朝ドラ

『ゲゲゲの女房』83話ネタバレ&あらすじに感想紹介にフル動画視聴法も!

投稿日:

スポンサードリンク

連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』83話ネタバレ&あらすじに感想紹介をしていきます。

客足の遠のいたこみち書房を切り盛りする美智子は、地主から家賃の催促をされ、もうどうしていいかわからない中である行動にでました。

 

FODプレミアムなら好きな時に『ゲゲゲの女房』を見る事ができます。デバイスとネット環境さえあれば、どこでも好きな所で手軽に見れます。忙しい時はながら視聴もアリ。ゆっくりくつろげる空間で見るも良し。色んなニーズにこたえてくれます。

[btn class=”lightning big”]FODプレミアム[/btn]

『ゲゲゲの女房』83話ネタバレ&あらすじ

【嵐星社・深沢の想い】

嵐星社へ原稿を届けた、布美枝はドキドキしながら原稿チェックをする深沢の様子を伺います。

 

今回も傑作だという深沢の反応に一安心します。

 

しげるは月間ゼタに毎号風刺のきいた短編マンガを描いておりこれが読者からの支持を得ていました。

 

まだまだ黒字にはなっていないようですが、雑誌を創る深沢もこのプロジェクトが面白いと言いながら手ごたえを感じていたのです。

 

原稿料を支払おうとする深沢でしたが…

ちょっとまってくれと、財政管理は完全に秘書・加納が担当しているようです。曰く、どうんぶり勘定すぎると、いっつも怒られていると笑いながら話します。

敏腕秘書・加納さん凄いですん。上手にかじ取りをしているようです。

 

彼女は書店を回り、月刊ゼタの置いているスペースを目立つ場所に移動してもらえるように約束したとうです。しかも、雑誌の増刷依頼まで受けたと話します。

 

 

深沢は思い立ったら、今すぐにやらないと気が済まない性分。というのも、彼は結核の療養中に毎日毎日ベッドに寝ころび天井を見ながらこのまま死ねないと強く感じました。

 

深沢も戦争中に満州にいた事がありました。しかし、戦争の末期日本が負けるかもしれないという事を彼は満州で知り日本で死にたいと、何とか日本に帰ってきた経緯がありました。

 

たまたま、日本にかえれたことで生き残ることができたのですが…残留した戦友たちはシベリアに引っ張られた事で多くのものが命を落としていました。

深沢はマンガ出版を通して、世の中に一石を投じたいと考えていたのです。

 

[aside type=”warning”]意外なところで繋がる太一と深沢

小林太一は描いた詩を嵐星社に投稿していました。深沢は彼の詩は面白いと話していたのです。

 [/aside]

 

【追い詰められたこみち書房】

スポンサードリンク

地主から、以前の反貸本マンガ団体との警察騒動を挙げ、遠のいた客足を戻すのは難しく商売変えすべきではないかと言いますが…。

 

それを渋る美智子。

 

ただ、現状貸本マンガでお客をもっかい集めるという事は非常に厳しいでしょう。ただでさえ、テレビの普及でみなテレビに釘付け。テレビアニメも登場しターゲットの子どもたちはアニメの虜になっていますから…。

 

そこへ、政志がちょっと出てくるといいながら、奥からでてくるのですが、助言を求める美智子。

 

すると…、貸本マンガなんか辞めてしまえと、あっさり言ってしまう。今あるものを全部売り払ってアパートにでも済んだらいいだろう。と言います。

 

なんで、そんなこと言うのと、はじめて感情的になりながら反論しました。ここがあったから今までやってこれた。あなたは私にも自分の人生にも背中向けたままじゃない。あなたはいつだって私を許さず、背中で攻めたままじゃない。そんな人と私はどうやって一緒にやっていけばいいのよ。

 

これまで、ずっと優しく接し続けた美智子でしたが初めて感情をあらわにしながら旦那を責めました。

 

【村井家の自宅にて】

布美枝は夕食の支度をしながらずっと美智子の事を気にかけていました。近くで、遊んでいた藍子でしたがいつのまにか外にでてしまい犬にほえられてギャン泣き。

 

しかし、たまたま傍にいた政志が藍子を助け村井家にやってきました。

 

なぜ、ここにいるのかと不審に思う村井夫婦。彼は、初めて美智子に強く批判されたことで自宅に帰りにくくなっていました。また、楽しいからマンガを描いているという、しげるの話しを改めて聞いてみたくなったと相談にきたのでした。

 

彼はしげるに対して、大好きなもんから裏切られたらどうする?と逆に投げかけるのでした。

『ゲゲゲの女房』83話感想

いよいよ、こみち書房の進退問題へと発展したこの章でしたが、美智子の本心が初めて旦那・政志に伝わりました。

悲しそうに政志に訴える美智子の様子が何ともいえませんね。町の憩いの場として長い間、ニーズにこたえてきました。色んな想い出の詰まったこみち書房ですからね。

 

そら、簡単には足を洗うことはできないでしょう。

 

今回の美智子の痛切な訴えがもしかしたら、政志の心を変えていくのかもしれないです。これが、きっかけにいい方向へと好転していく事を願います。

 

政志も真剣に自分と向き合おうと、村井家にまで話しを聞きにやってきました。次章どうなるんでしょうか。

最後に

『ゲゲゲの女房』83話のネタバレ&あらすじに感想ををお伝えしていきました。

今回は、

  • 美智子が旦那に初めて本心を伝えながら批判しました。
  • 政志が村井家に相談にやってきました。
  • 月刊・ゼタが順調に伸びています。

 

『ゲゲゲの女房』はFODプレミアムからフル動画で好きな時に視聴することができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんメディア祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.