『ゲゲゲの女房』145話ネタバレ&あらすじに感想紹介や見どころ、フル動画視聴法も!

スポンサードリンク

『ゲゲゲの女房』145 話のネタバレ&あらすじに感想紹介をしていきます。

『ゲゲゲの女房』はどこにでもいる普通の女性がドラマのヒロインです。そんな彼女の人生が非常に親近感が沸いてきて面白いです。彼女をとりまく人間関係も個性豊かなキャラたちの登場にクスっとなったり、涙したりと五感を存分に刺激してくる作品でした。

『ゲゲゲの女房』全話をフル動画で無料視聴する方法は?

2019年7月11日

他の朝ドラ作品気になるとう方はこちらも。

【朝ドラ】を好きな時に見たい方必見!フル動画視聴法!や無料動画

2019年8月15日

めっちゃ、おもしろいので気になる方とりあえず見てみてください。

『ゲゲゲの女房』145話ネタバレ&あらすじ

修平が亡くなりひと月の歳月が過ぎたある日のことでした。大学へと向かう藍子はドキドキしながら、ポストをチェックすると来ました合否の結果の入った封筒が!

 

藍子は教員採用試験の最終試験までのこっていたんです。この試験に早々に不合格になると思っていただけにまさかの展開です。

 

それを、高ぶる感情を抑え封を切ろうとするのですが「不合格だったらどうしよう」という、不安がよぎり家の前で悩んでいると、不思議そうに話しかける母に逃げるように大学へと向かうのでした。

 

村井家にも新た知らせが届きました。

布美枝の両親が姉・アキコが箱根を案内するというものでした。源兵衛の妻・ミヤコは安来のまちから一度もでた事がありません。

 

夫婦新婚旅行なんていうものはありませんでしたし…何分忙しい家族でしたから。

 

修平に線香をあげるために寄せてもらうと、手紙にかいてありました。

 

一方、イカルはというと旦那の葬儀がひと段落すると、兄・祐一の家にしばらくお世話になると、出かけていったのです…。

 

旦那がなくなり落ち込んでいた彼女でしたけども、ゴリゴリ感は一層パワーアップしたようです。

 

すずらん商店街では、布美枝の友達の3人女将たちが大きな声で世間話しに盛り上がっておりました。

 

すると、大きなホールケーキを抱えてうれしそうにしている藍子の姿にみんなは声をかけました。

どうしたの?と、当然理由を聞きたがり、まだ、家族にも話していないのにな∼というのですが…。

受かったんです!!

教員採用試験に合格したのでした。一同は大喜びして祝福してくれます。

 

しかし…。

自宅に帰り、嬉しそうに教員採用試験に合格したことを両親に知らせ一緒にケーキ食べよと話すの藍子。

 

合格通知を、バシッと奪うようにとり間違いないことを確認したしげるは、「なんだ受かったのか。落ちると思ってたわ」と明らかに残念がりケーキの上に通知をたたきつけて仕事があると言いながら、仕事場に去っていきました。

 

そんな姿に固まる藍子と母・布美枝。

父の反応に「困ったな∼」と第一声を言うてしまい、完全に不快感を示す藍子は「お母ちゃんまでなによ」とブチ切れます。

スポンサードリンク

その結果…。

ケーキのホール食いw

かなり大きなケーキを一人でがつがつ食い始め一人祝い。

そこへ、妹・喜子が戻ってきて姉の合格を凄いね∼よく受かったね!と言うのですけども、もう意固地になって妹の言葉すら批判に聞こえてしまいます。

 

喜子は美味しそうなケーキを食べたくてジーっと見つめます。

 

すずらん商店街を歩いていると、仲良し女将が布美枝を見かけるなり藍子の合格を祝福するのですけれども…。

実は旦那が、藍子の合格を露骨に残念がるのでした。旦那は卒後は、水木プロダクションで働いて欲しいと、考えてほしかったのです。

 

そんな、村井家の不思議な問題話しに頭を抱えるばかりでした。

 

自宅に帰るとしげるは、お母ちゃんに対して「藍子が採用を辞退するようにさせろ」といだしました。そうすれば、教員採用試験で補欠合格したものが繰り上げ合格になり、人助けになる。

 

しかし、そんな事をいうと、藍子が機嫌悪くなる。そういうのですが、そんな話しを聞こうともしません。

 

間が悪い事に、そんなやりとの最中に藍子が帰ってきました。

「お父ちゃんの言う通りには、ならない。だいたい、お父ちゃんは自分の好きな事をしたらいいと言っている癖に」

夫婦の溝は深まるばかりでした。

 

その晩、険悪ななかで食事をする村井家。

 

喜子親子ケンカの事を聞いて、「辞退させるなんてひどい。寝坊助のお姉ちゃんが一生懸命がんばってきたのに」そう話すのでした。

 

【布美枝の説得…】

父は藍子が中学生の頃漫画家になりたいという話しをすると、一日中渦巻と点を打たせて嫌気をさして、諦めさせていたのでした。

高校の時にアニメーターになりたいと言ったときには、知り合いのアニメ会社が倒産したことを散々話してそれも諦めさせたのでした。

う~ん、しげるこれまでの対応も今一つですよね。

 

娘の不審感を持たせるようなやりかたに募る不信感。

そして、布美枝はそんな中でも、しげるとケンカをしないでうまく和解する方法を考えていこうと、説得するのです。

しかし…。

お父ちゃんのいいなりにはならない。と完全に独立宣言をするのでした。

 

『ゲゲゲの女房』145話感想&見どころ

教員試験に合格した藍子に対してあからさまに落胆するしげるの姿が印象的でした。教員になったら、安定が得れるのに…。

そら不機嫌になりますわね。

 

完全に反発をする藍子。彼女は内気な性格ですが芯の強さや努力を惜しまない所は父親譲りなのかもしれないですね。

布美枝は和解をこころみるのですけども、全く無理でした。

 

さて、どうなるんでしょうか。

 

最後に

『ゲゲゲの女房』145話ネタバレ&あらすじに感想紹介や見どころをお伝えしていきました。

  • 藍子が教員採用試験に合格しましたがしげるは落胆しました。

 

この作品はFODプレミアムから視聴する事ができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です