『ゲゲゲの女房』95話ネタバレ&あらすじや感想紹介にフル動画視聴法も!

スポンサードリンク

『ゲゲゲの女房』95話のネタバレ&あらすじに感想をしていきます。

『ゲゲゲの女房』はどこにでもいる普通の女性がドラマのヒロインです。しかしそんな彼女の人生が非常に親近感が沸いてきて面白いです。また彼女をとりまく人間関係も個性豊かなキャラたちの登場にクスっとわらったり、涙したりといろんなドラマがあります。

『ゲゲゲの女房』全話をフル動画で無料視聴する方法は?

2019年7月11日

めっちゃ、おもしろいので気になる方とりあえず見てみてください。

『ゲゲゲの女房』95話ネタバレ&あらすじ

週間少年ランドに描き始めた、墓場の鬼太郎は8月に1本9月に1本読み切りのかたちで描き上げたのですが人気はさっぱりでした。

 

辛口のコメントを言いながら、ちゃっかりぼたもちを5個も食べた浦木は横に寝そべりしげるを待ちました。

 

マンガの路線を変えろという浦木に対して、それは得策ではないときっぱり伝える加納は個性はマンガにとって生命線である。水木しげるのマンガは人気がでるまで時間がかかるが一度人気が出たらアツいと言います。

お嬢さんそんなこと言ったらこいつ調子にのりますよという浦木。

 

作家にとって個性は生命線です。それに、お嬢さんではありません。加納と申します。

きっぱりと、返しさっていく。

 

暑中見舞いを渡しさっそうとさっていく加納に浦木はもうびっくりします。どうして貧乏な嵐星社にこんな美人で仕事のできる女性がいるのかと…。

 

確かに加納は敏腕キャリアウーマンです。

彼女の説得力は半端ないです。こういう人材が会社にいたら非常に強いですよね。

 

【雄玄社にて】

水木しげる作品を打ち切りにすべきだ。という空気の中で豊川だけは全く違う判断をします。

 

少年ランドが一番になるには普通の事をしていては絶対にいけない。水木マンガには大きな可能性がある。

いいか。少年アワーは60万部という驚異的な数字をおれたちは追いついてさらに超えていくんだ。これまでの常識で戦ってはダメだ。と強く言います。

 

さすがタダものではない。目先の安定を全くもとめていません。

常に一番になるためにアンテナ張って行動しています。

 

新しい原稿を手渡す、しげるに今回も評判は良くないでしょう。険しい表情で話す豊川に村井夫婦は、”打ち切り”というワードが浮かんできます。

当然でしょうね。ここ2回の人気投票で最下位となっていますから。

 

実は今日ここにきたのは、これを見せるためです。と言い、封筒を見せました。これまで、しげるは読者から、非難の手紙を受けたことがありました。そのため、悲観していると…。

 

よくぞやった。雄玄社。墓場鬼太郎こそ、待ち望んでいた怪奇マンガだ。などという絶賛の手紙でした。これらが鬼太郎を連載してから、頻繁に送られてくるようになったのでした。

スポンサードリンク

確かに、順位は最下位でしたが水木しげるのマンガにはコアなファンがついたようです。

 

豊川は続けて、コアなファンのいるマンガはいずれ化けるというのが私の信念です。社内には、打ち切りにすべきだという声もありますが、ここで勝負をかけましょう。と、切り出しました。

策士ですね∼。

30そこそこにして、この信念の強さと肝っ玉やはり、大手出版でのし上がっていく人物は凄いですね。

墓場の鬼太郎を週間連載開始です。

仰天するしげると布美枝。本当に思い切った行動をとっていきますね。

 

ただ、週間連載となると読者をひきつける仕掛けが必要になってきます。と、構成を練ります。

 

打ち切りの危機にあった鬼太郎が土壇場にきて、週間連載という形になったのでした。

 

ある日の事、質屋を訪れるしげる。先日、質流れしたテレビをもどしにやってきたのかと思いきや…。

どん!

しげるはこれまで、質屋にあぐけていた品物をすべて回収しにやってきたのでした。これにはさすがに意表を突かれ驚く主でした。

 

 

すごいに大量の荷物ですな∼引っ越し並みの荷物。こんなに預けてたんです。それを夫婦で懐かしみながら見ているときでした。

 

チリ~ンっと電話が鳴ります。雄玄社の豊川からのようです。淡々と答えるしげるですがなんか様子がおかしい…。

 

電話を置くと、ぼそりとテレビくんが雄玄社から章をもらうことになったというのでした。

 

『ゲゲゲの女房』95話感想

さすがに鬼太郎も打ち切りになるのかと思いきや、まさかの展開がまっていました。これには新鮮な驚きです。

まさか、読者ランキングでビリを2回もとっている状況で毎週連載になるなんてこれで失敗したら雄玄社の豊川ですら責任を取らされかねないでしょう。

 

豊川の振る舞いが非常に男前すぎて、この章での主人公は豊川ではないかとすら感じてしまいました。

 

水木しげるを取り巻く状況が確実に変化している中で更なる驚きが最終できました。なんと、テレビくんに章がもらえるなんて。凄いですね。

水木マンガの躍進はどこまで続くんでしょうか。

 

 

最後に

『ゲゲゲの女房』95話ネタバレ&あらすじに感想を紹介していきました。

鬼太郎が少年ランドの読者ランキングで2回最下位を取っているにも関わらず、まさかの週間連載が決定。しかも、テレビくんに章がもらえる事になりました。

この作品はFODプレミアムからフル動画で視聴する事ができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です