『なつぞら』91話ネタバレ&あらすじや感想紹介にフル動画視聴法も!

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』91話のネタバレや感想をお伝えしていきます。

夕見子が今回もドシドシ登場し注目をかっさらうこの章も非常に面白い内容となっておりました。

『なつぞら』91話ネタバレ&あらすじ

夕見子の恋愛観が周囲の困惑を誘う

おでん屋・風車では、カスミの歌に合わせて思いっきり踊り楽しいひと時を過ごした、咲太郎、なつの仕事仲間たち。

改めて、乾杯をして愉快な時間は続きます。

夕見子は感じた事は何でもストレートにぶつけてきますし、そんな彼女に負けることなく、意見を伝えるなつ。

岩ちゃん
岩ちゃん
本当の家族のようですね。

なつと夕見子のやりとりを聞いていた。カスミは「駆け落ちでもしたの?」と聞くと…。

「世間の目から見るとそうなりますね」とあっさり認めてしまいます。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
駆け落ち∼!学生のみやろに…。

お酒がまわってきたのか、夕見子は独自の恋愛観を話し始めます。

世間と関係なく生きられないから、駆け落ちしたんです。このまま北海道にいたら、、親にもわかって、2人はどういう関係なんだとか結婚する気があるのかないのか、認めるとか認めないとか、そうゆうことから自由になる為だわ。

更に雪次郎の「その男の人を愛しているの?」という問いに対して…。

愛って何さ?何だべ?教えてあげる。愛ってこころざしよ。男の存在には愛を持てないけど、このこころざしだったら、愛を持てる。ただそこにその人がいるだけで好きなんてありえないでしょ。愛の不合理さを認めるから女は不幸になるんです。
ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
相変わらず、夕見子の合理的な主張に周囲は困惑するのですが、お構いなし。

岩ちゃん
岩ちゃん
若いということなんでしょうか。

その夜、由美子の部屋に泊まる事になった夕見子は彼女に彼氏の事を少しずつ話します。

相手の男性は同じ大学の物書きをしている人でジャズの評論も執筆している教養人のようでした。

岩ちゃん
岩ちゃん
講師?…教授??

騙されてはいないと強く主張するのですがなつは強く心配します。その男性に合わせて欲しいと頼むのでした。

翌朝、なつを安心させるため、亜矢美は由美子に風車で働くように誘います。咲太郎の事務所の電話番の仕事と兼務となるのですが。

この誘いに承諾した夕見子はしばらく働く事になります。

 

短編映画ヘンゼルとグレーテル

【ヘンゼルとグレーテル】は急ピッチで作画作業が開始されます。

神地は新人の立場でありながら、周囲にフランクに「なんちゃん」「まこさん」「茜ちゃん」と呼ぶののですが、彼は態度とは対照的に実力がありました。

スキルの高さに、周囲は認めざる終えない程で麻子は「神っちと呼んであげましょう」と言わすほど。

スポンサードリンク

岩ちゃん
岩ちゃん
さすがです。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
麻子となつが初めてであった時、非常にキャリアウーマン的で威圧感満載な印象でしたが、こういう一面を持ってるんですね。

その頃、会議室では仲と井戸原が坂場を呼び、【ヘンゼルとグレーテル】が社会風刺を含んでやしないかと強く、詰めよっていました。

”悪魔”の上に”魔女”が登場しているのですが、これは、”アメリカ”と”日本”の関係を示唆していないかと、疑っていました。

 

しかし、坂場は見る側がどう受け取ろうが自由ではないか。と主張します。

 

仲「もちろん、自由なんだけど純粋に子どもが楽しめるものにしてほしいだけなんだよ」

 

坂場「その考え方はもう、古いんじゃないでしょうか。漫画映画は子どもが見るものだと決めつける考え方です」

 

…確かに、坂場の主張はわかりますよね。幅広い世代が漫画映画に親しみを持っていいのではないかという意見と、”社会風刺”という言葉を引用しながら、漫画映画は子どもの見るものという、仲と井戸原の主張。

お互いの意見は一歩も譲りませんね。

 

その頃、東洋動画作画課では、麻子となつが時間を惜しんで残業していました。

麻子は先日、夕見子が主張していた、”恋愛観”について同意見であると言います。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
麻子と夕見子はきっと話しがあいそうですよね。

麻子曰く、女にとって結婚もこころざしでしょう。するかしないかも含めて女は何を一番に考えるかで生き方が決まってしまうんだから。ただ、どんな選び方も他人に責められることはない。

おっしゃる通りですよね。確かに、女性には出産という、大きな役割も担っています。女性という立場はこの時代まだまだ、社会的にも弱いですからね。

なつは仕事を済ませ、家に帰るとなぜか泰樹の姿…。いやいやよく見るとそれに近い年頃のおじいちゃんがいました。

そのじいちゃんこそが夕見子の駆け落ち相手でした…。

 

『なつぞら』91話感想や反応

恋は盲目という言葉がありますけれども、まさか夕見子の駆け落ち相手がじいちゃんとは…。

今ででこそ、そういう歳の差の夫婦もいてますし認知もされてますけども。時代先取りしすぎでしょうよ。

せっかく、北海道大学まで入学してじいさんと駆け落ちなんてアカンでしょう。柴田家娘がやらかしますな∼。

さてさて、大きな爆弾を背負ってやってきた夕見子の恋はどうなるんでしょうね。

 

とは言え、彼女の恋愛観には、切れ者麻子が賛同しておりました。たしかに、どういう人生を歩んでいくかという事はしっかりと考えておかないと、後で後悔しても遅いですし。

結婚が全てではなくなってきておりますもんね。麻子自身も結婚に重きを置いていないのかもしれないです。麻子の恋事情にも今後注目したいところですが何か大きな話題をうむんでしょうか。

 

まとめ

この、記事では連続テレビ小説【なつぞら】91話のネタバレ&あらすじや感想を詳しくお伝えしていきました。

夕見子が駆け落ち…しかもじいちゃんと。さてさてどんな結末に向かうんでしょうね。

この作品はU‐NEXTで見逃し配信しております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です