朝ドラ

『なつぞら』129話ネタバレ&あらすじに感想紹介や見どころ、フル動画視聴法も!

更新日:

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』129話のネタバレ&あらすじに感想紹介をお伝えしていきます。

 

今回ははじめて、なつの娘・優が主役…はじめて体調を崩してしまうという事態に慌てふためく母でしたが…その時の旦那・一久や兄・咲太郎の神対応が素晴らしいです!

 

『なつぞら』はU‐NEXTのNHKオンデマンドから全話フル動画で見る事ができます。1話15分と手軽に視聴できますし緻密な構成と豪華キャストに見どころ満載ですよ。

 

[btn class=”lightning big”]『なつぞら』見るならU‐NEXT[/btn]

 

関連記事はこちら。

[kanren2 postid=”7965″]

 

『なつぞら』129話ネタバレ&あらすじ

【優の体調不良】

ある日、忙しく仕事をしているなつのもとに、茜から電話が入ります。

心配しながら電話をとると、どうやら熱を出したようでした。

すぐに優のもとに向かいたい彼女でしたけども、作画監督という責任ある仕事を任される彼女はそれどころではありません。

旦那に変わりを頼もうと、マコプロダクションに連絡を入れますが現在、外出中で連絡がとれません。

麻子に事情を説明し、旦那・一久が帰ってきたら伝えてもらうように頼み電話を切りました。

なつは誰にも頼むことができず、兄・咲太郎に助けを求めました。

頭の片隅にはずっと優の事が気がかりで、集中できないでした。やっとの事で、仕事も終わり急いで自宅に帰りました。

なつの急な頼みにも関わらず、兄・咲太郎は優を病院へ受診させて介抱してくれていたのでした。

受診の結果、風邪で特に大きな心配は不要であるとの事で、娘の無事に安心するのでした。

「ありがとう。今日は本当に助かった」(なつ)と感謝すると、時計をチラっとみた、咲太郎は「いつもこんなに遅いのか?」と心配します。

痛いところを突かれ、「いまは忙しい時で仕方ない」と返す彼女でしたけども、あいまいな返答に「それはわかるけど…。優の事はちゃんとみてるのか?」と言われてしまいます。

「これからは、優が病気の時はそばにいるようにするから…」とりあえず返答する彼女でしたが多忙を極める現状に具体的な手段など思いつきもしませんでした。

そんな彼女にたいして、「できるのか?」(咲太郎)と言われてしまいました。

傍にいたくてもどうする事も出来ない彼女はつい、感情的になってしまい声を荒げてしまいました。

なつはもはや仕事と育児の両立に限界を感じていたのです。

スポンサードリンク

そら、そうですでよね。

なつと、一久が仕事をできるのは完全に周囲の協力のおかげで現状、育児においてなつはできてないですよね…。

連日帰りも遅くて、朝もせわしない。

「できなくてもそうするしかないでしょう!」と声を荒げた直後に我に帰り申し訳なかったと謝罪すると、兄・咲太郎は優しく「優の事は俺も一緒に守るからな」と一言残してかえって行きました。

兄貴の偉大さに救われる彼女は一人、胸をなでおろすします。

そこへ、旦那・一久もかえってくると、「夕方に麻子さんに聞いたんだ」と娘の様子を心配しました。

そんな彼にあたるように「なぜ、麻子さんから連絡を聞いた時に電話くれないの!」と、なじります。

自分…そんな怒れる立場と違いますよね。

彼はきちんと、麻子に相談して娘の体調が戻るまでの間、自宅で仕事ができるように日程調整を付けてます。

具体的なアクションおこしております。

それを知ったなつは「ごめんね…作画監督なんか引き受けるんじゃなかったな‥」と弱音を漏らします。

坂場の父性がピカッと光ますね。

なかなか、凄い柔軟性です。こういう、男性と一緒になればきっと家庭も円満になるんでしょうね。

意気消沈しているなつに対して、子どもが体調を崩してしまうのは普通のことで、動揺する必要なんかない。二人で何かすればいいと抱きしめました。

それから、優はすくすく元気に育っていきます。

なつの仕事は相変わらず多忙でしたけど、少しずつノウハウをつかみながら母としての役割も担うようになりました。

【昭和47年(1972年)9月】

優は4歳になっており元気いっぱい保育園にも無事入園していました。

なつがはじめて作画監督として、手掛けた『キックジャガー』はメガヒットし長い期間にわたり放送が続いておりました。

ある朝の事でした…。

なつが目を覚ますと、隣でねているはずの優の姿がありませんでした。

辺りを探すと、なぜか襖の隙間に隠れてゴソゴソしています。

何気なくのぞき込むと、何となつが仕上げた大切な動画の上に落書きしていたのでした…。

『なつぞら』129話感想&見どころ

今回はなつの兄貴・咲太郎と旦那・一久の柔軟な対応が印象的でした。

娘・優の思いもしないハプニングに慌てふためくなつでしたが、結局具体的な対応は何もできないままでした。

 

旦那・一久はやっと大好きな環境にどっぷり浸れたにもかかわらず、麻子に対して、娘の体調が戻るまで自宅で仕事をさせて欲しいと、クビのリスクを伴う申し出をしました。

 

また、兄・咲太郎の急な申し出にすぐに優を病院受診させて、なつが帰るまで看病してかつ、いつでも協力するとまで言ってくれるのでした。

 

二人の男に思わず胸キュンしてしまう15分間でした。

 

最後に

『なつぞら』129話ネタバレ&あらすじに感想紹介をしていきました。

娘・優が体調を崩したものの、仕事から抜けれないなつの代わりに、兄・咲太郎が病院受診させて看病してくれました。

また、旦那・一久は仕事を調整し、娘の看病ができる環境を整えてくれました。

 

この作品はU‐NEXTのNHKオンデマンドからフル動画で視聴する事ができます。

 

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんメディア祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.