧しい開拓農家に生まれ15歳の時に豪農に奉公に出されるます。たまたま泰樹の酪農を手伝いに来た時に彼の情熱にファンになりそのまま居座る。穏やかで明るいだけでなく頼りになる男。

戸村菊介(とむら きくすけ)/音尾琢真(おとお たくま)

戸村菊介

悠吉の息子。なつたちにとって、何でも話せる親戚のおじさんのような人です。ユーモアで物言いも柔らかく癒しの存在です。

菓子屋 雪月の登場人物

小畑雪之助(おばた ゆきのすけ)/安田 顕(やすだ けん)

小畑雪之助

父の代から帯広に和菓子屋を構えます。アイデアマンで次から次へと新商品を開発し北海道有数の製菓メーカーへと発展させます。

小畑とよ(おばた とよ)/高畑淳子(たかはた あつこ)

小畑とよ

菓子職人の先代の元に嫁ぎ、頑固な職人の夫のおかげで強靭な性格へとパワーアップします。とにかくおしゃべりばあさん。

小畑妙子(おばた たえこ)/仙道敦子(せんどう のぶこ)

小畑妙子

旭川の菓子屋で働いていた時に、修業中の雪之助と巡り遭い(愛)、結婚します。見た目の印象とは裏腹に物怖じしないドッシりしたメンタルを持ちます。

小畑雪次郎(おばた ゆきじろう)/山田裕貴(やまだ ゆうき)

小畑雪次郎

お調子者で目立ちたがり屋な性格です。農業高校時代は演劇部に没頭します。なつの大親友。

子供時代 (子供時代)吉成翔太郎
 

山田家の登場人物

山田正治(やまだ せいじ)/戸次重幸(とつぎ しげゆき)

山田正治

戦争で家屋を失い、一家での北海道移住を決意すします。極貧の中で懸命に生き抜きます。泰寿たちの助けもあり生活も徐々に安定します。

山田タミ(やまだ たみ)/小林綾子(こばやし あやこ)

山田タミ

正治の妻で近隣の農家を手伝いながらアルバイト収入で家計を支えます。元々、東京育ちで十勝の生活になじめないようです。

山田天陽(やまだ てんよう)/吉沢 亮(よしざわ りょう)

山田天陽

美術の才に恵まれながらも貧しく農業を手伝います。隙間時間に描く馬の絵はまるで生きているような躍動感あふれる。アニメーターを目指すなつに絵心を伝授。彼女にとって大きな影響をもらいます。

子供時代 (子供時代)荒井雄斗

山田陽平(やまだ ようへい)/犬飼貴丈(いぬかい あつひろ)

山田陽平

弟である天陽と同じく絵画の才に恵まれ、家族の期待を背負い上京します。兄を探しに東京に出てきたなつに、漫画映画の世界を紹介します。

子供時代 (子供時代)市村涼風
 

なつの幼なじみ

佐々岡信哉(ささおか のぶや)/工藤阿須加(くどう あすか)

佐々岡信哉

なつの幼なじみ。戦争で家族を失い、なつたちと行動をともにしていましたが生き別れてしまいます。環境のギャップに負けることなく努力を重ね大学に合格します。

子供時代 (子供時代)三谷麟太郎

阿川弥市郎(あがわ やいちろう)/中原丈雄(なかはら たけお)

阿川弥市郎

十勝の深い森に住み木彫りの熊など民芸品をつくりんあがら暮らしています。

阿川砂良(あがわ さら)/北乃きい(きたのきい)

阿川砂良

弥市郎のひとり娘。十勝に移り住み、父とふたり、ひと気のない森の中で暮らしています。働き者でしっかりした性格です。

まとめ

ドラマ『なつぞら』概要やあらすじ、キャストを中心に紹介していきましたがいかがでしたか?

この作品は1連続テレビ小説100回という節目の作品であり豪華なキャストぶれに期待の高さがうかがえます。

是非おススメですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です