『なつぞら』116話ネタバレ&あらすじに感想紹介にフル動画視聴法もあわせて紹介!

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』116話のネタバレ&あらすじに感想をお伝えしていきます。

咲太郎とマダムの結婚がもちあがった前章でしたが、今回明らかになっていきます。

『なつぞら』116話ネタバレ&あらすじ

咲太郎は、なつと坂場のもとへ行き結婚を報告します。

話しを聞いたなつは驚きますが、結婚式にきていた二人の様子をみていて結婚もあり得ると何となく感じていました。

女の勘は鋭いです。

後日、川村屋にやってきたなつは、咲太郎から聞いた真相を確かめるためにやってきました。

マダムは、川村屋の経営を野上に任せて、咲太郎の事務所を手伝うつもりだと話すのでした。これは、結婚を前提として話しが進んでいるということですね。

この時期、新宿一体の再開発計画により大幅なビル建設が進んでいたのです。

マダムは野上にもはや、血縁者だけで会社を守る時代ではなく、後継者も育てて欲しいと、頼み快く快諾するのでした。

凄いですね。お店のためを一番に考えるとそれが一番ですよね。

風車では、亜矢美と茂樹社長が話し込んでいました。亜矢美は新しく紹介された土地を買うのか迷っていたのです。

そこへ、咲太郎と光子になつがやってきました。咲太郎と光子は亜矢美に結婚することを報告します。茂木は驚き、ショックを受ける中で、意外な反応をする、亜矢美でした。

なんだ…。しってたよ。そんなことなら。お前が私に隠し事なんかできるわけないだろ。うん。よかったじゃない。おめでとう!なっちゃんがお嫁にいくまでは、ずっと待っていたんでしょう。

何となく、背伸びしているようにもみえました。

スポンサードリンク

そして、肩の荷が下りた。といいながら祝福しみんなで乾杯しました。そして、自宅に帰ったなつは、亜矢美が喜んでいたが、一人になってしまったら寂しいよねと坂場に漏らします。

来月の8月15日、なつの誕生日である日にお盆休みだからと、風車で結婚式代わりにお祝いをすることになったと話すと、坂場も一緒に参加すると話すのでした。

その頃、風車では咲太郎と亜矢美が二人きりで想い出を語らいながらお酒を飲みなおしていました。

『なつぞら』116話感想

マダムと咲太郎の結婚は確実のようでした。一番の驚きはあの美貌でマダムが40歳という事。

それにしても、亜矢美の様子が何だか強がっているように見えてしまったのですが、彼女の真意はどうなんでしょうか。

最後に

この記事では、『なつぞら』116話のネタバレ&あらすじに感想をお伝えしていきました。

 

U‐NEXTのNHKオンデマンドから全話見る事ができます。気きになるかたは、是非試してみてください。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です