朝ドラ

『なつぞら』144話ネタバレ&あらすじに感想紹介、見どころやフル動画視聴法も!

投稿日:

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』144話のネタバレ&あらすじに感想紹介をお伝えしていきます。

 

いよいよ放送開始となった『大草原の少女ソラ』ですが窮地に立たされてしまう事に、そんな状況を救ったのは視聴者からの手紙。

また、なつにとって大切な存在が突然の訪問?に…。

今回もあっという間に過ぎていくネタバレ記事をお楽しみください。

 

『なつぞら』はU‐NEXTのNHKオンデマンドから全話フル動画で見る事ができます。1話15分と手軽に視聴できますし緻密な構成と豪華キャストに見どころ満載ですよ。

 

[btn class=”lightning big”]『なつぞら』見るならU‐NEXT[/btn]

 

関連記事はこちら。

[kanren2 postid=”7965″]

 

『なつぞら』144話ネタバレ&あらすじ

【それぞれの思いでテレビに向かう人たち】

マコプロスタッフが渾身の情熱を注ぎ完成した『大草原の少女ソラ』は10月の日曜日から放送が開始となりました。

 

十勝に住む開拓者たちのインタビューやなつ自身の経験も元に描かれた、リアリティを追及した作品です。

 

一切の妥協を排除し作成した自信作といえ、なつと一久は視聴者の反応が気になって仕方ありません。物語いの行方よりも視聴者の反応が気になってしまい、純粋な視聴者である娘・優の反応をチラチラと伺います。

 

なつにとってこの作品を手掛けるきっかけを作ったのは娘・優のおかげですからね。

 

その頃、柴田家では泰樹が真剣な表情で画面に釘付けで、一瞬たりとも物語の行方を見逃すまいといった様子です。富士子や剛男は感情を揺さぶられ、思わず涙がこぼれてしまいました。

 

工夫を凝らして作成されたシーンでは、真剣に見ていた泰樹も思わず笑顔がこぼれてしまいます。

 

放送が終わるなりすぐに、一久は「優どうだった?」と質問しました。

 

優は満足そうに「面白かった。レイも家族になれるといいね」と感想を言い、ホッとするなつと一久でした。

そんな時にリンリンと電話が鳴りました。

なつが電話を取ると、十勝に住む母・富士子からでした。

 

アニメを見て感動した富士子はすぐにでもなつに皆の様子を伝えたかったんでしょう。泰樹も笑顔で楽しそうに『大草原の少女ソラ』を見ていた事を話すと、聞きいていたなつは安堵するのでした。

 

【『大草原の少女ソラ』の厳しい現実と意外な反応】

麻子社長は放送局に『大草原の少女ソラ』の視聴率やスポンサーやテレビ局の反応を聞きに行っておりました。

マコプロスタッフは皆、麻子社長が持ち帰る情報が気になって仕方ありません。

 

すると、重い足取りでかえってきた麻子社長の様子から、皆気が引き締まります。スタッフの様子をみるなり精一杯の笑顔を振りまきながら厳しい事実をやんわりと伝えました。

気になる視聴率の方は、思わしくなかった様子だったのですが、しっかりした内容でまだ、最初の1話ということもありスポンサーは納得したようでした。

 

しかし‥‥。

物語があまりにも、地味過ぎて面白くないと露骨にいう人もいました。

 

静かに、麻子社長の話しを聞いていた陽平は「それでも、とにかく続けるしかないよ!」と奮起し皆は気を取り直して作業に取り組むのでした。

 

皆のアツい想いとは裏腹に思うように上がらない視聴率に皆ジレンマを抱きました。

 

放送開始からひと月が過ぎる頃には、番組打ち切りの話題も出ようとしていました。

窮地に立たされる、『大草原の少女ソラ』でしたが思わぬ反応がおこります。

 

いつものように放送局から帰ってきた麻子社長のあしどりは軽く、笑顔がこぼれており、スッタフは「あれっ」と違和感を抱きます。

矢次速に「これ見て!」という、麻子は視聴者からのメッセージの束をテーブルに並べていきます。

 

それらはみな、子どもを持つ親からの手紙で一様に「こういうアニメを見せたかった」と賞賛の声だったのです。

スポンサードリンク

 

 

それを見たマコプロスッタフの士気は再び燃え上がります。

 

そんな時、水を差すようにいきなり、「私はもう限界」と、言い出す麻子社長に驚く周囲の視線が集まります。

 

麻子社長は意図的に注意を集めると、自身がこれまで、プロデューサーと動画のチェックを兼務してきたことに限界を感じたと話し新たなスタッフの加入を発表しました。

 

なんやねん~~~~。番組打ち切りにすんのか心配したわいw

継続でよかったです。

麻子社長にこういう話術があったんですね。

 

後日、マコプロに新たなスタッフがやってきました。その人物は何と、下山の妻・茜でした。

 

彼女は東洋動画で働いていましたが、妊娠出産を機に理不尽な条件を突き付けられ、一方的に自主退職を促され退職しておりました。

 

茜は『大草原の少女ソラ』を見てマコプロで働きたいという思いに駆られて、母を説得し育児を任せやってきたのです。

 

茜の加入にみな、喜びイケイケムードで作業は進みます。

一週間に1本作製するという非常に大変な状況に休日返上で対応し一丸となって困難を乗り越えていきました。

 

【思わぬ人物との対面】

アニメーション制作に大忙しのマコプロでは日曜日も仕事にいそしむ制作スタッフたち。

当然育児どころではなく、代わりに麻子社長が優の面倒をみてくれていました。

 

二人は会社の前でボール遊びを楽しんでいると、見慣れぬ一人の女の子が現れます。

優よりも若干年上のその子は”ソラ”のファンだと話し感激した麻子社長は会社に招きました。

”杉山千夏”(すぎやまちなつ)と自己紹介し麻子社長から、セル画をプレゼントされると嬉しそうにかえっていきました。

 

 

容姿や名前に何となく胸騒ぎがしたなつは作業の手をピタッと止めて、その子のあとをおっかけました。

 

会社の玄関を飛び出す世に出ると、母と手をつなぎ去っていく後ろ姿を見た途端、反射的に「千遥!…千遥?」と呼び止めてしまいます。

 

困惑した反応を示す、その女性はゆっくりと千遥の方を振り返るのでした。

 

『なつぞら』144話感想&まとめ

様々な想いで制作された『大草原の少女ソラ』でしたが、伸び悩む視聴率に厳しい反応に暗雲たちこめあしたね…。

 

坂場は東洋動画ではじめて監督として映画製作をしたのですがそれが、お蔵入りしてしまい、自主退職になってしまった経緯があります。

何となくそんなマイナスな想いがムクムクと出てきたのですが、子どもを持つ母たちからの意外なメッセージにそんなマイナス感情も払拭できて安心でした。

 

それにしても、アニメーション制作というのはそれだけ難しいという事ですね。

 

今回は終盤になつの実の妹とおぼしき人物の登場に見ている方もドキッと来てしまいました。

さて、どんな展開になっていくのか見逃せません。

 

最後に

『なつぞら』144話ネタバレ&あらすじに感想紹介をお伝えしていきました。

  • 『大草原の少女ソラ』が放送開始となりましたが思うように視聴率は上がりませんでした。しかし母たちから賞賛のメッセージが届きました。
  • 下山の旦那・茜がマコプロに入職してきました。
  • 千遥と思しき女性が子ども”杉山千夏”を連れてやってきました。

 

この作品はU‐NEXTのNHKオンデマンドからフル動画で視聴する事ができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんメディア祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.