【ラジエーションハウス】8話のネタバレ∼唯織のついに正体明らかに∼

スポンサードリンク

【今回はラジエーションハウ】8話の見どころをまとめて、ネタバレ紹介してます。

今回は杏の心境の変化と命の危機?ヤバい展開が待ってました。

そして、唯織の正体が大切な人に知られてしまい、、、。

という事で本題へ入っていきます。

前話のネタバレ記事はこちら。

【ラジエーションハウス】7話ネタバレ∼軒下の変化と唯織の正体∼

 

【ラジエーションハウス】見逃し配信情報

こちらの作品はFODプレミアムで、第一話から最新話まで見ることができますので非常に便利です。気になる方はこちら。

FODプレミアムってなに?ていう方はこちらの記事もおすすめです。

FODプレミアムの1ヶ月無料お試し期間にスマホやPCから登録する方法!

 

【ラジエーションハウス】8話ネタバレ&トッピクス

今回は3つの見どころをまとめて、紹介しています。

唯織の正体がついに杏にバレて、、、

ずっと、唯織は医師である事を隠して放射線技師として働いてきましたが、今回ついに小野寺にバレてしまいました。

彼は、医師であるという疑惑をもち、大森にたいしてカマをかけるのですがこれにハマって唯織が医師であることを認めてしまうのです。

小野寺は医師である事を確信するのですが、彼の気持ちを尊重するという立場をとります。

しかし、、、たまたまこのやり取りえを杏は聞いてしまいます。

タダの放射線技師であったと思っていた彼が実は自分と同じ立場にあるという、しかも、高いスキルをもちながらも、医師ではなくコメディカルとして働いている事にショックを受けてしまいます。

直後に連日の過労や頭痛の影響もあり、意識を失いエスカレーターから転落してしまうのでした。

けいれんで救急搬送された久美

救急搬送されてきた少女・久美はCT検査で異常はありませんででしたが、唯織はMRI検査を提案します。その意見に同調した杏はMRI検査を実施します。

すると、二相性急性脳症であることがわかります。

補足二相性急性脳症とは?

けいれん重積型(二相性)急性脳症(英語名 AESD [acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion])は、突発性発疹やインフルエンザなどの感染症を契機に、けいれんと脳の傷害をおこす、日本で見つかった病気です

http://www.nanbyou.or.jp/entry/4513より

 

その為、小児病棟での入院治療が開始となります。入院後、彼女の希望で季節ハズレのハロウィンパーティーを企画することになります。そして、枕元に願い事を書いて寝ると、願いが叶うというしきたりに沿って、スタッフたちも各自の願い事を書くことになります。

ある時、久美が病棟から突然いなくなってしまい、大騒ぎ。すると、杏はエレベーターの中で彼女を見つけつのですが、ラジエーションハウス の前で突然、不具合が起きて動かなくなってしまいました。

さらに、それまで元気だった久美はけいれん発作を起こしてしまうのですが閉ざされた空間で何もできない。このままでは、脳に大きなダメージを受けてしまうため、業者が修理にくるのを待っている場合ではない。慌てる、杏に適切な指示をする唯織。

ラジエーションハウス のスタッフは急いでエレベーターの扉をこじ開けようとし何とか救出に成功します。急いで検査すると、異常なく無事回復します。

鏑木の診断に誤り、虫垂炎ではなく虫垂腫瘍だった

若井陽子のカンファレンスでは、虫垂炎と診断する鏑木でしたが、唯織は異議を唱え大激怒。

一連の経緯を聞いた杏は彼女の検査結果を再度読影し、”ある可能性”に気付きました。それは、虫垂腫瘍の可能性を気付きます。

スポンサードリンク

虫垂腫瘍って何?

虫垂の中に、腫瘍ができてしまい、それがドロドロした粘液が増えた状態です。これをそのままにしてしまうと、破裂してしまい、子どもを産めない状態になってしまったり、命の危険にさらされてしまう可能性があります。ただ、早く発見し手術することで対応できます。

 

杏は再検査を行い、陽子に現状を報告しました。子どもを産めなくなる可能性がある事をしった陽子はショックを受けます。

医師からの説明を受けてなやんだ末、彼女は手術を受ける決意をしますが、まだ旦那には言えていない、悩みを打ち明けます。

ふたりが話しをしているところにたまきがやってきて、陽子がハロウイン願いが書かれた紙を渡します。そこには「こどもが欲しい」と書かれていました。

たまきは続けて、虫垂腫瘍は痛みがないため、進行して危険な状態で発見されることが多い。そんな中で今回、早期発見できたのは奇跡です。と伝えます。

陽子は家に帰ると夫・祐一に手術の話をします。「今、手術をしなければ、子どもを産めなくなる可能性がある。祐一は子どもなんかいらないと、言ったけど、でも私は、2人の子どもが欲しい」と本心を打ち明けました。すると、「そんなの当然だろ」と答える祐一。

実は祐一は同想いを持っており、金銭的にゆとりがないため子どもを作れる環境を準備するために就活をしていました。

お互いの本心を伝え合えたことでそれまでの不安が解消され陽子は安心して手術に臨むことができました。

 

いかがでしたか?

こうして、ネタバレ知ってもう一度、見てみると新しい発見があったりして、意外と面白いですよ。2019年6月1日時点でこちらからから見逃し配信されています。

【ラジエーションハウス】8話の感想

今回はこれまで、放射線技師としての仮面をかぶり続けてきた唯織の本当の正体がついに明らかにされてしまいましたね。

これまで、杏をはじめ周囲も唯織に対して謎多き存在だっただけに、真実をわかった杏のショックは相当強いでよね。

前半ではモヤモヤした気持ち心の様子が唯織に対して素直になれない杏として描かれていました。

最終で唯織の正体を認識した直後に意識を失ってしまった彼女、例のごとく近くにいた唯織が介抱するのですが大丈夫なんですかね。

視聴者の反応

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です