【集団左遷】7話横山常務の抱える闇が見え隠れ!

スポンサードリンク

【集団左遷】7話が、ネタバレや感想をまとめていきます。

最終回かと思わせた前回でしたが、今回からは第二章へと突入していきます。さて本部へと異動となった片岡、日本橋店へ副店長として活躍の場を変えた真山。2人の動向に注目です。

そして、今回は名役者・筒井道隆、別所哲也らの登場にその役どころも注目です。

【集団左遷】7話のネタバレトピックス

【集団左遷】7話あらすじ

【集団左遷】7話あらすじ

蒲田支店の廃店により、本部の融資部へ異動した片岡(福山雅治)。落ち着く間もなく、全国展開する総合百貨店・マルハシホールディングスのダニエル・バックCEOが会社資金102億円を私的流用した疑いで東京地検特捜部に逮捕される、という衝撃的なニュースが飛び込んでくる。

 

マルハシは4年前、アメリカの大手百貨店・ウィルマンズと合併したものの業績の低迷に喘いでいた。

 
 

金融庁の立ち入り検査を控えて大わらわの中、横山専務(三上博史)がマルハシ再建の緊急プランを提案する。そ

れは、ダニエルの解任及びウィルマンズとの合併解消、そして丸橋雄一郎会長(本田博太郎)を 再び社長に就任させるというものだった。

 

だがそんな折、日本橋支店の副支店長に就任した真山(香川照之)のもとに「ダニエルは丸橋会長にはめられた」という告発メールが届く。

 

果たしてメールは事実なのか。片岡は上司である融資担当の隅田常務(別所哲也)に相談し、自ら調査に乗り出そうとするが・・・。

 

ネタバレあり見どころ紹介

今回の注目は、102憶円を私的に流用したのは実は逮捕されたダニエル・バックCEOではなく別の人物であるという可能性が浮上してきたことでした。しかも、なぜか、真山のもとに告発メールが届きます。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
知り合いなんでしょうか?

片岡は真山からそれを聞き、告発メールの件を隅田に話そうとします。

すると、その場をたまたま、通りかかった横山専務に捕まってしまい、話すのをためらいます。

結局2人の前で話しをするのですが、「その事は気にする必要はない」と一蹴してしまいます。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
きっと、横山常務にとっては都合よくない情報なんですね。

しかし、隅田常務はこの事を不審に思い、片岡にこの件を詳しく調べるように指示します。

調べた結果、丸橋会長が私的に102憶円を流用していた事実を掴みます。

  • 丸橋会長は102憶円を私的に流用するために、悪用したユニバーサルイノベーションというペーパーカンパニーに関する記録のある情報を投資目的で購入していたマンションに隠していたのです。

当初、片岡と太郎はその原本を自信の居座る部屋の金庫に隠していると踏むのですが結局見つからないばかりか、本人にバレてしまい窮地に立ちます。

スポンサードリンク

しかし、片岡は最後の手段として太郎に「証拠を見つけたから警察にいく」と父にカマをかけた事が功を奏しました。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
さすが、片岡ですね。

 

すると、横山常務は「ありがとうございました。丸橋会長に騙されるところでした」と片岡に感謝し自身の置かれた劣勢な状況をうまく回避します。

これにより、無実の罪で捕まっていたダニエル・バックCEOは釈放されます。

横山常務があまりにもあっさりと昔お世話になっていた、丸橋会長を切り捨てたことに戸惑う片岡ですが、今回の事件で新たに浮上した疑惑を抱えてしました。

それは勘の良い真山から、

  • 日本橋支店になにか重大な秘密があるのではないか

と、助言を受けていたのです。

 

総合百貨店・マルハシホールディングスの今後のプランについて、上層部が話し合いをしているところに、片岡と太郎は丸橋会長が102憶の私的流用をしていた事実を伝えます。

そして、横山常務に秘密がバレないかと注意する郷田会長はなにやら藤田頭取にバレてはならない秘密があるようでした…。

【集団左遷】7話は大きく回復した視聴率

今回の視聴率は9,4%と、大きく回復しましたね。前回の反響の大きさから次章に対する注目が高かったんでしょうね。

 

【集団左遷】7話の感想や反応

第2章に入って、非常に面白い展開になってきましたね。とてつもない大きな闇の存在が見え隠れしたこの章では、横山常務の抱えるとてつもない闇ってなんだ∼って思いました。

なれ合い、癒着に私的流用とどんな時でも、強者が弱者を支配する構図や好き勝手できるという多大な力が持てるという事はある意味凄いですよね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です