【ストロベリーナイト】9話ネタバレ!菊田がついに玲子に告る?

スポンサードリンク

2019年6月6日放送の【ストロベリーナイト・サーガ】9話のネタバレやあらすじについてもお伝えしていきます。

今回の視聴率は、6,2%でした、、、。

事件の全貌が明らかに、警察の隠蔽暴露の代償で姫川班は、、、?

見逃し配信情報

【ストロベリーナイト・サーガ】のは1話から最新作までFODプレミアムで視聴する事ができます。

ネタバレ記事よりも、動画を先に見たいという方はこちらをどうぞ。

 

【ストロベリーナイト・サーガ】9話ネタバレ含むストーリー紹介

警察の隠蔽計画が和田1課長の勇気行動で公に

暴力団員の小林充、仁勇会会長の藤元英也、情報屋の柳井健斗が殺され、真犯人を追う玲子たち姫川班らが追う中、極桜会会長の牧田勲が舎弟、川上義則に刺殺されてしまいます。

玲子を襲った、川上が所持する凶器を牧田が背中でかばったためでした。

そして、川上の供述から事件の全体像がはっきりしてきます。小林を殺した川上はその後、藤元も殺害してしまう。

恋人の内田貴代の命とひきかえに、遺書を書かせて柳井を自殺に追い込んだのも彼の仕業でした。

それは、牧田をてっぺんにしたが故の行動でした。

川上の殺害概要

川上は牧田を西堂組の後継者にするために藤元を殺害し、すべての罪を柳井健斗になすりつけて、自殺を装い殺しました。

刑事部長・長岡征治警視監は、柳井健斗に関する事は公式発表するな、と和田徹捜査1課長らに指示します。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
警察の起こしたミスを隠すためです。

今泉春男警部も和田のクビを気にして、意向に従うつもりでしたが、当の本人は真実を世間に伝える覚悟をします。

和田の取った行動

馴染みの記者に9年前に起きた事件の捜査で警察側に落ち度があったことを伝え、記者会見の時に厳しい質問をさせました。

記者会見の場で記者からの厳しい質問により、事件の隠蔽ができない状態となり9年前に起きた、柳井千恵殺害の事件を語り、警察側に落ち度があったことを謝罪します。

当然、激しくバッシングされてしまい頭を下げることしかできない和田1課長、橋爪管理官、今泉係長でした。

事件を受けて、大きく人事異動が発表されて、姫川班は解散となります。玲子の新たな配属は、池袋東署強行犯捜査係に配属されてしまうのでした。

強行犯捜査係に異動した玲子が動いたヤマ

ガラス食器卸問屋のトキワ硝子の社長、赤木芳弘が悪質な詐欺にあってしまい自殺しました。玲子はこの事件に例の鋭い感性を武器にひとりでクビを突っ込みます。

赤木の妻の情報

  • 今から商事の運転融資があり、それからしばらくし自殺した。

何者かが、トキワ硝子名義で7千万円という大量発注したものの、モノはなく請求書だけがまわされてしまい、精神的に追い込まれ自殺してしまいました。

玲子は質屋店主、角田に協力を仰ぎました。そして、ド派手な衣装にサングラスというコーデで、関西人バイヤー白鳥にふんして、ブローカー事務所「八田商事」に取引を持ち掛けました。

そこで得た情報から、詐欺グループの北野貴子と会う約束し約束の場所におびき寄せ、尾行を開始しました。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
相変わらず、凄い危険な捜査をやりますよね。しかも、危うすぎます

スポンサードリンク

しかし、尾行途中で捜査2課、知能犯特捜係・土井康彦に「手を引け」と指摘されるのですが、無視します。そして、北野がランジェリーショップ(WACOAL.DIA)に入り、姫川は尾行を続け、北野のマンションの場所を突き止めます。そして、土井ら捜査2課が北野マンションを張ります。

 

しかし、新しい上司である、東尾刑事課長に、本部の捜査2課から連絡が入り、「畑違いのヤマにクビを突っ込むな」と指摘されます。が、全くひるむことのない玲子。

土井主任から、今山商事秘書、北野貴子を名乗っていた女の本名が吉田真純だという新たな情報を教えてもらいます。

 

赤木自殺事件の情報

  • 真純は主犯で吉田勝也の妹
  • 「トキワ硝子」の社長、赤木に融資を持ち掛け悪質な詐欺組織リーダーは吉田勝也
  • もう一人は今山商事営業の大島を名乗る次男の春樹でした。

詐欺師3人組は兄弟だった!

そして、すぐに、吉田勝也をひっぱるように土井主任に言い、吉田の取り調べもさせて欲しいと頼み実現します。

土井主任同席のもとで、取り調べは始まります。

吉田は人を傷つけていないのだから、強行犯捜査係の玲子から取り調べを受ける筋合いはないと主張します。それに対して、あなたのしたことは詐欺とう形の殺人であると言います。

人は一人では生きられない、助けあい、支え合う事で、生きている事の大切さを話します。玲子の脳裏には、自分の為に盾になって死んだ、極桜会会長の牧田や殉職した部下の大塚刑事、刑事になるきっかけをくれた佐田刑事が浮かびます。

詐欺で大金を得ようとするのではなく、人の支えを感じて生きる事でより自由に生きられると加えて話しました。

時計を見て玲子は休憩しましょうと取り調べを中断しました。

【ストロベリーナイト・サーガ】9話のネタバレからの感想

極桜会会長の牧田の死は玲子にとっては忘れられない出来事なんでしょうね。

それにしても、姫川班が解散して強行犯捜査係に異動になったにもかかわらず、彼女のスタイルは全く変わりないですね。

関西人バイヤーに扮して勝手に尾行したりというリスキーな面や鋭い感性は全く鈍ってないですね。

ただ、命がいくらあっても足りない気がします、、、。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です