『ゲゲゲの女房』108話ネタバレ&あらすじに感想紹介やフル動画視聴法も!

スポンサードリンク

『ゲゲゲの女房』108話のネタバレ&あらすじに感想紹介をしていきます。

『ゲゲゲの女房』はどこにでもいる普通の女性がドラマのヒロインです。そんな彼女の人生が非常に親近感が沸いてきて面白いです。彼女をとりまく人間関係も個性豊かなキャラたちの登場にクスっとなったり、涙したりと五感を存分に刺激してくる作品でした。

『ゲゲゲの女房』全話をフル動画で無料視聴する方法は?

2019年7月11日

他の朝ドラ作品気になるとう方はこちらも。

【朝ドラ】を好きな時に見たい方必見!フル動画視聴法!や無料動画

2019年8月15日

めっちゃ、おもしろいので気になる方とりあえず見てみてください。

『ゲゲゲの女房』108話ネタバレ&あらすじ

布美枝のお産でいずみもでていってしまいました。

藍子の誕生日を祝ってほしいと、頼んだいずみ。途方に暮れるしげる。そこへ倉田がやってきて雄玄社の村井がやってきたといいました。

まだ、できていないのに原稿をとりに来たのです。一緒に仕事しよかと、仕事場へ藍子を連れて行きます。

翌朝、いずみは水木プロダクションに帰るとやっとできあがった原稿を手にかえっていく編集者でした。

 

藍子の事が心配になり探すのですが全く見当たらない。慌てて仕事場にいくと、椅子にもたれかけるように寝ていました。

机にはケーキやらご馳走やらの食べかすがそのまま無造作にちらかっている。

 

アシスタントも、みな疲れ果ててこの有り様。

 

しげるに藍子にプレゼントを準備していることを伝えたのですが結局あげていないため、改めて手渡し、クリスマスツリーを一緒につくっていると倉田がしげるからあずかった飾りを渡すのでした。

 

かえろうとする彼に、いずみはついに積もり積もったモヤモヤを吐き出してしまいました。

いずみの不満

  • お産の布美枝のところにしげるが様子を見に来ない
  • 藍子お祝いをしてあげていない

 

 

そんなに仕事が大事なんですか?と、訴えかけるのですが仕事が忙しい状態で仕方がないとはっきり切り捨てる倉田にそれでも意見していると…。

藍子が急に大声で泣き出します。ただ事ではない様子にケンカどころではありません。

 

目を離しているスキにストーブを触ってしまったようで火傷をしてしまいます。異変に慌ててやってきた水木しげるは、病院へ連れていくと言います。

タクシーを呼びますという、いずみに対して、走っていった方が速いといい、倉田とともに病院へ直行しました。

すぐに、手を冷やしたことで大事に至らず済んだと聞く藍子は安堵しました。

 

そして、帰っていこうとする倉田に謝罪します。

 

いずみは仕事ばかりで娘のことや布美枝の事などほったらかしになっているのではないか、という不審感を抱いていたのでしが、そうではないと痛感したのでした。

スポンサードリンク

なんやかんやと騒動があった村井家でしたが、布美枝は元気な女の子を出産しました。半月も早いという事態で心配したのですが良かったですね。

 

藍子は布美枝が退院してくるまでのあいだいずみと一緒にいい子して過ごすのでした。

水木しげるはどうやら、藍子の火傷の一見で思うところがあったようで…いずみにある事を伝えるのでした。

 

お産後の経過も順調で無事退院当日を迎える事ができました。

布美枝を迎えにいくいずみ。

 

しげるはそわそわして仕事に集中できませんでした。

元気な女の子を連れて、村井家にかえってきた布美枝でした。

この頃は、退院の時にドレスを着せたりというのはないようです。

注目は後ろのつやつやピカピカの車です。

 

しげるも布美枝も運転免許証を持っていないのに車を購入しました。もちろん、免許をもついずみの運転。

どうやら、倉田も免許をもっていたようで、しげるは乗せてもらって本屋さんまで出かけたのでした。

布美枝と子どもの帰宅を喜ぶしげるは本当にうれしそうです。

 

新しい家族が増えた村井家これから一層頑張らなあきませんね。

 

藍子も赤ちゃんの様子を見ながら、赤ちゃんかわいいねとジーっと見つめます。

藍子もよかったですね。やっとお母ちゃんと一緒に出掛ける事ができて。

布美枝は藍子の火傷をみつめ優しく、包み込みました。

 

そこへ、いずみが申し訳ないことをしたと、謝罪するのですが全く怒ることない布美枝でした。

その夜、新しい女の子の名前の相談をしに行くのですが。

お産後の夫婦ふたりだけの時間。幸せな雰囲気がにじみ出ているようで素敵です。

 

まあ、座れと布美枝を座らせ、テレビの悪魔くんが順調であることを伝えます。そして、子どもたちの間で、”エロイムエッサイム”というフレーズが非常に流行っていると話すのでした。

嬉しくなった布美枝は「お父ちゃんの言うとおりですね」と話すと、「嫌、予想ははずれ。復活まで7年もかからんだった」とにっこり笑います。

 

そして、女の子の名前は…。

忙しい中でも彼はしっかり新しい子どものことも考えていたんですね。

素敵です。

『ゲゲゲの女房』108話感想

  • お産の様子も見に来ない
  • 藍子の誕生日もきちんと祝ってやらない

 

と、しげるに不信感を抱いていたいずみが倉田に不満を爆発させた今回の話しでしたが、すっかりモヤモヤも晴れてよかったですね。

 

藍子が火傷になったことでいろんな事を知っていったいずみ。彼女がモヤモヤするのも共感できますけども。

それにしても、倉田も免許を持っていたのは驚きですね。

 

きっと看板屋さんでの仕事のときに必要だったんでしょう。

 

喜子を迎えた村井家に悪魔くんも順調な評判でいいことが続きますね。次は、鬼太郎ですね。

最後に

『ゲゲゲの女房』108話のネタバレ&あらすじに感想をお伝えしていきました。

  • 布美枝は喜子を出産し無事村井家にかえってきました。
  • いずみの抱えていたしげるへの不審感はすっきりはれました。

 

この作品はFODプレミアムから視聴する事ができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です