朝ドラ

『なつぞら』115話ネタバレ&あらすじに感想紹介にフル動画視聴法もあわせて紹介!

更新日:

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』115話のネタバレ&あらすじに感想をお伝えしていきます。

 

『なつぞら』を最新話までフル動画はU‐NEXTのNHKオンデマンドで見る事ができます。特典としてポイントも付与されますからめっちゃお得ですよ。

[btn class=”lightning big”]U‐NEXTから『なつぞら』見たい方はここ[/btn]

『なつぞら』115話ネタバレ&あらすじ

 【始まった新婚生活】

昭和42年の夏。

なつと、坂場は西萩窪というところに家を借りて住んでおりました。

なつは東洋動画で働き、旦那の坂場が翻訳の仕事をしながら家事を行っていました。”イクメン”と言う言葉が浸透した昨今ですがこの頃はあまり男性が料理をするということはまだまだ少数派。

気になる手料理も得意ではない様で、しょっちゅう火傷しています。

 

ただ、基本スペック高いです。何かしら仕事を持ってきますね。

 

なつは魔法少女アニーの原画を任されていました。

ちなみに職場では性の変更はしていないようでした。妊娠ながら仕事を続ける茜の様子をみながらその大変さを痛感し、まだ子どもはいいやと感じるのでした。

納期ありますから繁忙期は、ひたすら仕事に打ち込んだりしますからね…。

 

【風車プロダクション・咲太郎の決断】

声優プロダクションの仕事が軌道にのり多忙な咲太郎のもとに、川村屋の野上が神妙な表情でやってきました。おでん屋”風車”の立ち退きの話しがあることを伝え初めて知りました。

 

川村屋のビルの建て替えの話しも浮上している事を話すのでしたが、それはどうやら認識しているのでした。

 

更に、野上からマダムと大人な付き合いをしているのは知っているのだがいつまで待たせるつもりだと語気を強めながら指摘されます。

 

風車にやってきた、茂木社長は咲太郎となつがここから出ていったことに寂しくないかと、話しました。

 

すると、笑顔で寂しくないと話します。子どもを育てた母の気分ですと返します。

そして茂木社長に何か、いい物件はないかと、話します。すると、咲太郎に相談したらどうかと聞きます。すると、対等でいるために彼に甘えることはできないと答えるのでした。

スポンサードリンク

 

後日、咲太郎はなつと坂場のもとにやってきます。風車の立ち退きの件を知らせた咲太郎は、どうすれば亜矢美が自分を頼ってくれるのか考えたと話します。

咲太郎は本当に優しすぎる。絶対に律儀に恩はかえしていきます。

 

そして、咲太郎はけじめとして川村屋のマダムと結婚することにしたといいなつを驚かせます。

『なつぞら』115話の感想

なつの結婚に続き、坂場もついに結婚を宣言しました。

相手は川村屋のマダム。なつの結婚式に確かににマダムと咲太郎が十勝までやってきていました。

 

亜矢美を喜ばすために、マダムと結婚するというのはどうかと思うのですけども…。

ふたりは本当に結婚するんでしょうか。

 

最後に

この記事では、連続テレビ小説『なつぞら』115話のネタバレ&あらすじに感想をお伝えしていきました。

U‐NEXTのNHKオンデマンドから『なつぞら』を見る事ができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんの朝ドラ祭 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.