『ゲゲゲの女房』47話ネタバレ&あらすじや感想紹介にフル動画視聴法も!

スポンサードリンク

連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』47話ネタバレ&感想をお伝えしていきます。

前章からうまくいっているように見えていた水木しげるの読者会でしたが、思わぬ修羅場が巻き起こります。

しかし、やっと出てくる本音のやり取りにすれ違っていたズレは修正されて行きます。そんな様子に目が離せない今回の物語。ネタバレもいいですが動画が見たいと言う方FODプレミアムで視聴することができます。

それでは、本題へと入ってきます。

『ゲゲゲの女房』48話ネタバレ&あらすじ

前回からの流れ

布枝の父・源次郎は茂の読者の会がにぎわっている様子や出版元の社長の絶賛の言葉にすっかり安心しその様子を見守ります。

村井夫婦の目的は無事達成できたのですが…。

ネタバレ&あらすじ

東京も大したことないな。これなら、大塚の方がずっとええわ。すずらん商店街を案内する布枝に源次郎はそういうのですが。「ここも慣れたら、いいところよ」と答える娘。

そんな時でした。どうやらこみち書房に向かおうとしていた、小林たいちにバッタリ遭遇。しかし、布枝の姿に気付き引き返してしまいます。

父に喫茶店で待つよう指示し、慌てて彼を追いかけ、声かけると、まだやさぐれた態度をとる彼。

困るな。余計なことしないでくれ。

そんな態度に、「私ノッポでしょ。背が高いけん、小さい頃電信柱っていわれちょった。嫌だったけど、気が弱くて口下手でろくにいいかえせんかった。お見合い断れたり、恥ずかしい思いいっぱいした。だから、同情とかじゃないけん。一緒にいこ。」と恥ずかしい想い出を語る布枝にタイチも心を許します。

その頃、喫茶店で布枝をまつ源次郎でしたがそこで間の悪い場面に遭遇してしまうのでした。

質屋の亭主が茂からサインをもらってきたとこみち書房のぐうたら旦那に見せます。しかし、どうやら目的はサインではなく一緒についてくる貸本無料券が目的で作った行列だったのです。

岩ちゃん
岩ちゃん
急にサインをもらう人が増えたのには仕掛けがあったのです。これが源次郎の不快感を刺激するんですよ

茂は落ちていた、無料券を見つけており、お店の方は大丈夫ですか。と、声をかけます。

イヌイはこれもひとつの戦略ですね。と。

美智子は勝手な事してすみません。謝罪に、「いいですよ、これでかっこがつきますけん」と茂がいうのですが…。

「かっこがつくとはどういうことだ」と不快感をあらわに立つ源次郎の姿に固まる一様でした。

岩ちゃん
岩ちゃん
茂は完全に気が緩んでましたね。
ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
ただでさえ、よろしくない印象なのに。これはヤバいかもです。

結局、小林たいちとはぐれた上に、喫茶店にいるはずの父もいなくなり仕方なくこみち書房に戻る布枝でした。そこに源次郎の姿があったのですが、何やら重苦しい雰囲気が満載。

源次郎は一生懸命はたらいて貧乏なら、どうどうと貧乏しとりゃいいだろう。他の人も巻き込んでいい恰好しようとする気持ちが気に食わん。と怒りをあらわにします。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
その通りですね。結局いいところを見せようとしていたのは間違いありませんから。

すんません。と頭を下げるほかない布枝でした。

茂に対しても、もっと堂々としている男だと、おもっちょた。娘になに言われたか知らんけど、こんな小細工なんかに協力して。わしの目は間違っていたんかのう。と厳しく指摘するのでした。

そんな、源次郎にこれまで謝罪していた布枝でしたが態度を一変。お父さんはこの人のことを何もしらんけんそんなことが言えるんだわ。うちのひとは小細工なんかせんですよ。何言われても、大好きな漫画を精魂こめてかいとるんですけん。私は一番近くで見とるですけん。

そんな時です。小林たいいちが店の前までやってきます。嬉しそうにする美智子ですが、「もう余計なおせっかいは辞めてくれ。東京きたっていいことなんて何一つない」と不満を爆発させ全く彼女の優しさに素直になれません。

