『ルパンの娘』原作ネタバレストーリーが最高!動画視聴はできる?

スポンサードリンク

2019年夏の木曜劇場『ルパンの娘』が放送開始となりました。

この作品では、深田恭子主演で瀬戸康史との異色の家族をもつふたりが織りなす奇想天外なラブコメディとなっています。

この作品には原作が存在しており今回は原作の方のネタバレをしていいます。先に結果を知っておきたいという方にはおすすめです。

『ルパンの娘』の動画を見たい方必見

この作品のフル動画がFODで配信開始となって降ります。(2019.7時点)普段忙しくてなかなか視聴する事ができないという方も多いと思います。

こちらのFODプレミアムでしたら、初回入会31日の無料期間もありますから、初月888円かかりません。(入会時要確認してください。)

 

原作『ルパンの娘』ネタバレ&あらすじ

三雲華(泥棒一家の娘)と桜庭和馬(警察一家の息子)はある運命的な出会いから交際をしておりました。お互いの素性は全く知りません。

親密な関係は続き、結婚を真剣に考え始めます。

そんなある日、初めて和馬の家族にご対面する事になります。和馬の祖父・和一は元捜査一課の課長。和馬の祖母・伸枝は元警察犬訓練士。和馬の父・典和は警視庁警備局員。和馬の母美佐子は・鑑識官。和馬の妹香は交通課の婦警。愛犬のドンは元警察犬。

何と、ワンちゃんまでも(元)警察官という、きっすいの警察家族でした。

 

ここまでくると、普通の一般人ですら引いてしまうレベルです。ですから、社会的な体裁は当然のごとく意識します。交際相手の社会的背景および家族背景は超必須…。

歓迎された華でしたが、もう、魂が抜けて幽体離脱してしまいそうなほどの絶望に襲われるのですが必死に繕います。

 

彼女の家族は…。

  • 祖父・母:伝説の鍵氏
  • 祖父・巌:伝説のスリ師
  • 父・尊:美術品専門の泥棒
  • 母・悦子:宝飾品専門の泥棒
  • 兄・渉:ハッカー
  • 華:巌からスリの技術を徹底的に学んでおり一流泥棒

 

華は泥棒である事に違和感を覚え、自身は司書として普段は生活しています。

 

意気消沈し桜庭邸から帰宅した彼女は、河川敷で顔が潰され判別不能な遺体が発見されたというニュースを見ます。遺品は”M”というイニシャルが刺繍されている、ハンカチのみでした。

なんていう残虐な仕打ち…。想像しただけでゾットしてしまいます。

 

指紋を調べると、身元はホームレスの立嶋雅夫である事がわかります。これを知ったは思わず動揺してしまいます。

 

実は以前、巌から頼まれて、警視庁のデータベースに侵入し、立嶋雅夫の顔写真と、指紋を巌の物にすり変えていました。

 

動揺する三雲家は、真相を確認すべく尊と華は病院の霊安室に忍び込み、遺体を直接確認すると、顔の識別は全くできないものの、手がかりとなる身に着けていた結婚指輪は巌のものでした。

 

