【集団左遷】4話ネタバレ~花沢の覚悟に感動∼

スポンサードリンク

福山雅治さん主演の日曜ドラマ【集団左遷】4話が2019年5月12日に放送されました。

という事で、ネタバレを中心に詳しく【集団左遷】4話を紹介していきます。

見逃し配信はFODプレミアムで1話から最新はま視聴可能です。

【集団左遷】4話ネタバレ

集団左遷公式

巨額融資浮上に生き残りをかける

電話をしていた、花沢にたいして、スパイの件をうかがう片岡は率直に訪ねます。「横山に頼まれたのか?」と聞きます。

過去に花沢と話した娘さんの結婚の話しをします。

そして、支店長の推測通り、スパイである事を認める花沢。

そんな彼に対して、「ここからもう一度やり直そう」と意表をつく言葉をかけます。

本部では横山が宿利に蒲田支店の事を一任されます。そんな、蒲田支店を廃店にさせないための猶予は残り4か月。ノルマ達成額は108億円。

ノルマを達成するために、蒲田支店行員は会議をしながら知恵を絞ります。そこで、「商談会議をしてみては?」という案があがります。すると、片岡は人選でチラシを配布していこう、と言いリーダーに花沢を指名します。

着ぐるみを着て、街頭で案内を配布する花沢。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
行員ってこういう仕事もあるんですねw

そんな折、予期せぬ出来事が。三嶋食品の自社ビルの話が上がり、これがうまくいけば20億円の融資が発生します。喜ぶ、片岡のもとに真山から連絡がきます。

花沢が以前、横浜支店にいたときに担当していた不動産コンサルタントの神崎が、蒲田支店を訪れます。

実は東京リゾート開発という会社が、羽田空港の土地を買い上げて、高級ビジネスホテルの建設計画の話しを持ち出します。

神崎はその仲介を担当しており、「40億円の融資をお願いしたい」と相談します。

是非、当店で!と興奮する片岡。

三嶋食品の自社ビルの20億円と、神崎の高級ビジネスホテルの40億円の融資が確定すれば、蒲田支店はノルマ達成に大きく前進します。

冷静な真山は本部からの妨害を懸念します。

予期せぬ展開

本社に赴き、横山を訪れる片岡。花沢のスパイの件を話しします。しかし、横山は「何も知らない」と言います。当然の反応ですね。そんな彼に花沢を信頼して40憶円もの融資の依頼が来ていることを伝えます。

そして、今回は「蒲田支店でやらしてほしい」と話します。

そんな願いに「頑張ってください」という横山。

予期せぬ反応にずっこけそうになる片岡は「頑張っていいんですか」と聞き返してしまいます。

蒲田支店に戻った、片岡は真山に横山から「頑張ってください」と言われた事を報告します。

そして、花沢に40億円の融資の件を担当するように伝えます。しかし、自分には蒲田支店でその役割をする資格はないと申し出を辞退しようとします。

そこに、真山が現れます。

真山にスパイが花沢であったことを話す片岡。そして、なぜ、横山が「頑張れ」といったのかという事の真意を議論します。

花沢のもとに横山から電話が入るのですがそれを拒む花沢。すると、片岡から滝川に連絡が入り、40億円の融資を担当するように指示します。

神崎たちの元に、片岡と滝川が詳しい話しを進めるために訪れます。土地の所有者である、三橋との状況を確認する2人。

一方、商談会の案内を配る花沢の元に現れる一人の女性が声をかけてきます。

蒲田支店に戻り、滝川から詳しい話しを聞く真山と片岡。そして、商談成立に意気込む支店長。すると取材のをしたいと原という人物が訪れます。

詳しく事情を聞くと、花沢が商談会の案内を配布しているときに声をかけられた、と言います。

雑誌の内容を聞くと、”美女図鑑”という内容の雑誌を取り扱っていると言います。ひらめいたら即行動する片岡は、その雑誌に商談会の案内を掲載できないか尋ねます。

滝川から、土地の所有者の三橋さんと会えることになったと報告を受けます。そして自宅を訪ねる、片岡と滝川は物件の内見をしたいと頼みそのまま現地へ向かいます。

そして、滝川は東京リゾート開発の上役に挨拶したいと申し出を細川にします。

40億という巨額の融資に慎重に進める行員たち。

神崎の融資を焦る片岡が起こした重大なミス

東京リゾートの開発の件で神崎に連絡する片岡。

細川との日程がつかず、調整が難航している真山に相談します。そこに、木田が訪れ、取材を受けた雑誌を購入したと言います。

みんなで集まり見てみると、リストラ計画や集団左遷の事が記事にされている事にびっくりする蒲田の行員たち…。

片岡は記者の原に急いで連絡をとり事情を聞こうとしますが、「自分なりに調べたことだから、訂正記事はだせない」と言われる始末。

そんな、蒲田支店に神崎が訪れ記事についての言及を求められる片岡は弁明します。「それなら、今週いっぱいで稟議を通して欲しい。それが、無理なら他の銀行にもっていく」と言います。

