『なつぞら』 31、32話ネタバレ&あらすじに感想紹介にフル動画視聴法も!

スポンサードリンク

今回は、なつぞら31、32話のネタバレや感想を紹介していきます。

兄・咲太郎との再会も束の間まさかの別れの結末を迎えたなつでしたが、彼女は運命を揺るがす出会いがまたありましたね。

さてさて、今回はどんな展開になっていくのかお伝えしていきますね。

こちらの作品はU‐NEXTで見逃し配信していますので、1話から最新話までフルで見れますよ。

では、本題へ入ります。

【なつぞら】31話ネタバレ

泣いていたなつも、しばらくするとお腹が減り、富士子と川村屋で食事をしていました。

すると、天養の兄・陽平がたまたまやってきます。彼は時々ここを利用shているそうでした。

3人はインドカレーを食べたのですが、それは、悲しさすら忘れてしまうくらい美味しいいものでした。

食事をしながら富士子は絵描きになるの、と尋ねると、まだ将来のことははっきりしていないといいます。

現在は、絵のアシスタントの仕事をしていると言います。詳しく聞いてみると、漫画映画のアシスタントをしていると言います。

すると、すぐに興味を持ったなつは是非見たいといい、みんなで見に行くことになります。早速職場である、”東京動画社”に案内さると、突然怒鳴り声にびっくり。

上司である仲は、陽平が遅刻してきたことをたしなめあす。また、一緒にいた、なつを彼女と勘違い。

すると、陽平は上司で先輩の仲に対し、高校3年生であり、アニメーションに興味がある事を伝え、見学に招いたといいます。仲は快く、車内の見学を許可します。彼はここで、美術、背景の仕事をしているというのでした。

陽平があちこち、説明していると、気を利かせた仲はなつに対して、せっかくだからテストをしようと6枚の紙を持ってやってきます。

そして、ここに薪割りをしている絵を描いてみるように指示しました。そのときなつは、泰樹がしている薪割りをイメージしながら鉛筆を進めていきました。

そして、できたものを手渡すと、想像以上の出来栄えに好評価で、陽平や動画担当の山下にも見せます。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
すごいですね。

みな、なつの描いた作品を高評価します。

そして、なつは先月入社してきた山下の同じ題材の絵をみせてもらうと、やはりプロの迫力に圧倒されます。

プロの人たちからの意外な好評価に恐縮していると、真剣な表情でお世辞で言っているのではないと言います。そして、きちんと勉強すれば、なつもアニメーターの仕事に就けると言います。

あまりに意外な反応に戸惑うなつ。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
牧場の仕事がありますからね。それに、、、女性にはできない仕事じゃないの?

しかし、男女の性差は関係ないと言います。それに、山下の前職は警察官であり、彼は仕事の傍らで、絵の勉強をしてきたと言いました。

敬礼して笑顔を見せる、山下。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
やる気があれば環境は関係ないんですね。

なつはアニメーションの世界と鮮烈な出会いを果たします。

スポンサードリンク

【なつぞら】31話感想

悲しみに、打ちひしがれていたなつにとって、アニメーションの世界との出会いは非常に刺激的なものであったようですね。

陽平との出会いの偶然さはもはや運命的ですね。

しかも、彼女の描いた薪割りのパラパラ漫画が意外にも好評でした。そして、アニメーションの仕事ができるとまで、言われたら、気持ちも揺るぎますよね。

ただ、泰樹はなつを照男と結婚させて牧場を継がそうという計画をしていましたね。

夢を追いかけていくのか、これまでの経緯を踏まえて、牧場を継ぐのか?おおきな分かれ道となっていくことは間違いないでしょう。

それに泰樹がすんなり、なつの夢を承諾するのかも…。

さてさて楽しみですね。

【なつぞら】32話ネタバレ

なつの東京へ兄・咲太郎を探す旅もあっという間に終わり、富士子と共に北海道の地へとかえっていきます。しかし、彼女がであったアニメーターとしての仕事への憧れは消える事はありませんでした。

そんな彼女はこっそりと、動画を描く練習を自主的に始めます。仕事の合間につい絵に没頭してしまう始末。

そんな時、窓ガラスをたたく物音がしました。

なんと、警察に捕まっているはずの咲太郎がわざわざ十勝の地までやってきたのでした。

しかし、泰樹はそんな兄・咲太郎を見つけてしまいます。そして、警察官はすぐにやってきます。

「おじいちゃんまって。おにいちゃんまって」必死に連れていかれる兄の後ろ姿に声をかけるのでした。

ふっと、目が覚めると、明美が寝言を言っていたと、心配します。

明美は「おにいちゃんってどっちのお兄ちゃん?」と尋ねると夕見子がそんなことは聞かなくていいと言います。

夕見子は外に積もる雪に気付きます。

ふたりは翌日一緒に登校しました。なつは夕見子に、北海道大学を目指す理由を聞くと、「そんなの無理とか、女だからといった、世間の偏見に負けたくない」と話します。そんなやり取りをしながら、それぞれの学校へと向かっていくのでした。

照男は、なつをデートに誘うよう促され、ディズニー映画『ファンタジア』のチケット2枚を握りしめ声をかけるのですが、、、。

緊張してしまい、「天陽と行けば」とチケットを2枚渡されます。

その晩、泰樹は剛男と富士子に照男になつと結婚させるよう促している事を宣下し、2人は仰天します。

泰樹は照男と結婚することで、ここにも安心して、兄弟を呼べると言うのですが、富士子と剛男はそんな泰樹の意見に反対します。

富士子はこのとき、珍しく感情的になってしまいます。

【なつぞら】32話の感想

さてさて、水面下で持ち上がってる縁談ですが、これまた泰樹の意見に賛成するものはいません。

というか、泰樹に言われてデートに誘おうとした、照男でしたが、彼の本心はどうなんでしょうね。

まあ、さっするところまんざらでもない様子。

ただ、当のなつは完全に新しい夢ができてますからね。結婚して、落ち着くなんていう考えはさらさらないのではないでしょうか。

今後、どうなるかこの色恋話しはきになりますね。

【なつぞら】33、34ネタバレや感想

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です