この事件を、和馬と和馬の先輩刑事・巻栄一でこの事件を担当することになります。

和馬は武器は推理力の高さや才能を存分に発揮していきます。

捜査を続けていくなかで、データベース上の立嶋雅夫が三雲巌という伝説のスリ師で、華の祖父である事や、三雲家が”Lの一族”である事に気付いてしまいます。

華とは真剣に結婚を意識していただけに戸惑いを隠せず心境の動揺は非常に大きくありました。

追い打ちをかけるよに祖父・和一から衝撃の事実を知らされます。

和馬の祖父母・和一と伸枝、華の祖父・巌は明成大学の同級生でした。巌が和一と伸枝が付き合うきっかけをアシストしたことで3人は意気投合します。

そんなある夜の事、和一は用事があって彼女を送る事ができず代わりに、巌が伸枝を送り届けるのですが、その途中で不運にも暴漢に襲われてしまうのでした。

彼は必死の反撃により大きな被害もなく済んだのでしたが、巌は強い責任を感じ復讐を誓うのでした。

彼はそこからスリ師の仕事を続けながら、逃げた暴漢犯を探し続け、和一とも密かに連絡を取り続けていたのです。

華を結婚相手として真剣に考えていた和馬でしたが、悩みに悩みを重ねた結果、警察官としての正義感を優先します。三雲家を”Lの一族”として、指名手配し摘発します。

当然、華と和馬の結婚は白紙となります。三雲家も一家離散し嘘の戸籍を取得し身を潜めて生活する事になります。

”Lの一族”を摘発し1年が過ぎていました。和馬は先輩刑事・巻のいとこである橋元エミリとお見合いをして結婚式を1週間後に控えておりました。

スポンサードリンク

世間は”Lの一族”の存在など既に忘れていましたが、和馬はいまだに三雲華に対して淡い想いを寄せていました。

そして、立嶋雅夫(=三雲巌?)の殺害事件に関する捜査を続けていました。そして、ある結論に至ります。

遺品とされていた、ハンカチは実半人のもので、イニシャルが”M”の警察関係者のものではないかというのです。

なぜ、警察関係者?なんでしょうか。

しかし、この仮説を参考に再度丁寧に調査をしたところ、ついに該当者が見つかるのですが、何とそいつは和馬の先輩刑事・巻でした。

ただ、決定的な証拠に欠けすぐに逮捕することはできませんでした。

その頃、和馬の結婚を聞きつけた、華の兄・渉は彼女の為に三雲家を集結させある計画を立てます。

それは、結婚式から和馬を拉致ることでした。

戸惑いを隠せない華をしり目に盛り上がる三雲家は綿密な計画を練り式当日、見事に和馬を拉致ります。この辺り、さすがLの一族と言われるだけあります。

久しぶりの大仕事にも関わらず、一糸乱れぬチームプレイと策略でした。

監禁されてしまった、和馬は動揺するのですが、彼はある事を閃きます。この状況を利用して、三雲家に巻逮捕に協力して欲しいというのです。

三雲家はこれを快諾し、あっというまに巻刑事を追い詰めるべく必要な証拠を集めていきます。

和馬は結婚式の余興と称して巻を呼び出し、三雲家と協力しついに自供させます。

巻は祖父に頼まれて立嶋雅夫(三雲巌?)を殺害したのでした。

実は伸枝を襲った犯人は巻の祖父でした。彼に脅しをかけてきた立嶋雅夫(三雲巌?)を口止めするために孫に殺害を依頼するのでした。

普通、孫に殺害なんてさせませんけど、そういう事をする輩の価値観はやはりズレてるんでしょう。しかし、孫の巻も敬意を抱いていた祖父からの頼みとは言え引き受けないものですけど…。

まして、警察官という身分ですから。

巻は逮捕されてしまい一見落着ですが、今回も、結婚は破綻となった和馬。しかし、華と深い愛で繋がっている事を再確認しあった事でふたりは一緒に生活する事を決意します。

華と同棲をはじめて3ヶ月が過ぎた頃の事です。2人は三雲家に呼び出されます。

一体どういう事なんでしょうか?

様々な感情が入り混じる中で、新しい三雲家の新居を訪ねるとそこには、和馬の祖父・和一に死んだはずの巌の姿まであります。

実は…巌は死んでなどいませんでした。

彼は長い間探しもとめていた、伸枝を襲った犯人をついに見つけるのですが、何と、警察官という職業にうかつに手をだせない状況でした。

そこで、巌そっくりのホームレスを探しだし、立嶋雅夫を身代わりに巻の祖父に謝罪を要求するのですが、そこで欲をだした彼は独断で巻の祖父や巻に金銭の要求までしてしまい殺害されたのです。

 

立嶋雅夫の死を知った巌と、和一は家柄が全く異なる、華と和馬が結婚したら面白いとなり、驚きの計画を立てました。

 

それは、警視庁のデータベースを書き換え、立嶋雅夫本人の顔を潰し、巌が死んだという嘘の情報を流します。

和馬に真実に近づけるよう少しづつヒントをちらつかせ、巌や華の正体がバレるようにわざと仕向けていたのです。

 

和馬と華は、この事件を機にお互いの秘密を打ち明け、結婚に踏み切ります。

 

お互いの、祖父の壮大な計画に呆れるふたりでしたが、そんな巌と和一を驚かすドンでん返しを華はします。

なんと、和馬との間に子どもができたのです。

ひ孫ができる事まで考えてなかった2人は驚きながらも、大いに喜びます。

原作『ルパンの娘』の感想やドラマの予想

今回は原作『ルパンの娘』のネタバレをしていきました。

いや~面白いの一言ですね。大学の時の友人である、巌(Lの一族)と和一(警察一族)がお互いの孫を巻き込んだ壮大なストーリー。

華と和馬交際⇒破綻⇒再開し同棲⇒結婚

とすべてのプロセスは完全に想定内の出来事で華と和馬が結婚するのですが、正直周囲はかなり迷惑ですよね。

そもそも出発動機は”異色のふたりが一緒になったら面白そう”ということだけですから。

 

さて、ドラマの方では、1話で和馬が事件の捜査中に拉致られてしまい。華に救出されるという展開ですが、今後、2人あ無事、ゴールインとなるんですかね。

 

それとも、オリジナルな展開へとすすんでいくのか見ものです。

 

まとめ

原作『ルパンの娘』のネタバレや感想を主にお伝えしていきました。

大泥棒、Lの一族の祖父・巌と警察一族の祖父・和一が仕組んだ壮大なストーリーに目が離せませんでした。

一旦は別れてしまった華と和馬ですがハッピーエンドとなりスッキリ。

この作品は動画でFODプレミアムで視聴する事ができます。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です