『なつぞら』106話ネタバレ&あらすじや感想紹介にフル動画情報も!

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』106話ネタバレ&あらすじや感想を詳しく紹介していきます。

坂場のこだわりによりなかなかすすまない、映画作製でしたが大きく前進しました。そのきっかけはやはり彼。

他にも見どころ満載の見どころつまったこの章をお伝えしていきます。

 

U‐NEXTならこの作品を全話見る事ができます。

『なつぞら』106話ネタバレ&あらすじ

【東洋動画・作画課】

仲から手渡された封筒には”キアラ”のイメージ画が入っていました。坂場から画の提出を求められたなつは”ある画”を見たらそれ以上のものはできなかったといいながら、それを手渡します。

 

仲が描いて、私に託したとはなすなつ。

 

坂場はそのキャラクターがイメージ通りのキアラであると興奮します。その画に興味津々の仲間たちも絶賛しました。

 

なつは、仲さんだけが、あなたの心の中を理解していた。仲さんだけがキアラの魂を描くことができたんです。と、話します。続けて、同じアニメーターとして、心から尊敬しています。と誇らしくはなすのでした。

 

さすがですね。相手の話しを汲み取りニーズにこたえるスキルすごい。

 

その時、仲が作画課にやってきます。ヒーローの登場にみんなが駆け寄ります。坂場は「仲さんお願いします。仲さんの力を貸してください」と頭をさげこれまでの失礼な対応についても謝罪します。

 

仲は快く引き受けてくれます。

 

【おでん屋・風車】

坂場はなつを自宅まで送りました。キアラが決まったことで加速して動き出す制作作業に自然と会話もはずみます。

 

亜矢美に咲太郎はいますか。と聞くのですが、慌てながら挨拶なんて今日はいいからという、なつ。

 

普通の挨拶だよ。と答えるのですが…。

それを聞いた亜矢美は驚きます!

普通のって…ことは、普通じゃない挨拶もあるってこと?っと整理します。

 

 

坂場は普通じゃない挨拶も、そのうちさせていただっこうと思っています。と亜矢美に伝えるのでした。

 

あ∼!ついに来た。この日が!この時が!と、わが子のようにガッツポーズをしながらよろこびます。

 

咲太郎に電話をしようとする、亜矢美に「あ兄ちゃんにはまだ言わないで。映画が完成したら2人で報告したいから。と、話します。

 

まだ、家族に話しをしていないという坂場に。自身が戦争孤児であるという事を気にします。

しかし、過去のことは気にする必要ない。君には不憫な思いはさせない。と力強く話します。

気難しくて、一筋縄ではいかないという印象ばかりが先走りますが、男らしい一面を見せてきました。

スポンサードリンク

 

【まさかの結末…】

翌年、昭和41年(1966年)の夏に完成しました。坂場が初めて手掛けた『神をつかんだ少年クリフ』は公開させたのですが、完全に滑ってしまいました。

 

おかげで東洋動画は大きな負債を背負うハメになりました。

『なつぞら』106話感想

さて、仲のファインプレーにより難航していたキアラも決まりましたね。

前話では坂場に大きな悩みを抱えていたのですが、うまく帳尻を合わせてきました。しかも、皆を黙らせるパフォーマンスに魅了されました。

 

それにしても、亜矢美の鋭い観察力にあっぱれです。”普通の挨拶”というキーワドからなつと坂場の関係を見抜くなんてあっぱれでした。

まるで、我が子のように喜ぶ亜矢美の様子が非常に印象的でした。

最後に

この記事では、『なつぞら』106話のネタバレ&あらすじや感想ををお伝えしていきました。

 

この作品はU‐NEXTから視聴する事ができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です