『ゲゲゲの女房』76話ネタバレ&あらすじや感想!フル動画紹介も!!

スポンサードリンク

連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』76話のネタバレ&あらすじや感想を詳しくお伝えしていきます。

飯田に戻ってきた布美枝でしたが、そこには大きな火種が存在していました。一筋縄ではいかないいずみに優しすぎる故に身動きできない貴司の問題が明らかになっていきます。

 

さて、FODプレミアムでこの作品をフル動画で全話みることができます。詳しく知りたい方はこちらの記事もあわせてどうぞ。

『ゲゲゲの女房』全話をフル動画で無料視聴する方法は?

2019年7月11日

『ゲゲゲの女房』76話ネタバレ&あらすじ

貴司と改めて話しをする布美枝。

この女性はみどりと言います。ミシンや編み機の販売をしている家の一人娘でした。

その為、結婚するなら婿をとり家を継ぐ必要があります。

彼女のとのお付き合いの話しをしようとした矢先、照子から縁談話しが持ち上がってしまいます。それに乗り気の源兵衛、新たに酒屋を出店する計画もたてておりました。

完全に本心を言うタイミングを逃してしまったのでした。

その頃、調布でも一人で生活をしているしげるのもとにハルコが訪ねてきました。

ハルコまた、パチンコで大当たり。大量の缶詰めをみやげにもってやってきたのです。

浦木から嵐星社という出版社を深沢が聞き早速会いにいったというのでした。そこで、自身の描いた漫画もみてもらったんですけど、まだまだ個性にかけると指摘されたと言います。

茂は仕事がたまっており、仕事に就くのですが、しげるのアシスタントだと言い出しお茶を入れたり、家事を始めたりとうれしそうにあれこれ始めます。

洗濯物を干していると、浦木やってきました。彼はパチンコ屋さんに彼女の姿がなく、心配してやってきました。

不安は的中し一生にデートに行こうと誘うのですが、アシスタントを辞めようとせず、ごちゃごちゃ騒ぎ出します。

あまりにの騒がしさにブチ切れた茂は2人とも帰れ!と追い出す始末。

【飯田家に浮上した問題】

  • 東京に行きたいといっていた、末っ子のいずみが親に隠れて東京の会社に就活をしていたのです。
  • 貴司の隠していたことがバレます。

飯田家でも大きな波乱があらわになって降りました。こそこそ隠れて、東京の会社に仕事はないか問い合わせていたのですが、その返事が源兵衛あてに来たものだと勘違いした母・ミヤコが封を開けて、父にみせたのです。

いずみは、松江の短大を卒業し小学校の先生になるという進路を考えていた源兵衛は烈火のごとくブチ切れ怒鳴りました。

スポンサードリンク

自信の言う通りにしとったらみんな幸せになるんや。黙って従えと…。

それに異論を唱えさらに、貴司は本当は縁談なんかしたくないという事を父に初めてバラしてしまいました。

布美枝はいずみに東京の生活もいい面ばかりではないと、諭すのですが全く伝わりません。

そして、東京にいって3年半もかえってこんとうちの気持ちなんかわかるか。お姉ちゃんが酒屋継げばよかったでしょ。

もう感情的で意固地になってしまった彼女はとまりませんでした。

久しぶりに飯田家に帰省し平穏な空気が流れていると思ってたのですが、ここでもいくつもの火種が存在していた事をしり複雑な想いになるのでした。

『ゲゲゲの女房』76話感想

【飯田家の抱える問題】

  • 松江の短大に通ういずみはどうやら勝手に東京の会社に就活を申し込んでいました。
  • 貴司に彼女がいて結婚をする場合、婿養子になってしまう。

飯田家には大きな火種が実は複数存在していたんですね。

フミエの性格になんだかそっくりですね。自己主張が非常に強くて父にも思ったことはガンガン伝えていくあたりなど。

彼女は仕事で単身に東京に行きたいというのですが、確かに反対する両親の気持ちは納得できます。

まだまだ、男性社会の風潮がつよいこの時期に一人でやっていくということは相当に大変です。

また、貴司に持ち上がる問題は縁談の話しも進んでいるだけに余計に複雑です。飯田家や長い目でみるなら絶対に縁談をチョイスしたほうが自身の立ち位置も確立しているので絶対おすすめですが。

ただいま、恋愛真っ只中の状態でかつ優しすぎる貴司はどうしたらいいかわからなっくなってしまっている。

ただ、優しすぎて物事を決める事のできない状態で商売をうまく続けていけるんでしょうか。今は、源兵衛という軸となる人物がいますがそれもいつかはいなくなりますからね。

2人の動向から目が離せませんね。

【布美枝不在の村井家】

こちらもざわつきますね。また、パチンコで勝って戦利品(缶詰め)を大量に差し入れにやってきたのですけども。

布美枝が実家に帰省している事を知るやゴソゴソと勝手に家の事までやりだしましたからね。

よかれという想いよりも、自身のしげるへの思いが先走っている感が凄いでています。危険を察知してやってきた浦木が止めにはるんですけども私欲のため。

奥さんのいないところで勝手に若い女が入ってはアカンでしょ。というのですけどその通りです。そもそも、仕事に没頭しているしげるからしても非常に迷惑な話しです。

ハルコは完全に漫画の方は停滞期のほうですけど、このタイミングでパチンコやら茂に対しての色恋やらなんだか完全に横道にそれていますけど…。

このままハマりこまないか若干気になるところです。

最後に

この記事では、『ゲゲゲの女房』76話のネタバレ&あらすじや感想をお伝えしていきました。

飯田家に戻った布美枝はそこに存在する新たな問題に直面しました。

 

また、調布の家の方でも何だかザワツキが立ち込めていました。

 

『ゲゲゲの女房』を全話フル動画でみるならFODプレミアムでみることができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です