朝ドラ

『なつぞら』119話ネタバレ&あらすじに感想紹介やフル視聴法も!

投稿日:

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』119話のネタバレ&あらすじに感想をお伝えしていきます。

咲太郎&光子の結婚を祝福し風車からさっていった亜矢美。今回はどんな展開になっていくんでしょうか。

 

U‐NEXTから動画フル視聴することができます。詳しく知りたいという方はこちら。

[kanren2 postid=”7965″]

地上波のようにいちいち放送時間を気にする必要もなく自分の見たいときに視聴できますから、めっちゃ便利です。しかも、他の朝ドラもラインナップも充実ですよ。

[btn class=”lightning big”]U‐NEXT31日間無料[/btn]

『なつぞら』119話ネタバレ&あらすじ

【茜の出産と退職】

ある日のことなつの家に、下山、茜、神地がやってきました。というのも、ある不満があったからでした。

 

茜はいよいよ出産に向けて産休入りになるため山川社長のもとに挨拶にいったときのことでした。思いもしない事を突き付けられます。

それは、産休明けから社員⇒契約社員へ変更すると一方的に言われたのでした。神地は実質クビと同じだと、強く憤りをしめしました。

 

たしかに、こんな事考えられないですけどもこの時代はそういう不当な扱いが通っていたんでしょうね。

女性にとっては非常にやりづらい世の中です。

 

茜はこの対応に不快感をしめしており、産休が明けたら退職するとなつに話しました。

 

下山もそれに賛同しますが…。

 

 

その後、茜の代わりになつと同じ原画班にやってきたのは堀内でした。堀内の妻は東洋動画に入社する際に子どもができたら退職するという誓約書をかかされたと、話しました。

 

【なつの妊娠が発覚】

茜は産休に入り無事、女の子・明子(めいこ)を出産しました。坂場夫婦や神地は母子ともに順調な経過をたどっていることをおおいに喜びました。

 

なつが明子(めいこ)をかわいがりました。そんな様子をじっと見つめる坂場は何か考えているようでした。

 

それから一ヶ月が経ち秋も深まるある日のことでした。なつは仕事中に急に体調を崩してしまい病院を受診しました。

スポンサードリンク

 

そこでなんと妊娠していることが、判明しました。病院からの帰り、旦那に対して妊娠している事を打ち明けると、それを喜ぶ坂場。

 

しかし、心境は複雑ななつは素直に喜ぶことができませんでした。彼女はまだまだ、仕事も続けたいという想いがあったのです。しかし、妊娠した女性が仕事を続ける事は非常に厳しい現実があります。

 

そんな彼女にたいして、

できた以上は産まないという選択肢はないだろう?

と、尋ねます。そうですよね。茜の子どもを愛おしそうに見つめていた彼女は子どもが嫌いというわけではありませんからね。

 

だったら、そんなことはとても小さいことだ。君が母になるってことに比べたら。産むと覚悟を決めて、仕事のことは考えればいい。一緒に考えよう。

 

さらに、

なつが、子どもを育てながら働けば、その後の女性も働きやすくなると坂場は話しました。

 

君がその道を作るんだ。そういう開拓者精神が君にはあるはずだろう?

 

なつは笑顔になり2人は子どもができた事を改めて喜び会うのでした。

 

『なつぞら』119感想

茜が無事明子を出産したのですが、改めて女性が仕事を続けることの難しさがひしひしと伝わってきた章でしたね。

 

結局、不当な対応にも関わらず泣き寝入りのようなかたちで辞めていく女性職員…。

子どもの出産や育児と女性が中心的に担っている時代背景ですので仕事をするということは非常に困難であるのはわかるのですけども…。

 

特にこういう、芸術性のとわれたりするような業界では女性的な感性というのは非常に大切なんじゃないと、感じるのですが。

 

ですから、貴重な人材を妊娠したからとバスバス解雇していては会社にとってもデメリットが大きい思うのですが。

さてこの環境をこれから、どんな風に開拓していくんでしょうか期待です。

 

まとめ

『なつぞら』119話のネタバレ&あらすじに感想をまとめていきました。

  • 茜が無事明子(めいこ)を出産し退職
  • なつが妊娠

 

『なつぞら』はU‐NEXT視聴する事ができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんの朝ドラ祭 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.