朝ドラ

『なつぞら』123話ネタバレ&あらすじや感想紹介に見どころ、フル動画視聴法も!

投稿日:

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』123話のネタバレ&あらすじに感想紹介をお伝えしていきます。

 

いよいよ産休を迎えたなつは子どもを預かってくれる所を探すのですがそこで思わぬ、指摘を受けてしまいます。

一久の父性の深さがピカッと光る一面も見どころです。

 

U‐NEXTのNHKオンデマンドから全話見る事ができます。

[btn class=”lightning big”]『なつぞら』見るならU‐NEXT[/btn]

 

関連記事はこちら。

[kanren2 postid=”7965″]

『なつぞら』123話ネタバレ&あらすじ

【定期健診の待合室】

病院の待合室には妊婦の親子がいました。その少女は母のお腹に「キラキラバンバンキラキラアニー動け!」と呪文を唱えていました。

なかなかほほえましい情景です。

 

その呪文はなつが制作した「魔法使いアニー」の台詞だったのです。親子のやりとりをみていたのですが思わずうれしくなります。

 

定期診察で主治医・高橋秀子からは母子ともに問題なく経過は順調であると言われます。会社員として働いているだけに安心する瞬間です。

 

高橋医師も働いきながらお産を経験しているため、なつにとっては頼れる存在でした。産後6週間で、仕事復帰すると考えていました。

 

「医師としては無理するなと言いたいけれども、働く母の先輩としてはがんばれというしかない」(高橋医師)はエールを送ります。

 

 

【なつの産休直前の仕事】

それからしばらくして、ついに産休まえの最後の勤務の日がやってきました。

 

後輩アニメーター・中島の動画チェックしたなつでしたが、「つまらない」と言い、個性をもっと出して欲しいと伝えます。

明らかに不服そうな態度を示し、「指示通り描いたつもりだ。子どもがそこまで見ているとは思えない」と漏らします。

 

そのうえ、日々時間に追われて忙しいためムダな事はしたくないと言います。

 

厄介な後輩ですね…。

 

「だったらアニメーションなんかやめなさい」(なつ)とバッサリ制すのでした。

続けて、子どもの想像力を超えたときこそ、夢を見せる事ができると丁寧に諭すのでした。

 

こういう、後輩に果たしてなつのこの想いが伝わるのか疑問ですが…。

 

そして、最後の原画を制作進行・荒井に手渡して、テレビ班のみんなに産休に入る挨拶をするのでした。

 

「あとは任せろ!」(堀内)と送りだすのでした。

作画課にも顔を出すと、仲や下山らにも挨拶をして、出産に向けての準備に入るのでした。

 

産休に入ったなつは、保育園の相談をするために福祉事務所に相談に行きました。

スポンサードリンク

職員から、事情を聞かれると「生活のためでもありますけど、私は働きたいんです」(なつ)と答えるのでした。

 

「子どもを犠牲にしてでもですか?」(職員)と、さらに子どもは本来は母親が育てるものであって、勘違いしているのではないかとまで言われる始末。

 

そうですよね…。時代背景的にもここまで、がつがつ育児よりも仕事仕事って‥。

 

帰宅したなつは、副事務所の職員から言われた事を思い出して、一人悩んでいました。

そこに、一久もかえってくるのですが明らかに落ち込んでいる様子に心配します。

 

しかし、

「何でもない…」

と、答えるのですが声は明らかに沈んでいます。何かあった事は明らかです。

 

「君が何でもないという時は一人で我慢するときだろう」と、妻の気持ちを察すように声をかけ、肩に優しく手を置き自分のもとに引き寄せます。

 

めっちゃ、優しいですやん。出会った当初、全くの空気が読めない感がまるでない、素敵な旦那さん。

 

そんな優しさにも「答えたくない」(なつ)とうつむきます。

 

子どもを預ける先が見つからないまま臨月を向かたなつは、真夜中の日に突然の強い腹痛に目を覚ますのでした。

 

陣痛だと思いきや、痛みは一向に治まる事はありません。翌朝、受診の支度を進めようとすると、玄関の呼び鈴が鳴ります。

 

いつも穏やかな一久でしたが、「誰だ、こんな時に!」と感情的になるほど慌てておりました。

 

「おはようございます」とそこにいたのは母・富士子の姿。

 

その声に痛みに悶えるなつは力を振り絞りながら「母さん、助けて…」と言います。

 

急いで、娘のもとに駆け寄り心配そうに介抱するのでした。

『なつぞら』123話感想&まとめ

前回に引き続き、なつの仕事に対する執着が凄いですね。

 

福祉事務所にいって保育園を「私が働きたい」という理由で探すのかと…。

子どもを犠牲にしてでもですか?」(職員)と、さらに子どもは本来は母親が育てるものであって、勘違いしているのではないかとまで言われる始末。

 

本当にお腹の子に対する愛情があるのかな?とさえ、感じてしまいます。

 

https://twitter.com/KihoRaifuku/status/1163981528692432897?s=20

最後に

『なつぞら』123話ネタバレ&あらすじに感想紹介をお伝えしていきました。

 

  • なつが産休に入り、保育園を探すのですが見つからないまま、お産に突入しました。
  • 富士子がなつの元にやってきました。

 

この作品はU‐NEXTのNHKオンデマンドからフル動画で視聴する事ができます。

 

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんメディア祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.