朝ドラ

『なつぞら』109話ネタバレ&あらすじに感想紹介に見逃し配信情報も!

投稿日:

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』109話のネタバレ&あらすじに感想をお伝えしていきます。

なつと坂場は結婚を報告すべく彼女の育った柴田牧場を訪れます。

 

 

U‐NEXTではこの作品を全話視聴することができます。動画が気になるという方はとりあえず試してみる事をおすすめします。

 

[btn class=”lightning big”]『なつぞら』動画を見たい方はこちら[/btn]

 

『なつぞら』109話のネタバレ&あらすじ

【柴田家を訪問したなつと坂場】

事前に聞いていたものの、みな身構え神妙な雰囲気で二人を迎えます。そんな様子もあり、緊張しながらも坂場は挨拶を済ませ、

お嬢さんを私に下さい。

と、言いながら頭を下げるのでした。

 

そんな坂場に、

ふつつかな娘ですが、どうかよろしくお願いいたします。と、彼の申し出を受け入れた剛男と富士子はなつの結婚を祝福しました。

 

そんなやりとりをじーっと静かに見つめている泰樹に対して何か話すことはないのか、と促す富士子。

 

なつを本当に幸せにできるのか?

と一言確認する泰樹に対して言葉が詰まってしまう坂場。そんな様子に、なぜ、沈黙するのか?という泰樹。

剛男と富士子よりも、凄い雰囲気を発している。ずっと、なつを本当の家族同様に一緒に接してきましたからね。

坂場の答えは

幸せにしますきっと。となんだか煮え切らない反応に表樹はみるみる曇る泰樹でした。

 

いつも、はっきり言い切る彼が中途半端な反応するのはきっと無職だからでしょうね。107話で彼は辞表だして結局仕事辞めましたからね。

 

みかねたなつは、これから先の事はわからないからね。と言うのですが、泰樹はすかさず、「わからないから約束しとるんじゃ」と一蹴します。

 

そんな泰樹の危機迫る威圧感に完全に焦ったのでしょう。なつを見つめながら、仕事を辞めてしまった事を伝えるのでした。

 

まさか、結婚するという男が無職だなんて予想だにしない柴田家一同は仰天しザワついてしまいました。

 

その時でした!!

「どうでもいいでしょう。そったら事は」と重たい雰囲気を変えた一言の主は剛男でした。続けて、

なつが決めた結婚相手に文句する必要あるのかと泰樹の意見を真っ向から対立しました。

 

十勝編では、泰樹に対して物事ひとつまともに意見することのできなかった剛男がいつのまにかこんなにはっきりと意見するときが来るとは。世代交代なのか。泰樹が衰えたのか。はたまた剛男が強くなったのか…。

 

夕見子は、父の意見に完全に同調します。すると、柴田家もみななつの結婚に賛成するのでした。

なつは改めてじいちゃんお願いします。

と頭を下げてお願いします。坂場も必ず、なつさんを幸せにします。約束します。

と彼らしい約束をします。

 

「初めからそういやいいべや…」と言いながら一人牧場へと向かうのでした。彼は完全に敵役になってしまうのですけどもなつの事を想う気持ちは誰にも負けない素敵なおじいちゃんです。

そんな泰樹にありがとう。おじいちゃん。その背中を見つめます。

 

【牧場見学をする二人】

泰樹に対して、対等に物言いができるようになった、剛男を見直したと話します。

 

スポンサードリンク

悠吉は彼は音問別農協の専務になったことで貫禄がでたと話します。息子の菊介は、同じ農協に就職した夕見子に対して恥ずかしいところを見せることができないと言います。

 

夕見子は大学生の頃に駆け落ち騒動を起こしたりしましたがそれから無事卒業し父と同じ農協に就職しました。

彼女は現在、十勝の全農協を集めて、バターを作る乳業メーカーを作ろうとしているのでした。

素晴らしいですね。色々とあった彼女も仕事で成果を出しているんですね。

 

 

初めて牛飼いの仕事を生で見る坂場は興味津々です。すると坂場節がさく裂します。

皆さんの仕事はいいですね。生産の美を追及できるこの暮らしが、人間の美徳だ。と、何だか難しいことを言い出しました。

 

「牛飼いだから仕方なくやっているだけだ」と不快を示す菊介の言動を真っ向から否定して彼を一層不快にします。

 

菊介の感情など気にする事無く、坂場節は続きます。

牛飼いという仕事を通して、人に喜びを与える事ができるからこそ、牛飼いに誇りが持てるのではないか。と、まるで牛飼いをしているように熱く語る彼。

 

そんな様子を静かに見つめる泰樹。

 

【柴田家で囲む食卓】

砂良の父・弥市朗が捕獲した熊の肉の鍋を囲んでの夕食。堅苦しい挨拶も無事を割り和やか雰囲気の中で、泰樹もいつものように穏やかなおじいちゃんにもどっています。

笑顔をみせている様子にホッと胸をなでおろすなつと坂場。

 

柴田家のみんなの活躍ぶりに耳を傾けながらなつはうれしくなるのでした。

 

『なつぞら』109話感想

今回の主役は剛男ですねw

泰樹に対して強く、意見する場面はなつぞらをこれまでずっと見続けてきた視聴者にとって新鮮な驚きだったのではないかと感じました。

 

というくらいに泰樹に対して頭があがらない関係性でしたので。

 

坂場のタジタジ感満載の結婚の挨拶とお願いをする場面もなかなかの見どころでした。無職で結婚の申し出をするって確かに泰樹が「出直せ」というのもわかります。

 

まして、どこのもんやらわからぬ輩ですから。

 

なつを信じて結婚に同意した柴田家の面々素敵ですね。

 

さて、柴田家の夕食に登場した熊の肉を使った鍋…。がおいしそうでした。

最後に

連続テレビ小説『なつぞら』109話のネタバレ&あらすじに感想をお伝えしていきました。

この作品はU‐NEXTで全話視聴する事ができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんの朝ドラ祭 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.