朝ドラ

『ゲゲゲの女房』114話ネタバレ&あらすじに感想紹介、見どころやフル動画視聴法も!

投稿日:

スポンサードリンク

『ゲゲゲの女房』114話のネタバレ&あらすじに感想紹介をしていきます。

『ゲゲゲの女房』はどこにでもいる普通の女性がドラマのヒロインです。そんな彼女の人生が非常に親近感が沸いてきて面白いです。彼女をとりまく人間関係も個性豊かなキャラたちの登場にクスっとなったり、涙したりと五感を存分に刺激してくる作品でした。

[kanren2 postid=”7112″]

他の朝ドラ作品気になるとう方はこちらも。

[kanren2 postid=”7977″]

めっちゃ、おもしろいので気になる方とりあえず見てみてください。

[btn class=”lightning big”]FODプレミアム[/btn]

『ゲゲゲの女房』114話ネタバレ&あらすじ

昭和43年、ついに『ゲゲゲの女房』が放送開始となると、瞬く間にその人気はうなぎのぼりとなります。

 

また、水木しげるが作曲した歌の方も大きなブームを巻き起こし、子どもだけでなく大人までがその歌を口ずさむほどでした。

 

忙しさはさらに加速してしまい、水木プロダクションは弟・みつおを九州から呼びだしてマネージャーとして働いてもらうまでになりました。

そんなある日のことでした…。

 

何やら重たい雰囲気の漂う、村井兄弟。もう、この三人が揃った時の話しのネタはお決まりです。

両親が東京に出て来るようです。兄・雄一曰く、「息子や孫が東京におるのに境港におる必要はないと言い出したと。さらに東京にきたら、3人の家を順番に訪問してまわるとまでいったようでした」

 

そこで、持ち上がった矛先は布美枝にみてもらうということでした…。

 

 

その夜、布美枝はしげるが小さいときに、かきためた絵を藍子にみせるのでした。

 

【倉田圭一の受賞】

ある朝の事でした、走ってやってきた倉田の興奮はMAX。

ついに彼は新人賞を受賞したのです。

これまで、ずっと仕事の傍ら、寝る間も惜しんであちこちのコンクールに応募してきました。その努力がついに実ったのでした。

 

しげるを始めみな受賞を喜ぶのですが、それは彼が仕事を辞める事を意味していました。ぼそっとそんな事をつぶやくアシスタント・菅井…。

 

しげるは彼の作品に対する評判もよいようで、これなら連載の依頼も舞い込んでくるだろうとエールを送ります。

 

その晩、みなで彼の受賞を祝うべくご馳走をこしらえた布美枝に喜ぶ一同でした。

 

しげるは連載が始まったら、もうここでは働く時間はなくなる。そうなった時には送別会もせないけないが何分忙しくそれすらできないかもしれない。

スポンサードリンク

 

これが、お祝い兼送別会になるかもしれないと話すのでした。プロとして出発したらとにかくマンガを描き続けなければいけない。とエールを送ります。

 

ここで、小峰も近々退職となる事を告げるのでした。彼は3年前しげると出会ったときに、そのまま、あちこち旅をするつもりだったのでした。

 

そろそろしおどきだと、言いながら硬い決意を示すのでした。

 

もちろん、これからまた新しいアシスタントも補充するようで、深沢さんに相談するようです。

 

水木プロダクション立ち上げから苦楽を共にしてきた猛者、倉田&小峰がついにいなくなるんですね。これは非常に痛手ですね。

 

ただ、この一幕が非常に素敵です。

 

あ祝い&送別会を済ませ、しげるのもとにお茶をもっていくとしげるは新たに家を改築するという、話しを切り出すしげる。

当面は両親を冬の間だけ村井家で面倒見る事になるのだが、当然相手をするのは布美枝になる。個性豊かで、それでも大変でさらに今後ここに居座る可能性もあるが大丈夫か?

としげるは確認すると、「なんとかなりますよ。私はお父ちゃんと一緒にやっていくだけですけん」と言いさっていきます。

 

そんな彼女に「頼んだぞ」と、言います。

 

凄い、布美枝のスペックの高さが半端ないですね。本当に根性言葉足らずな所があって、辛い想いもたくさんしてきてるけど、だからこそ強くなっているんでしょうか。

 

こんな奥様とであった旦那はそれだけで宝だと常々思います。

 

【村井家にやってきたしげるの両親】

自宅の改築工事は瞬くまにすすめ、その秋、水木プロダクションにやってききたしげるの両親。

ついにここに、村井一族が集結しました。

 

ただでさえ、個性的な村井兄弟…。そんな兄弟をつくりあげた大ボスがやってきました。

 

布美枝はうまくやっていく事ができるんでしょうか。

『ゲゲゲの女房』114話感想&見どころ

一番の見どころはこの夫婦のやりとり。

 

布美枝の一言一言からしげるの事を好いているんだろうな、という想いがに滲みでてきていてほっこりとしてしまいます。

タダでさ個性的で強烈なイトツと同居するわけですからね。

 

ストレスは相当なはず。他の兄弟なんて我が親でありながら強い拒否をしめしてますから。

 

【水木プロダクションを支えたアシスタント倉田&小峰との別れ】

新人賞を受賞したやっとの思いで受賞した倉田ですがそれは水木プロダクションを卒業する事でもあります。

それはわかるのですが、まさか水面下で小峰までが退職の意思を示していたなんていうのは驚きましたね。

 

最後に

『ゲゲゲの女房』114話ネタバレ&あらすじに感想や見どころをおつたえしていきました。

  • 小峰&倉田が水木プロダクションを去ることになります
  • 倉田が新人賞を受賞
  • しげるの両親が冬の間同居することになりました

 

この作品はFODプレミアムから視聴する事ができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんメディア祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.