『ゲゲゲの女房』139話ネタバレ&あらすじに感想紹介、見どころやフル動画視聴法も!

スポンサードリンク

『ゲゲゲの女房』139話のネタバレ&あらすじに感想紹介をしていきます。

『ゲゲゲの女房』はどこにでもいる普通の女性がドラマのヒロインです。そんな彼女の人生が非常に親近感が沸いてきて面白いです。彼女をとりまく人間関係も個性豊かなキャラたちの登場にクスっとなったり、涙したりと五感を存分に刺激してくる作品でした。

『ゲゲゲの女房』全話をフル動画で無料視聴する方法は?

2019年7月11日

他の朝ドラ作品気になるとう方はこちらも。

【朝ドラ】を好きな時に見たい方必見!フル動画視聴法!や無料動画

2019年8月15日

めっちゃ、おもしろいので気になる方とりあえず見てみてください。

『ゲゲゲの女房』139話ネタバレ&あらすじ

【昭和59年9月4日の村井家】

一向に起きようとしない修平に心配する一同は何度も起こそうと声をかけますが一行に起きようとしませんでした。

 

おじいちゃん「このままボケてしまうのかな∼」と、心配する喜子。しげるはある秘策を思いつき、すっと立ち上がると持ってきたのは南国で買った人形でした。

 

あとは、神に頼むしかない。と念を入れながら不思議な人形を修平のもとへとかざして念をいれていました。

 

こんなんで、起きるわけが…。

思いきや、ハッと目覚める修平に一同は安心するのでした。

アートフラワーを友人たちと楽しみながら、修平のエピソードを話し驚きました。

修平の首に何やら、こぶのようなできものができたのですが、医者も原因がわからない。と言いそのまま放置していました。修平が寝込んで起きないとき本人は夢の中にいたようです。すると、しげるのかざした人形が現れて、こぶを直してくれると言われたようです。それから、スーっとこぶが消えてしまったのでした。

 

最近の修平は、どこか体調が悪いというわけではありませんでしたが、めっきり家からでなくなってきました。

 

スポンサードリンク

修平は何気に布美枝たちのもとにやってくると、歓迎する商店街の女将たちでしたが、記憶が薄くなっているようでなかなか思い出せないようでした。

そんな姿にしなびてきたと話す。商店街の女将たちでした。

 

【水木プロダクションにて】

河童の三平の大ファンだという、編集者は水木しげるのマンガが大好きのようです。

そこから、鬼太郎や悪魔くんの続編もどんどん出していきましょう。そう、声をかけられるのでした。

 

徐々に仕事が増えてきたことに安堵する、秘書の弟でした。

 

アシスタントの相沢も結婚が決まったようで、ナコードをすることになった村井夫婦。心配する布美枝でしたが商店街の女将はそんなことはしっかりアドバイスするから任せなさいと心強く伝えます。

 

アガルタという劇団が訪れるのでした。みな鬼太郎の大ファンで今回は悪魔くんをモチーフにした物語をすると話していると、”芝居”という言葉に反応した修平は芝居の話しをするのですが…。

 

ネタが古すぎて、全く話しがついて行けないようです。結局、話しがかみ合わず退散するのですが、自身の老い強く実感しすることになったのでした。

 

【喜子の進路】

高校3年になっていた喜子は進路に悩むのでしたが、どうしていいモノかなやんでおりました。獣医になろうと考えるのですが、理系のためそれは難しい…。

 

一方、大学4年になる藍子も就職活動の時期になりどうするのか母に尋ねるのですが、そんな話しなどほとんどなく全くわからないようです。

 

そんな時でした。

電話が鳴り何気なく出ると、何と、警察。おばあちゃんを保護したので迎えに来て欲しいというものでした。

『ゲゲゲの女房』139話感想&見どころ

【人生は活動写真のように】というサブタイトル。この章からの主人公はどうやら、年老いた修平のようです。

めっきり年老いてきた修平の様子が少し寂しくなりました。

 

大好きな、芝居な話しをできる相手も周囲にいなくなりより孤立感も強くなりまますが、そこをフォローする布美枝が本当に優しいですね。

最後に

『ゲゲゲの女房』140話ネタバレ&あらすじに感想紹介や見どころを紹介していきました。

  • 年老いた修平がどんどん自信を無くしていました。
  • アシスタントの相沢が結婚することなります。

この作品はFODプレミアムから視聴する事ができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です