そんな彼に対して、心配させてよ。だって生きてれば、心配できるんだから」と涙を流しながら強く訴えます。これまで見せたことのない姿、そして意味深な言動に戸惑うタイチや周囲。

おばあちゃんは、いてもたってもいられず、彼女に歩み寄り優しく肩に手を添えながら慰めるのでした。

スポンサードリンク

岩ちゃん
岩ちゃん
実は、小林たいちと同じくらいの歳の息子がいたのでしたが、疎開先で腸チフスにかかり亡くなっていたのです

以前、杉浦おとまつを深大寺のお墓に案内したとき美智子がいたのは長男のお墓詣りに来ていたのです。いつも優しい笑顔の絶えない彼女にとってそれはどうしても周囲に伝える事の出来ない悲しい出来事だったのです。

岩ちゃん
岩ちゃん
小林たいちに過度に優しく接していたのは今は亡きわが子を重ねてたからなんですね。
ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
表に出さなくてもそれぞれツライ過去を背負って一生懸命生きていたのですね。

『ゲゲゲの女房』48話感想

トッピクまとめ

  • 源次郎は布枝と茂がいいところを見せようとしていた事に不快感を示します。
  • 美智子には小林たいちと同じくらいの長男がいたのですが疎開先で腸チフスにかかり亡くなっていました。
  • やさぐれた、小林たいちはこみち書房に来るのですが、余計な事するなと、不快感を示します。

今回はいいところを見せようとしていた事がバレてしまい、源次郎から失望されるのですが、布枝の源次郎に対する反論はすごい強い訴えで、絶対に譲れないものを守るときの彼女の姿勢は素晴らしかったです。

そもそも、小林たいちにこみち書房にきて欲しいがために動き出したのですが意外な方向へ。

笑顔を絶やさない、彼女が号泣しながらやさぐれた彼に発した真実が驚愕でした。

心配させてよ。だって生きてれば、心配できるんだから。という美智子の逆説的なフレーズがすごく心に残りますね。この一言で、タイチの高ぶった感情がスーッと引いていったんですもんね。

間違いないく彼の頑なな、心境を大きく揺さぶってますから。

これを機に、いつもの穏やかな小林たいちに戻ってくれたらいいです。

ネタバレでつまみ食いもいいですが、文字では伝わらないリアルが知りたい方はこちら

『ゲゲゲの女房』見逃し配信はFODプレミアム

連続テレビ小説【ゲゲゲの女房】の見逃しでみるなら、FODプレミアムでみることができますが、この手段は初期登録や月額888円費用がかかります

TVerで、前回放送分のみですが放送後に期間限定(約1週間)で無料で視聴できます。

視聴者にとってうれしいのが、会員登録の必要もなく手軽に視聴できる。という事です。

ただ、この方法は基本的に期間が限定されてますし、全話を視聴する事はできないです。

リアルタイム配信でなかなか見る事ができなくて、録画すればいじゃないって、思うんですけどね。ただ、私生活が忙しくて、録画作品がたまってしまうことってありますよね。

TVerでも同じような、経験って起きたりして気づいたら配信期間すんでる∼って最悪じゃないですか。(経験あります)

FODプレミアムなら、時間的な制約は基本ありませんから、自分が見たいときに視聴することができるのがウリですよね。

更に月額888円なんですけどもこのVODの劇ヤバ特典として

  • 毎月8のつく日に(8日、18日、28日)にFODプレミアム会員限定で400ポイントもらえますから毎月1,200ポイント勝手にゲット!

  これだけで、月額888を上回る特典が利用できます!!

  •  FODプレミアム登録した場合は、無条件に毎月100ポイント進呈。

ですから毎月、1,300ポイントが入ってきます。もちろん、他にも特典満載ですから、手間と月額費用がかかる、FODプレミアムをおすすめするんです。

FODプレミアム登録フォーム

FODプレミアム登録に関する関連記事はこちらです。

FODでポイントを追加する方法とお得な購入方法や使い方を紹介!

FODプレミアムの1ヶ月無料お試し期間にスマホやPCから登録する方法!

まとめ

『ゲゲゲの女房』48話のネタバレ&感想をお伝えしていきました。

この作品はFODプレミアムで視聴する事ができます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です