【集団左遷】2話ネタバレ∼蒲田支店が本部に背く店長の覚悟の行方は∼

スポンサードリンク

今回は、ドラマ【集団左遷】2話をみたんですけど、今回も非常に見ごたえありました。

ついに、本部から蒲田支店に対しての思惑が明らかに。「頑張るな」と言われる片岡ですが…。

黙って、従うのか背くのか。蒲田支店支店長の想いの行くえは?

という事で、この作品のネタバレやあらすじをはじめ、見逃し配信情報まで詳しく紹介していきますね。

【集団左遷】見逃し配信視聴情報

Paravi 公式

【集団左遷】1話から最新話の見逃し配信なたParavi (パラビ)でできます。

無料動画配信されている違法性の高いサイトもありますが、正直こちらはおすすめできません。

というのも、そういったサイトは悪意を持ってウイルスを仕込んでいる可能性もあり、個人情報を抜かれてしまったり、大切なPCなどデバイスが使用不能になったりという事も起こりかねません。

しかも、結局自己責任となってしまうので、泣き寝入りせざる終えない場合もあります。

岩ちゃん
岩ちゃん
実際にウイルスに感染してしまった人もいるんですよ!

Paravi って?

月額925円の動画配信サービスとなっています。

Paravi 運営会社紹介

  • TBS
  • 日本経済新聞社
  • テレビ東京
  • WOWWOW
  • 電通・博報堂DYメディアパートナーズ

多くの人が知っているような有名どころの会社が複数参加しているというのは非常に強いですよね。

例えば、FODプレミアムを運営しているのはフジテレビ1社です。

岩ちゃん
岩ちゃん
価格帯も他の動画配信サイトとあまり変わりないというのも大きな特徴ですね。

【集団左遷】2話視聴率

集団左遷公式

初回視聴率の13,8%から4,9%ダウンし今回は、、、。

岩ちゃん
岩ちゃん
8,9%…

異例の10連休の2日目という事もあり世間はドラマの行方よりも、旅行やレジャーにいそしんでたんでしょうね(勝手な推測です。)

意外と、厳しいですね。ただ、個人的には非常に楽しみにしていましたし、今回もツッコミどころ満載のコミカルさに楽しくドラマ見てました。

【集団左遷】2話あらすじ

集団左遷公式
【集団左遷】2話あらすじ

「半年で融資額プラス 100 億円を達成したら蒲田支店の廃店を撤回してほしい」と、無謀にも横山常務(三上博史)に直訴した片岡(福山雅治)
そのことを部下たちに伝えるが、案の定、副支店長の真山(香川照之)たちからは猛反発される。それでも頑張るしかない、と頭を下げる片岡。

そんな折、横溝(迫田孝也)から「町田エネラル」から 5000 万円の融資の相談を受けたとの報告が。片岡はさっそく横溝と町田社長の元へ挨拶に向かうが…

そこには、蒲田支店に襲いかかる本部の思惑があった。一筋縄ではいかない相手に、片岡と蒲田支店は…
そして、片岡は思いもよらない選択をする。
銀行員のプライドとは何か?片岡が守るべきものとは…

                         集団左遷公式

スポンサードリンク

 

