『ゲゲゲの女房』50話ネタバレ&あらすじや感想紹介にフル動画視聴法も!

スポンサードリンク

連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』50話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

村井家に突然降りかかった災難そしは水木しげるにとって大きな出来事となっていくのですがそこでとった行動に…。

見逃し配信はFODプレミアムで視聴することができます。

『ゲゲゲの女房』話ネタバレ&あらすじ

ネタバレ&あらすじ

夜、遅くになってやっと自宅に帰ってきた茂は、深沢が血を吐き倒れた事を話します。原因は”過労”そうです。

深沢のする仕事量はもう常軌を逸しておりその量は半端ないうえ、大酒のみという生活習慣についに体が悲鳴を上げたのでした。

遅く帰ってきた茂は布枝に謝罪すると、前もって準備していたプレゼントを手渡す布枝でした。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
ちょっと、おっちょこちょいなんですけども気配りできて女子力高いです。

中身は何と、手作りのペン立てでした。元々、手先の器用な彼女は細かなデザインもすべてキレイにアレンジしていました。喜んで受け取った茂は、ひとつお返しにいい事を教えよう。と、切り出します。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
1年という月日があんなにぎこちなかった二人を夫婦らしくしていくんですね。二人のやり取りが非常にステキです。

”河童の三平”が長編連載として決まった事を話します。束の間に流れる新婚らしいひと時でした。

早速布枝のペン立てを使う茂は自然に表情もゆるみます。心なしか執筆も進んでいる様子でした。

深沢のの病気はすぐに良くなると思っていた布枝と茂でしたが、一向に連絡がくることもなく、1ヶ月が過ぎました。

どうやら、彼は結核にかかり手術もしたけど非常に深刻な容態のようでした。

ある日の事、銭湯の女将(やすよ)がセールスレディになっていました。どうやら、ロザンヌクリーム(1個2千円)を売って回るようですが、まだ1個も売れておらず、長年の付き合いのある乾物屋、床屋の女将たちに押し売りを開始する始末でした。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
大丈夫なんですか∼

河童の三平をある程度描き上げた、茂はいつもように三海社を訪れると、何と、会社が整理されています。

整理している業者のスッタフに確認すると、どうやら依頼されてしているだけで、深沢と面識があるわけではありませんでした。

海社が閉店してし、悪い事に以前彼が描いていた、鬼太郎の最終話の原稿もどうやら処分されてしまったようでした。

これは、茂の収入源が無くなってしまった事を意図していました。

その足で他の出版社へ売り込みをして歩きます。訪れた、春田図書出版で、原稿を見せるのですが…。

うちでは出せない。河童の三平を即答で却下されてしまいます。

河童の三平がダメな理由

  • 流行性から外れている

⇒ドンパチもなければ、ギャグでもなく、スポコンでもない漫画を誰が読むのかと言われてしまいます。

そもそも、長編漫画では厳しいと言われてしまいます。短編漫画なら1本くらいなら描いてもらっていいと言います。

しかし、そこの社長が提示してきた条件が非常にえげつない。というのは水木しげるというネームを伏せる事でした。

また、ここの社長は非常に言い方がねちっこい。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
すごく、ねちゃっと背中に言葉がまとわりついてくるような印象を持ちます。

茂は苦渋の末、この仕事を受けて帰るのでした。帰りみち、まんじゅうを買って帰る彼はまるで嫌な事から、逃避するようにバクバク饅頭を食います。

布枝はこれまでの経緯を聞き、新しい出版社が見つかった事に安堵します。そして、鬼太郎の最終巻のことや河童の三平の連載に関する事などはどうなったのか。

と聞くと、なぜか不機嫌になり、書斎に閉じこもってしまった茂の真意がわからず戸惑うのでした。

スポンサードリンク

 

『ゲゲゲの女房』話感想

村井家に突然降りかかった4つの災難

  • 深沢の長期入院に伴い、三海社の消滅
  • 茂の描いた鬼太郎の最終作の原稿が行方不明
  • 収入0円かつ茂の失職
  • 春田図書出版で短編作を頼まれたのですが”水木しげる”という名前は伏せる事

これまで、茂は、富田書房⇒三海社⇒春田図書出版で執筆活動をしているのですが、そこで見えたことは、三海社の深沢という人物が神のような存在だった。

原稿料の支払いも渋ることもないですし、単に売れるとか売れないという判断で漫画を出版するのではなく、質の良い漫画にこだわっていました。

そして、茂のやりたい事を全面的に応援していたかなり稀な存在だったんですね。

そんな三海社が消滅してしまった事でおきた悲しい現実。そしてあらたな出版社はもう、屈辱の連続でした。

水木しげるが受けた屈辱の理由

  • 精魂込めて描いた河童の三平の原稿を平気で汚す
  • 水木しげるのペンネームを伏せる事を条件に短編連載を1本許可

 

この経緯をしっかり把握していれば布枝も、茂がイラつく真意がわかるはずなんですけども、たぶんそういう事を言うキャラではないですから。

さてさて、仕事はとってきたものの不安は消えない村井家の行方でした。

風呂屋のおしゃべり女将が、新しく始めた美容クリームのセールスレディですがこれが何だか新たな展開を巻き起こす伏線となりそうですね。

”私働きます”というタイトルですからね。気になる方はこちら

『ゲゲゲの女房』見逃し配信はFODプレミアム

連続テレビ小説【ゲゲゲの女房】の見逃しでみるなら、FODプレミアムでみることができますが、この手段は初期登録や月額888円費用がかかります

TVerで、前回放送分のみですが放送後に期間限定(約1週間)で無料で視聴できます。

視聴者にとってうれしいのが、会員登録の必要もなく手軽に視聴できる。という事です。

ただ、この方法は基本的に期間が限定されてますし、全話を視聴する事はできないです。

リアルタイム配信でなかなか見る事ができなくて、録画すればいじゃないって、思うんですけどね。ただ、私生活が忙しくて、録画作品がたまってしまうことってありますよね。

TVerでも同じような、経験って起きたりして気づいたら配信期間すんでる∼って最悪じゃないですか。(経験あります)

FODプレミアムなら、時間的な制約は基本ありませんから、自分が見たいときに視聴することができるのがウリですよね。

更に月額888円なんですけどもこのVODの劇ヤバ特典として

  • 毎月8のつく日に(8日、18日、28日)にFODプレミアム会員限定で400ポイントもらえますから毎月1,200ポイント勝手にゲット!

  これだけで、月額888を上回る特典が利用できます!!

  •  FODプレミアム登録した場合は、無条件に毎月100ポイント進呈。

ですから毎月、1,300ポイントが入ってきます。もちろん、他にも特典満載ですから、手間と月額費用がかかる、FODプレミアムをおすすめするんです。

FODプレミアム登録に関する関連記事はこちらです。

FODでポイントを追加する方法とお得な購入方法や使い方を紹介!

FODプレミアムの1ヶ月無料お試し期間にスマホやPCから登録する方法!

まとめ

『ゲゲゲの女房』50話のネタバレ&感想をお伝えしていきました。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です