朝ドラ

『ゲゲゲの女房』105話ネタバレ&あらすじに感想紹介やフル動画視聴法も!

投稿日:

スポンサードリンク

『ゲゲゲの女房』105話のネタバレ&あらすじに感想紹介をしていきます。

『ゲゲゲの女房』はどこにでもいる普通の女性がドラマのヒロインです。そんな彼女の人生が非常に親近感が沸いてきて面白いです。彼女をとりまく人間関係も個性豊かなキャラたちの登場にクスっとなったり、涙したりと五感を存分に刺激してくる作品でした。

[kanren2 postid=”7112″]

めっちゃ、おもしろいので気になる方とりあえず見てみてください。

[btn class=”lightning big”]FODプレミアム[/btn]

『ゲゲゲの女房』105話ネタバレ&あらすじ

放送緒開始は10月6日毎週木曜日30分の連続放送が決まりましたと話します。

急ピッチで進む悪魔くんのテレビ放送の実現に驚く村井夫婦でした。

豊川も放送プロデューサーも彼が改めて描いた原稿を目にして、絶対にイケる、という強い確信を持ったと話しすぐにテレビ局に持っていく資料を作成しました。

 

すると、想像以上に先方の反応もよくあれよあれよと決まったのだ、話しました。

 

そこへ、嵐星社の加納も訪れて悪魔くんのテレビ放送決定を祝福しました。

加納は悪魔くんは絶対に子どもたちに人気が出る事は間違いないと話します。と言うのも人気の出る作品には必ず、みなが口ずさむフレーズがある。

悪魔くんの「エロイムエッサイム」という不思議なフレーズは口ずさみやすいというのでした。

 

すると、しげるは歌にエロイムエッサイムというフレーズを入れてみてはどうだ。と、話すとこれに皆同調し放送プロデューサーは歌詞を作ってくださいよ。と、意外な依頼に戸惑うしげるでした。

 

アシスタントたちも、みんなで携わった悪魔くんがテレビ放送になるのを喜ぶのでした。

 

【加納と社長の溝】

加納は完全に、現状の仕事に対して物足りなさを感じていました。彼女は豊川や放送プロデューサーの行ったプロジェクトのように、時代に新しい波を起こすような大きな仕事をしたいという想いがあったのです。

嵐星社に戻ると、深沢に悪魔くんがテレビ放送されることを深沢に報告し雑誌・ゼタに水木しげる特集をつくるように提案しました。

 

しかし、深沢は水木しげるは今非常に多忙でうちの原稿も遅れ気味であり無理に仕事を依頼することはない。と、話します。なんなら、テレビ熱が冷めるまでは水木しげるの作品は休んでもらっても構わない。とまで言ってしまいます。

 

そんな事をしたら、ゼタの発行部数を増やすチャンスをみすみす逃してしまうと、主張するのですが…。深沢は加納とは全く対局する考えを持っていました。

 

彼はそもそも、ゼタを大きくしていこうという気が全くありませんでした。というのも、今のように自由な発想で新しくでてくるマンガ家たちの最後の砦としての場でありたいと、考えていたのです。

 

このいっけんで、完全に加納と深沢の間には溝ができてしまいました。

スポンサードリンク

 

【瞬く間に広がる悪魔くんがテレビ放送されるという事実】

布美枝は商店街の友人に早速、主人のマンガがテレビで放送されることが決まった事をはなすと皆は驚きながら大盛り上がり。

 

自分の知人の作品がまさか全国放送されるなんて、そしてすぐさまその知らせは商店街中に広がりました。

さすがです。ここに映っている3人は拡声器とこみち書房のおばあさんから言われていました。

 

その噂は周りにまわって浦木のもとへも伝わるのですが、何やらよからぬことを考えているようでした。

向かえた、放送当日の事です。

水木プロダクションでは、何としても悪魔くんの放送を見ようともう、必死でした。

そんな中でも菅井はぼーっとして危なっかしい仕事ぶりに、なんと普段クールを貫く小峰までが、今日は余計な事をするなよ。と、釘を刺します。

『ゲゲゲの女房』105話感想

今回は完全に嵐星社社長・深沢と意見が割れてしまった秘書・加納。

発行部数をどんどん増やして大きな仕事に取り組んでいきたいという想いがある彼女はまたとないチャンスにも関わらず、社長の意向によりみすみす逃すハメになりました。

 

彼女ほどのスキル、知識がに加えて豊富な経験値が備わっていれば絶対的に他の仕事でもすぐに頭角を現していく事が容易に予想できるだけに…。

 

これを機に彼女は嵐星社を去っていく可能性が高くなりました。

今後の行く末が気になるところです。

 

水木しげるが波に乗ってますね。まさかの作詞の依頼を受けるとは…。

まあ、まんざらでもないようで一生懸命考えてました。布美枝に、地獄というフレーズが何だか怖いといわれてましたけど。

 

これだけ、墓場やら、鬼太郎が幽霊族で負のイメージを与えると指摘されているにも関わらず、地獄というワードを使うあたりさすがですね。

次回はこの歌も流れてくるんでしょうか。

最後に

この作品は『ゲゲゲの女房』105話の感想を詳しくお伝えしていきました。

  • 悪魔くんがテレビ放送開始となりました。
  • 加納と深沢の溝が深まりました。

この作品はFODプレミアムから視聴する事ができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんメディア祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.