支店が本部の意向に背くなんて前代未聞なんでしょうね。きっとこういう世界では。

そら、周囲の猛反対もわかります。

銀行員というただでさえ、社会的地位の高い仕事なだけに、不透明な未来であっても簡単に辞める事のできない立場。

これまた、辛いですね。

では、本題へ。

【集団左遷】2話ネタバレ

集団左遷公式

半年以内に100憶円のノルマを達成したら、蒲田支店を廃店にしないで欲しいと直訴した経緯を真山徹はじめ行員たちにつたえる片岡ですが。

周囲からは猛反対の嵐。

蒲田支店の昨年の年間売り上げは35憶円であり、半年で3倍以上の売り上げを出すのは不可能と口をそろえて言います。

当然ですね…。

支店長にたして、それを見越しての勝算があるのかと尋ねるのですが、「とにかく頑張る」という抽象的な発言のみ。

これに周囲は失望します。

そんな時、町田エネラル担当の横溝が支店に戻ります。何と、5000万円の融資の依頼をうけた、というのです。それを受けて喜ぶ支店長。

対照的な反応の真山の様子が印象的。

目的は、高性能電子ブレーカーの設備投資の為のようです。そこで片岡洋は横溝とともに町田社長に挨拶に行きます。

メインバンクは他銀行であるものの、金利を1,8%以上下げてくれるなら蒲田支店にたのみたいと言われ、「できる限り頑張らせてもらいます」と返答します。

その話しの中で、社長の夢は別に、”太陽光”の事業をいつかしたいという話しをチラッと聞き出します。

片岡は真山に相談し金利を1,6%に決めたいと相談しこれに承諾します。そして、話しをすすめようとするのですが、そこには羽田支店長の鷲谷がいました。そして、町田社長から今回の融資は羽田支店からお願いします。と言われてしまいます。

そう、何者かが横山に情報をタレコミ、羽田支店に融資を1,3%までおとし融資を通したのです。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
本部は強い

それを知り、片岡は本部に行き支店統括部部長の宿利に相談するのですが「横山常務が立てたリストラ計画は絶対だ」と追い返されてしまいます。

なすすべなく、蒲田支店に戻り「頑張りましょう」と鼓舞するのですが横溝はじめ周囲の行員たちは「本部に謝ったほうがいい」と言われる始末。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
当然ですよね。

それでも、全く諦める気のない支店長は町田社長がほんとにやりたがっている夢の事業の話しを思い出し聞きに向かいます。

彼は、メガソーラー事業をしようとしたのですが、それには広大な土地を始め多額の諸経費が必要で、少なくとも3億円は必要。そのため、諦めていたのです。

その土地は東京ドーム半分の土地が必要であると言われ、片岡はそれを探すと言います。さらに、もし、見つける事が出来たら今回の融資を再検討して欲しいお願いするのですが、当然断られてしまいます。

そんな、状況でもわずかな望みにかけ、土地探しを始めます。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
もはや暴走行為ではないかとおもうのですが。ただ執念は凄いです。

意識消沈した横溝は有給願いを出して、いたのですが支店長の行動に感化され一緒に探します。

実はかれは、有給前に現状を変えたい思いで、人事部に異動願いを出したのですが、戻った反応は希望退職への誘導でした。そんな現実に本気で後がない事を思い知ります。

片岡の知人などに頼みこみますが、思うように土地探しが進まない中でも諦めようとしません。そして。ついに希望に合った土地を見つけ出します。しかも、支払いは3年先まで待ってくれるという好条件までとりつけます。

しかし、この行動に真山から「それがお客様のためになるのか?」という鋭い指摘がいつまでも心に引っかかっていました。

支払いを遅らせるように頼んだのは町田社長の立場を考えての事でした。

もやもやした、想いを胸に秘めながら支店に戻るとそこにスーツを着て正装な姿の町田社長。そして、改めて電子ブレーカーの融資をお願いしたいというのでした。

どうやら、2人のひたむきな姿に心動かされたようです。

そんな中で、突然横山常務が蒲田支店に訪れたのでした。

岩ちゃん
岩ちゃん
以上ネタバレでした。

【集団左遷】2話感想

たしかに同感で感情的に抽象的な表現でひたすら鼓舞されるよりも論理的にマネジメントしてくれるに越したことはないです。

まあ、あくまでドラマですからね。

そんな部分も含めてツッコミしたり、意外な役どころやったりが非常に面白かったりしますね。

個人的には満足でした。

まとめ

  • 【集団左遷】1話から最新話の見逃し配信できるVODはParavi で視聴できます。
  • 【集団左遷】2話の視聴率紹介
  • 【集団左遷】2話のあらすじやネタバレ情報紹介。
  • 視聴者の感想紹介。

いあかがでしたか。この作品は何といっても豪華出演者が多数でているというところで、それぞれ存在感あります。各々の人物像を追っていくのも面白いです。

最後まで、お付き合いいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です