本部の宿利の元にいき融資が通りそうであることに喜び、本部へ報告します。そして、話しを進めようとする片岡に、真山は慎重的な意見ですが、耳に入れようとしない支店長。

話しを急いで進めようとする片岡は融資の件を神崎に報告します。しかし、稟議書を見ながら、真山の言葉が脳裏に残るります。蒲田支店では、支店長の事を心配する真山。

それを見た花沢は「真山さんが気になるな急いで確認したほうがいい」と言います。その頃、神崎たちの元を片岡と滝川が訪れ契約書を交わします。

その頃、真山と花沢は東京リゾートを訪れます。二人は急いで、三橋宅を訪れ、近所の人に三橋自身の写真をとり確認します。

そして、片岡に「目の前にいるのは詐欺師だ」と真山が言います。それを聞いて急いで、小切手を持って逃げる神崎。それを必死に追う片岡ですが逃げられてしまいます。

そこに、花沢が現れ、詐欺師の神崎を無事確保します。そんな彼に自分自身の完全なミスであると謝罪する片岡ですが。

スポンサードリンク

そして、滝川も訪れ、警察の話しだとすべての書類情報も偽物であったことが分かります。そんな時、木田から連絡が入り、今度こそ事件だと興奮しながら伝えます。

蒲田の離れる花沢

急いで蒲田支店に戻る片岡たちを待っていたのは、大勢のお客でした。さらに雑誌の記事を見たという人からの問い合わせ電話も鳴りっぱなしでもはや、パンク状態。

お客たちの想いは「蒲田支店が無くなっては困る」というものでした。そんな想いを受けた片岡は「この勢いに乗ろう」とお客様の対応をします。

勢いに乗った、蒲田支店は一気に業績を伸ばしていきます。そして、残るノルマは57憶円となります。

盛り上がる蒲田支店に一本の電話が入ります。電話を受け、急いで本部を訪れる片岡。そして、横山を乗せた車を追います。そして、「花沢がなぜ出向になったのか?」と尋ねるのですが…。

「最初から詐欺事件の知っていたのか?」と続けます。そして、片岡は「花沢にもう一度チャンスを下さい」と申し出るのですが、淡々とした口調で「そんな行員は知らない」と答えます。

そして、「半年間の成果を楽しみにしている」と言い、去っていきます。

肩を落として蒲田支店に戻る支店長を花沢ずっと待っていました。どうやら、本部から直接連絡が入ったようです。「自分の為に頑張ってくれてありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えます。

さらに、みんなとノルマを達成したかったと、無念さを伝えます。そんな、姿に「娘さんの結婚式の招待状を待っています」と精一杯の言葉を贈ります。

「頑張れ蒲田!」と大きな声で繰り返し、エールを送りながら去っていく花沢を送る蒲田のメンバー。

翌日、朝礼で「宿利の分まで頑張りましょうと挨拶をします」

融資の件で蒲田支店に三嶋が訪れ、案内していると、背後に宿利の姿が…。

【集団左遷】4話あらすじ

タイトル集団左遷4話のあらすじ

蒲田支店廃店か、存続か、ノルマ達成期限まで残り4ヶ月──。
街中で商談会のチラシを配っていた片岡(福山雅治)は、三嶋(赤井英和)から自社ビルを建てる予定だと聞く。うまくいけば20億円の融資につながる。さらになんと花沢(高橋和也)が前の支店にいた時の得意先だった不動産コンサルタントの神崎昇が蒲田支店を訪れ、高級ビジネスホテル建設計画のために40億円融資して欲しいと持ちかけてくる。

この2つの融資が成立すれば、ノルマ達成に大きく前進する。またとないビッグチャンスに、片岡は本部からまた妙な邪魔をされないよう横山常務(三上博史)に直接釘を刺しに行く。しかし、横山は思わぬ言葉を片岡にかける…

集団左遷公式

 

集団左遷4話のトピックス

  • 三嶋食品から自社ビルの融資の話が舞い込み金額は20憶円。
  • 花沢の以前の支店のとき担当していた、不動産コンサルタントの神崎から、高級ビジネスホテルの建設のための融資40憶円の話が浮上。
  • 土地所有の三橋や東京リゾートの細川の実態は詐欺師。
  • 商談会で声をかけられた、編集者原は働く美女図鑑を担当。彼女が書いた記事は蒲田支店のリストラや廃店に関する実態だった。
  • 横山を裏切った花沢は出向となる

というところです。今回も非常に面白い内容でした。

前話のネタバレ記事はこちらです。

【集団左遷】3話ネタバレ・蒲田支店を脅かす裏切り者は誰?

【集団左遷】見たいけど、どうやって見たらわからないと言う方は、

FODプレミアムで視聴できますが、これてお得なん?って方はこちらの記事もおすすめです。

FODでポイントを追加する方法とお得な購入方法や使い方を紹介!

FODの同時視聴は端末何台まで?アカウント分けはできる?

【集団左遷】4話視聴率や感想

【集団左遷】4話の視聴率

岩ちゃん
岩ちゃん
今回の視聴率は9,2%でした。

前回から0,2%ダウン。大体、10%前後を推移していますが、この作品はびっくりするような豪華キャストが出演しています。

そういったキャストの役どころにもわくわくしますので、是非おススメですよ。

【集団左遷】4話の感想

普通の流れでしたら、スパイが判明した時点でクビか退職を求めるんでしょうけども支店長である片岡は優しい対応を取りましたね。

これが、管理者としてのあるべき対応なのかはいったんおいときます。

ドラマと言えど、今回も20億に40億という想像もつかない額の融資にびっくりでしたね。それにしても、まさかの詐欺がらみとはびっくりでした。

その、意表さが非常に面白かったです。

今回の功労者は花沢でした。彼が要所要所でいい働きをしたおかげで大きく売り上げアップに貢献してるんですからね。

大組織で上に逆らうというのは相当な覚悟がいるという事なんでしょうね。

そして、蒲田支店を任せられた宿利ですが今回めだった動きはなかったですが、終盤に直々に蒲田支店に来てましたね。

空気が一瞬で変わりましたね。さて、時間の行方も非常に楽しみです。

まとめ

  • 【集団左遷】4話ネタバレ
  • 【集団左遷】4話あらすじや見どころ、感想
  • 【集団左遷】の見逃し配信情報

 

今回も見どころ満載でしたが、そんな集団左遷を見逃し配信できるVODは、

FODプレミアムがおすすめですよ。

最後まで、お付き合いいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です