朝ドラ

『ゲゲゲの女房』97話ネタバレ&あらすじや感想紹介にフル動画視聴法も!

投稿日:

スポンサードリンク

『ゲゲゲの女房』97 話のネタバレ&あらすじに感想をしていきます。

『ゲゲゲの女房』はどこにでもいる普通の女性がドラマのヒロインです。しかしそんな彼女の人生が非常に親近感が沸いてきて面白いです。また彼女をとりまく人間関係も個性豊かなキャラたちの登場にクスっとわらったり、涙したりといろんなドラマがあります。

[kanren2 postid=”7112″]

めっちゃ、おもしろいので気になる方とりあえず見てみてください。

[btn class=”lightning big”]FODプレミアム[/btn]

『ゲゲゲの女房』97話ネタバレ&あらすじ

昭和41年春の事でした。

昨年、雄玄社マンガ賞を受賞して以来、茂のもとにはマンガの依頼がひっきりなしに来るようになりました。

そして、アルバイトを雇いながら対応していたのですが、もうそれでは難しくなり、アシスタントを雇うのですが面接にやってくるのでは変なキャラばかりでした。

 

もう、多忙な日々にアシスタントに大忙しの布美枝。

あっという間に時間は過ぎていき、藍子はお腹すいたというのですが原稿を迫られ大急ぎで仕事を済ませます。やっと終わったかと思いきや、次の編集者からの催促がきます。

スポンサードリンク

 

そんなある日の事です。ヤクザのような風貌の男が一人いました。買い物から帰ってきた布美枝は驚き身構えるのですが、実はそれはテレビ局のスタッフでした。

鬼太郎がテレビか映画になるというのです。

 

そして、担当者はテレビか映画どちらがいいかと、聞きました。

驚く、しげるに豊川は現状、少年ランドのマンガをテレビにしていく企画を進めているのですが、鬼太郎にもスポットライトがあたったのです。

 

しげるは考えた末、テレビがいいといいましたが、映画よりも敷居は高く企画が実現しない可能性もあるといわれます。

 

『ゲゲゲの女房』97話感想

福の神の到来で大忙しの村井家でしたが、速くアシスタントを雇わねばパンクしてしまいます。

墓場の鬼太郎が凄い事になっていますね。

テレビ進出は実現するんでしょうか。

最後に

『ゲゲゲの女房』95話ネタバレ&あらすじに感想をお伝えしていきました。

雄玄社マンガ賞を受賞機に仕事が大忙しの状態となった水木しげるのもとに新たなチャンスが舞い込みました。

 

この作品をフル動画で視聴するならFODプレミアムから見る事ができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんメディア祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.