朝ドラ

『なつぞら』142話ネタバレ&あらすじや感想紹介、見どころにフル動画視聴法も!

投稿日:

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』142話のネタバレ&あらすじに感想紹介をお伝えしていきます。

 

 

 

『なつぞら』はU‐NEXTのNHKオンデマンドから全話フル動画で見る事ができます。1話15分と手軽に視聴できますし緻密な構成と豪華キャストに見どころ満載ですよ。

 

[btn class=”lightning big”]『なつぞら』見るならU‐NEXT[/btn]

 

関連記事はこちら。

[kanren2 postid=”7965″]

 

『なつぞら』142話ネタバレ&あらすじ

【ようやくできた主人公・ソラのデザイン】

試行錯誤にインスピレーションを重ねてようやく完成した主人公・ソラのデザイン。

そのデザインに周囲も納得し好感をもった意見が飛び交いました。ただ、一切の妥協をしない一久の意見が気になる所ですが…。

 

演出の一久も「この子の日常なら見たくなります」と。さらに、基本、厳しい意見ばかりな神地も絶賛しなつは確かな手ごたえを感じていました。

 

【休日やってきた珍客】

ある晴れた日曜日のことでした。信哉と明美が坂場家にやってきました。

明美は、札幌支局から東京へと転勤となり、上司信哉のもとで働いておりました。

 

色んな話しで盛り上がる一同でしたが、話しのネタは十勝にロケハンでいった話しになります。開拓者の話しをテレビアニメにしようとしている事を話しました。

 

信哉と明美は柴田家の話しかと尋ねると、「そう思われてもよい」(一久)と言いながら、恥ずかしくないリアリティのある作品にしていきたいと、豊富を話しました。

 

すると、明美は「千遥ちゃんが見ても、なつ姉ちゃんの話しだって思うかもしれないね」と目を細めながら話します。

 

なつは「どこかで見てるって私は信じてるから」と妹・千遥への想いを話すのでした。

 

【旦那・一久からの大切な提案】

信哉と明美が帰った後、旦那・一久は何やらかしこまったように真剣な顔で話し始めました。

 

今回の物語にはなつの実体験と重ねるように描いていかなければ、一緒に作品をつくる意味がないというのでした。

十勝での取材で泰樹から聞いた話しから、開拓者精神の心の底には悲しみが存在すると言いました。

 

確かにおっしゃる通りですね。よく話しを聞き丁寧に咀嚼していますね。

 

ゆえに、人とのつながり何よりも大切にして、他人を家族のように受け入れる優しさを知ったと話します。

 

それこそがが、僕らの描くものだ。

彼は言葉を慎重に選びながらも力強く、確かな自信をもってなつに説明しました。

 

肯定的に話しを聞いていた彼女は具体的にどうしていくのかと問います。

 

すると、子どもの頃のなつや泰樹、千遥のような人物を登場させるアイデアをだしながら、抵抗はないか再度確認しました。

 

スポンサードリンク

「自分の魂を絵に吹き込むことが全てだから、信じてついていくだけ」と一久に伝えました。

二人とも相当な覚悟をもって臨んでいますね。

これは、大きな成果を生みだしそうな気配がします。

 

【マコプロでは本格的にアニメーション制作に入ります】

制作作業が忙しくなるために、新メンバーが加入しました。

麻子社長は制作進行の石沢と町田、動画チェックの立山を紹介すると、外注先と協力しながら、「しっかり締め切りは守りましょう」と、念を押します。

 

一久は記念すべき第1話の絵コンテの説明を力を込めて説明しはじめました。

洪水により、家を失った、ソラの一家は、新転地を求めて馬車で旅をしていました。

 

途中、川に流されていたレイという少年を発見し急いで救出します。災害により孤児となってしまった彼はソラ達と一緒に旅をする事になりました。

 

物語はソラとレイの二人の成長を通した開拓者家族の波乱万丈を描いた物語でした。

 

登場するキャラクターのデザインも固まり、本格的に作画作業が始まりました。

細部にこだわる一久は老若男女納得のいく表現を追及していきます。

 

麻子社長はそんな彼のこだわりは昔から周知しているものの、締め切りというタイムリミットに気が気ではありません。

 

なつは淡々と一久の要求に応えようと必死です。

なつはそっとまぶたを閉じて、泰樹と過ごした幼少期に想いをはせるのでした。

『なつぞら』感想&まとめ

Twitter上にもあったのですが、明美とやり取りに違和感を感じてしまいました。

「なつ姉ちゃん」と呼ぶ明美に対して、「明美ちゃん」と呼ぶなつ。

なんだか微妙な距離感を感じてしまいました。

 

ここにあげている、感想が非常にウケたのですが確かに夜ドラならば、明美と信哉の大人な関係あり得ますねw

ただ、ここは”朝ドラ”ですからね∼。

 

それにしても、札幌から東京へ転勤という事は素人的に栄転かな?って感じてしまいました。

 

きっと、やり手さんなんでしょうね明美は。

 

さていよいよ始まった、物語の具体的な構想と作画作業。

この作品には、なつの体験もふんだんに盛り込まれていくようで、感情揺さぶる感動シーンが出てくる事が予想されます。

 

アニメーターという立場から、社長という立場になった麻子社長が仕切りに納期を気にする様子がまた新鮮ですね。

いい作品を作る事は当然ですが、タイムリミットが存在するのは当然ですから。

 

最後に

『なつぞら』142話ネタバレ&あらすじに感想紹介をお伝えしていきました。

  • いよいよアニメーションの作画作業に入ったマコプロ。
  • 明美と信哉が坂場家にやってきました。

 

この作品はU‐NEXTのNHKオンデマンドからフル動画で視聴する事ができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんの朝ドラ祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.