『なつぞら』112ネタバレ&あらすじに感想紹介にフル動画視聴法も!

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』112話のネタバレ&あらすじに感想をお伝えしていきます。

 

『なつぞら』をリアルタイムで見れなかったけど気になる、見たい、もう一度。という声もあるかと思います。そんな方はU‐NEXTでフル動画視聴が見れますから下記からチェックです。もちろん全話です。

 

『なつぞら』112話ネタバレ&あらすじ

【十勝支庁で久々の再会】

共同乳業設立の設置届の取材にきていた、信哉と久しぶりに再会を果たし二人の結婚を喜び祝福しました。

 

坂場に対して、

なっちゃんをよろしくお願いします。

と、頭を下げお願いするのでした。

あちこちにいるなっちゃんファミリーです。もちろん、信哉も!

 

そして、自身も昨年に結婚したことを報告し驚きながらも祝福するなつ。

 

坂場ひなつが育った十勝の地を触れて彼女の新たな一面やどれだけ愛情が注がれているのかということを、ひしひしと感じました。

 

君の絵を動かしている力は、この大地に吹いている風のように、君が生きていることそのものだと感じた。また、漫画映画を作りたい。

 

改めて、演出家として活躍の場を見出して行きたいと意気込みました。

そのため、他の就職は考えられないと伝えるのでした。だから、苦労かけるかもしれないけどいいかな?と、聞くのでした。

 

そんなのいいに決まってると言いながら、彼に寄りそい、一緒にいれば力も2倍になるから大丈夫だと、優しく励ましました。

 

【柴田家での夕食】

皆揃って、ワイワイガヤガヤと楽しい食卓の時です。十勝支庁で起きたばかりの出来事がニュース放送されていました。

そこには、夕見子や剛男だけでなく一緒に同行していたなつや坂場まで映っており一層賑わいます。

 

それだけでなく、意外な発見をするなつ。

天気予報をみているとその女性キャスターが信哉の苗字であることにピンときました。興奮気味にこの人が信哉の奥さんだといい出しまたもやザワつく食卓はもうおおにぎわいでした。

 

【組合長田辺からの依頼】

翌日、呼び出されたなつは坂場とともに、帯広にある病院を訪れます。どうやら過労がたたり静養しているようでした。

 

思いのほか、容態は落ち着いているようです。挨拶を交わすと新会社は十勝共同乳業でブランド名は”たんぽぽ”に決まったことを伝えます。

 

 

たんぽぽは十勝農民の種まきの季節で、春の花として広く認知されていました。今回それを考え出したのが、剛男だと話します。

スポンサードリンク

そして、タンポポの時期に十勝の地にやってきてこれを食べたことを懐かしく話しそうに話していたといいました。

 

今回、タンポポの商標ロゴをなつに考えて欲しいと依頼しました。

思いもしない重役に思わずためらうのですが…。

 

田辺は、なつさんのふるさとそのものになるでしょ。とプッシュします。坂場も、君の発想力ならきっといいものがかける。と、背中を押しました。

そんな2人の後押しに喜んでいやらせてもらいます。と快諾しました。

 

【雪次郎の魂を込めた新作】

雪月では、以前から新たな新作のお菓子つくりに取り掛かっていた雪次郎がなつと坂場を呼び出します。

 

そこには、倉田先生を始め多くのゲストたちが集いました。

皆の注目が集まる中で渾身の一品を生みだしできたばかりのお菓子をお披露目しました。

 

先生、みんな。これが俺の新しい魂です!と自身満々。

『なつぞら』112話感想

坂場のプロポーズにしろ、雪次郎のお菓子の新作のお披露目の一言にしろ、ここに出てくる若者たちはの気取ったセリフがやたら目についてしまいますw

それはさて置き、十勝の地でもそれぞれが新しい境地へと開拓をすすめて奮闘していますね。

夕見子が共同乳業設立に奮闘し、雪次郎も新作のお菓子作り。

天陽も画家として頭角を現しています。

 

それぞれがそれぞれの道を開拓している事がひしひしとつたわり久しぶりに登場するメンツの活躍に何だか心がうれしくなります。

 

気になるのが、夕見子と雪次郎の色恋ネタ。さてさてふたりの動向に目が離せません。

 

最後に

この記事では、『なつぞら』112話のネタバレ&あらすじに感想をお伝えしていきました。

U‐NEXTではこの作品を全話視聴する事ができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です