朝ドラ

『なつぞら』132話ネタバレ&あらすじに感想紹介や見どころ、フル動画視聴法も!

投稿日:

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』132話のネタバレ&あらすじに感想紹介をお伝えしていきます。

昭和48年(1973年)優は5歳になっていました。

 

『なつぞら』はU‐NEXTのNHKオンデマンドから全話フル動画で見る事ができます。1話15分と手軽に視聴できますし緻密な構成と豪華キャストに見どころ満載ですよ。

 

[btn class=”lightning big”]『なつぞら』見るならU‐NEXT[/btn]

 

関連記事はこちら。

[kanren2 postid=”7965″]

 

『なつぞら』132話ネタバレ&あらすじ

ある日の事でした。洗濯をしていると、優が空にゆらゆらと浮かんだ雲を指さして、馬がいると言い出しました。

なかなかの想像力ですよね。その場にいたなつは手をとめて。嬉しそうに優が指をさす方向を眺めます。

 

素敵な日常ですね。というか、なつの洗濯姿に違和感を感じてしまいます。ひたすら仕事にいそしんでいるイメージが強くて…。

 

なつは夏休みの自身の誕生日である8月15日あたりに一緒に十勝に行こうと、約束するのでした。

 

作画監督として日々忙しいのにそんな約束して大丈夫なんですか?

約束破れった時に、優を傷つけてしまいますよ…。

 

【なつの仕事】

前回に続き作画監督という役割を引き受けたからには結果を出す必要が生じてきますし、全力投球の気質である彼女は必死で働きます。

当然、娘・優の送迎に支障をきたす日は日増しに増えていきました。

 

そういう時は、兄・咲太郎の運営している風車プロダクションで預かってもらっいました。

 

そんなある日の事、思わぬ珍客が訪れました。

 

姉妹・夕見子が突然、何の知らせもなく十勝からやってきたのです。

彼女は新たなに開発した紙パックの”たんぽぽ牛乳”を東京に売り込みにやってきたのです。

突然訪問してくるあたりが彼女らしいですね。ただ、今回は駆け落ちではありませんからねw

 

十勝の酪農家たちが手塩にかけて育てた乳牛からとった牛乳を試飲したなつは「十勝の牛乳だわ。美味しい」と文句なしの絶賛。

しかし、この商品を売り込みにやってきた当の本人は相変わらず牛乳が飲めませんでした。

 

そんな夕見子は「これを東京で流通させれば、私の役目は終わりだわ」と意味深な発言をします。

農協を退職して、本格的に雪月の営業に力を注ぐと意気込みました。

 

この頃、ディスカバージャパンという旅行ブームにあやかって雪月の商品はビビるほどに売れまくっていたのでした。

なるほど、旦那の稼業の手伝いをするわけですね。

 

はきはきした夕見子が加われば心強いですね。

「これからは私の力でもっと大きくしてやろうと思って」と自信満々に意気込みます。

 

そんな時、ふと優の方に目をやると馬の絵を描いていました。思い出したように、「天陽くんのことはしってる?」と切り出しました。

 

彼は風邪をこじらせて、入院していたのでした。

スポンサードリンク

 

【天陽の使命】

病床にいる天陽は熱心に馬の絵を描いていました。ふと人影に気付き視線を送ると、そこには友人・雪次郎が息子・雪見(ゆきみ)を連れて面会にやってきていました。

 

しかし、筆をとめる事なく一心不乱に集中して絵を描き続ける姿に「休みに来たべや」(雪次郎)と指摘するのですが急いで描かなければいけないと話すのでした。

 

そんな天陽は「好きな絵を描くために農業をしていたつもりが、絵を売らんと農業がままならんくなった」と自虐っするのですが、その表情は何だか穏やかで何かを悟っているようでした。

 

「お前は離農しないだけえらい。絵を描いて家族を守ってんだべ」と励ますと…。

 

俺は俺で痛いだけ、どんなことがあっても…。そう笑います。

 

【夕見子とともに坂場家族との夕食】

旦那・一久が帰宅してきて、みんなで一緒にすき焼きを囲んでいました。

 

入院している天陽の話題になると、夕見子は帯広の画廊と契約して、彼の描いた絵が次々と売れるようになっている現状を話しました。

 

彼が無名の頃からずっと興味を持っていた一久は東京の画廊でも天陽の名前を知らない人はもういないだろうと知名度が非常に高い事を話します。

そんな話しをしながら、将来有望な画家の体調を案ずるのでした。

 

そんな話しに不思議そうに話しに入る優は「てんようくん?」と聞きなれない名前に興味津々です。

 

そんな娘に「ママとパパの大事なお友達」と説明すると「じゃあ、優ちゃんともお友達ね、優ちゃんも会いたい」と言い出しました。

 

なつは夏休みになるときっと会えると話すのでした。

 

『なつぞら』132話感想&まとめ

今回、驚いたのが天陽が体調を崩しているにもかかわらず、せっせと絵を描き続ける理由です。

 

どうやら、農業が非常に厳しい状況で彼の作品が貴重な収入源となっている事は間違いないようですけども…。

風邪をこじらせての入院というのが気になりますね。何分若いですからね。

何か、重い病にでもむしばまれていないかと考えてしまいました。

 

それにしても、天陽の穏やかな表情が厳しい現実に全く負けていなくて彼の存在感ってホントにすごいな∼っ思わずにはいれません。

 

やはり、どこにいても才能ある者は引っ張られるんですね。表舞台に。

 

優が雲を馬と捉えて、馬の絵を描いた事で話題があがった天陽くん…。

何か、今後に起きそうですね。

最後に

『なつぞら』132話ネタバレ&あらすじに感想紹介をお伝えしていきました。

  • 夕見子がたんぽぽ牛乳を東京に流通させるためにやってきました。
  • 夕見子は農協を退職し雪月の女将になるようです。
  • 天陽が、体調を崩して入院していました。

 

この作品はU‐NEXTのNHKオンデマンドからフル動画で視聴する事ができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんメディア祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.