『なつぞら』89話ネタバレ&あらすじや感想紹介にフル動画視聴法も‼︎

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』89話のネタバレや感想をお伝えしていきますね。

耳より情報

『なつぞら』の1話から最新話の見逃し配信はU‐NEXTで視聴する事ができます。NHKの公式オンデマンドでも視聴できます。

しかし、U‐NEXTなら初回1,000ポイントもらえますから、このポイントを使って視聴する事もできます。

『んつぞら』すぐ見たい方こちら

 

『なつぞら』89話ネタバレ&あらすじ

動き出す短編映画

”ヘンゼルとグレーテル”のストーリーが決まったなつたち。

坂場はストーリーを脚本にしてそれを神地(染谷将太)とともに絵コンテをするこになります。

大沢はその事に大きなため息をしました。

咲太郎が立ち上げた声優プロダクションに依頼が入ります。作品は30分シリーズの西部劇。その1話に出演します。

 

本番では、声も効果音も一発どり。些細なミスも最初からやり直しでした。

岩ちゃん
岩ちゃん
なかなか厳しいですね。


緊張が高まる中で始まった本番では、意外と亀山とレミ子は思った以上にうまくこなしていきます。そんな姿に咲太郎の表情は自然とゆるみます。

そんな中で、藤田の子分が声入れを始めるのですが、声のタイミングにズレがでてきます。当然やり直しとなります。

しかし次は、雪次郎の”なまり”が問題となります。北海道特有のイントネーションが引っ掛かり何度もやり直しとなります。

喫茶店リボンにて

なつは麻子に兄・咲太郎の声優プロダクションを紹介します。

スポンサードリンク

咲太郎が声優プロダクションを立ちあげたので、影響で声優を紹介することができると伝え、麻子が短編映画に乗り気じゃないのか、面白くないと感じるの?と、なつは聞きました。

麻子「面白くないといったら、どうするの?」

なつ 「やめます。私は麻子さんが納得しないと嫌なんです。私は麻子と一緒に作りたいんです。もちろん、納得いくものを。日本で初めて原画になる女性は麻子さんしかいないと思っています。この会社に入った時から麻子さんは私の目標なんです。だから、納得のいくマンガ映画を作って欲しいんです。それを私も一緒に作りたいんです。

麻子「あなたって、ずるいわ。そうやって、何でも一途に自分の情熱だけを貫こうとするんだから。周りで悩んでいるいる人は何も言えなくなるでしょう。でも、モノを作るには大事な事よ。それが、ないとすぐに妥協するからね。だから、私の事なんて気にしなくていいの。あなたは作品のことだけを考えていなさい。

 

『なつぞら』89話感想や反応

麻子のエールが印象的でした。なつの性格や情熱が人をひきつけるんんでしょうね。

そして、咲太郎の立ち上げたプロダクションが早速うごきだすのですが、雪次郎の北海道なまりが足をひっぱってしまいましたが、何とも素朴さを感じます。

まとめ

この記事では『なつぞら』89話をお伝えしていきました。

見逃し配はU‐NEXTで視聴することができます。

『なつぞら』90話ネタバレ夕見子が東京進出に困惑その意図は!?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です