『なつぞら』95話ネタバレ&あらすじや感想紹介にフル動画視聴法も‼︎

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』95話が2019年7月19日に放送されました。という事でこの記事で、はこの作品のネタバレや感想を詳しくお伝えしていきます。

夕見子を迎えにやってきた泰樹は静かに夕見子たちの一部始終を見守っていましたが…。

 

『なつぞら』95話ネタバレ&あらすじ

駆け落ち騒動の結末

すべての事実が柴田家にも知られてしまった事で、夕見子は東京を離れると言ってきかない彼女を必死に説得するなつ。

お互いに好きであるにもかかわらず、親に黙っている事に対しておかしいと訴えます。

 

夕見子は相変わらず、結婚を親に認めてもらう事がなぜ、重要なのかと、訴えかけます。

高山が口を開くのですが、もう無責任な言動に周囲は仰天してしまいます。彼は人間的に全く成熟していない。金持ちのボンボン息子だな∼。と、感じずに入れません。

それは、夕見子との駆け落ちも辞めると言い出したのです。

あまりに、無責任な言動に困惑しながらも夕見子は説得するのですが、嫌な事から逃げたいのでしょうね…。

 

俺は本気ではなかったよ。(駆け落ち)は勢いでないです。本気で駆け落ちがうまくいくなんて思ってなかったです。

 

岩ちゃん
岩ちゃん
なぜ、夕見子はこんな男にひかれたのかさっぱりわかりません。彼の取った行動はタダの家で?いや、気分転換に東京にやってきただけ?

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
駆け落ちごっこです。巻き込まれた、夕見子めっちゃ被害者…。

高山の無責任すぎる言動に「どういう事」と言うのですが…当然ですよね。

2人はそこから言い合いになります。

高山はそもそも、ジャズの原稿を描いたものの出版社から受け入れてもらえなかったのでしょう。思うように物事が運ばない事への失望に加え、夕見子ははっきりと伝えるキャラ…。

彼は夕見子が女として甘えてこない事にも不満をぶつけてきます。計算高くて、偉そうで傲慢、愛情なんて全く感じたことはないと言います。

とにかく、もう今の現状から逃げ出したい彼の心境が大いに伝わってきます。

 

夕見子と高山のいたいケンカを聞いていた、なつ、咲太郎、亜矢美でしたが、なぜかなつはしくしく泣きだした事に違和感を覚える兄。

 

なつは夕見子が女として、甘えようとしないのは自分のせいだ。と言い出します。

9歳というまだ両親に甘えたいさかりに自分がやってきたことで、夕見子は甘える事ができなかった。そんな状況にも関わらず、なつ自身を受け入れてくれまるで姉妹のように接してくれた。

結婚に対して、冷めた言動をとるのはそのせいなのかも…。

しかし、一度も偽ってきたことはなくてどんな時もはっきりと感じた事は言ってくれてきた。夕見子ほど素直な女性は他にいないと言います。

 

夕見子が計算高くて偉そうなんて、全く理解していないと詰めます。さらに、あんた(高山)と夕見子の結婚は私が絶対に認めない。と言います。

まるで、彼女の両親みたいですが、なつにとって本当に大切な存在ですからね。

 

そもそも、結婚なんてするつもりはないと、冷静にツッコむ夕見子と高山が若干受けます。

結局、高山はその場から逃げ出してしまおうとするのですが、玄関に泰樹が立っており一部始終聞いていました。

お前か…と高山をぶん殴ります。倒れた彼はひるみますがそそくさと風車を飛び出して逃げていきます。

 

北海道から東京に女連れて逃げてきたうえに、無責任な言動で全てを捨てて逃げていく彼の姿が非常に残念ですね。今間のままでは、継いでも会社潰すのがオチな気がします。

スポンサードリンク

夕見子は泰樹の姿を見るなりおじいちゃんに飛びつきます。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
ずっと、強がっていたんですね。

岩ちゃん
岩ちゃん
はじめて、見せた姿ですね。

 

夕見子の駆け落ち騒動も一見落着します。新宿まで泰樹と夕見子を送るのですが思いついたように”パフェ”が食べたいと言い出します。なつは仕事があり同行できず、夕見子が泰樹を案内することになります。

何気なく見つめていた、泰樹の後ろ姿になつはある事をひらめきます。

東洋動画

【ヘンゼルとグレーテル】での最後の怪物を描くのに、わざと後ろ姿を描写したのです。そうることで、木の歴史を感じる事ができる。”樹齢”を後ろ姿から描いたのです。

これには、坂場も驚き、名案だと称賛します。

坂場と仕事を始めた当初は彼のやり方に強い抵抗や不信感を抱いていた麻子でしたが、次第に彼のやり方を受け入れていました。

もちろんなつも。

岩ちゃん
岩ちゃん
いよいよ、短編映画作成も佳境です。スッタフの間の信頼関係もいい感じ。

ピ∼ちゃん
ピ∼ちゃん
完成が楽しみですね。

『なつぞら』95話の感想や反応

これまで、泰樹と夕見子の絡みは十勝編でもほとんどありませんでしたが、北海道へ帰る道中仲良くすごすんでしょうね。

泰樹の左フックが何とも爽快でかっこよかったです。

 

「抹殺」というセリフが若干しらけてしまいました。ただ、ここぞという時の存在感ヤバいですね。まさに、『ヘンゼルとグレーテル』に出てくる正義の木の悪魔的なかんじです。

残念な恋でしたけども、新しくいい恋を見つけるといいですね夕見子。

 

短編映画の方も着々と進んでていよいよ完成です。

 

まとめ

この記事では、『なつぞら』95話のネタバレ&あらすじや感想を中心にお伝えしています。

泰樹の左フック見てみたいという方は、U‐NEXTでフル動画(全話)見れますから是非チェックしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です