朝ドラ

『なつぞら』147話ネタバレ&あらすじに感想紹介、見どころやフル動画視聴法も!

投稿日:

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』147話のネタバレ&あらすじに感想紹介をお伝えしていきます。

杉の子の千遥のおもてなしを存分に堪能したなつに咲太郎夫婦、信哉と明美でした。さて、帰り際、ある手紙をなつは渡すのですがそれを見た千遥…。

千遥の娘・千夏となつの娘・優の様子も癒しですので是非注目ですよ。

 

『なつぞら』はU‐NEXTのNHKオンデマンドから全話フル動画で見る事ができます。1話15分と手軽に視聴できますし緻密な構成と豪華キャストに見どころ満載ですよ。

 

[btn class=”lightning big”]『なつぞら』見るならU‐NEXT[/btn]

 

関連記事はこちら。

[kanren2 postid=”7965″]

 

『なつぞら』147話ネタバレ&感想

千遥の心のこもった手料理をお腹いっぱい食べて大満足の一行は感謝に満ち溢れる中でお店を後にしました。

 

そのとき、なつはそっと、千遥が気づくように手紙を手渡します。

 

これまで音信不通となっていた千遥の所在がはっきりわかった事に加えて料理人として、生計を立派に立てている事に一同は安心します。

 

【一人手紙を食い入るように見つめる千遥】

店を終えた千遥は、なつから渡された驚くほどに年季の入った手紙を渡され不思議そうにそれを優しく開封します。

 

その手紙は義理父・剛男が戦地から持って帰ったもので主は千遥たちの父からのものでした。

 

家族に向けた父からのメッセージ長い年月を経て、3人の子どもたちの手にようやく届きました。

手紙とともに添えられていたのは、父が描いた家族の絵でした。

ちはるはじーっとそれを見つめ咲太郎、なつ、亡き両親とともに見えない絆で繋がっている事を強く実感しました。

 

そして、亡き父の想いに心を寄せ自然と涙がこぼれます。

 

 

 

【日曜日の大切なひととき】

千遥の家では、娘・千夏と一緒に毎週『大草原の少女ソラ』を見るのが日課になっていました。

 

そこで、レイが牛の乳搾りを一生懸命にしているシーンがでてきて、千遥は柴田家で泰樹に教えてもらいながら、乳搾りをした事を思い出しました。

 

すると、隣で見ていた、千夏が「私も乳搾りをしてみたいな…」とつぶやきながら、見よう見まねに乳搾りのマネをしました。

 

坂部家では、同じよように優が、乳搾りをしたいとなつにねだりました。

子どもちゃんたち、思いがシンクロしてますやんw

 

「千遥ちゃんもきっと今頃、見てくれているだろうな」(一久)と話しました。

 

そして、「千遥にあえて安心できたのか」と聞くと「立派な料理人になっていた」と誇らしく返すのです。

きちんとした所在が分かったことで、安心ですね。

 

【アニメーション制作に大忙しのマコプロ】

出だしは今一つの反応だった『大草原の少女ソラ』も徐々に人気が出てきて視聴者からの反応も日に日にましていきました。

 

そして、なつのほうも相変わらず、大忙しでアニメーション制作に追われる日々を送ります。

 

そんな中でも相変わらず、一久は作品の細部にまで注意をとめ妥協しません。

スポンサードリンク

作品の中で、卵を割って約シーンがあったのですが、そこが気に入らず、「おいしそうに見えない」と指摘。

 

納期が常にギリギリで焦る麻子社長はしびれを切らしてそのやり取りに割って入りました。

多少の妥協はやむを得ないと説得を試みるのですが、全く効果はありませんでした。それどころか、なつにここは非常に大切なシーンだと訴えかけられ結局折れるのは麻子社長でした。

 

作成チームは実際のシーンを検証すべく、スーパーに行き大量の卵を購入しなつと神地は何度も何度も卵をフライパンに割落と所を入念に観察します。

 

時間が気になる麻子社長は気が気ではありません。そんな彼女と裏腹にああでもない、こうでもないと白熱する二人の熱が全体に伝わりみんなが卵を割るシーンに入ってくる始末でした。

 

ようやく、納得のいくシーンが出来上がりやっとのことで出来上がった作品が放送されるなり、卵を割るシーンに対する多いかな反響が巻き起こったと嬉しそうに視聴者が描いた手紙を制作スタッフたちにみせるのでした。

 

坂場たちの一切の妥協をしない熱意は高いクオリティの作品となって確実に子どもたちの心に響いていたのです。

 

 

【千遥の決意】

杉の子では千遥がせっせと仕込みをしていると、夫・清二の母である杉山雅子(すぎやままさこ)が突然店に顔をだしました。

 

その姿に思わず、気が張る千遥は「お義母さんお話ししたい事があります。清二さんともきちんとお話させてください」と申し出ました。

 

思わぬ態度に驚きをかくせない雅子でしたがすぐに察して「別れたいってこと?」と表情を曇らせます。

 

「お願いします」とだけ返しただただ、頭をさげるのでした。

 

マコプロでいつものように仕事にいそしむなつのもとに一人でやってきた千遥は何かを相談しようとしている様子です。

 

『なつぞら』147話感想&まとめ

これまでずっと、自身の過去を隠し続けて杉山家に嫁いだ千遥は従順に生きてきたようですが、旦那の不貞についに自分自身の開拓に決意したようですね。

 

そして、なつや咲太郎にあった事は大きな励みになったのではないかと感じました。

また、なつからわたされた、実の父が残したメッセージが勇気をくれたのかもしれませんね。

 

千遥もいい方向に落ち着くといいなと、願うばかりです。

 

そして、この章を見ていて、ほっこりしたのが千夏となつが乳搾りをしたいといっていた場面さすが、シンクロしましたね∼。

やはり感性がにてくるんでしょうか。

最後に

『なつぞら』147話ネタバレ&あらすじに感想紹介をお伝えしていきました。

  • 千遥は実の父が残した手紙をはじめて目にしました。
  • 千遥は旦那・清二と離婚する決意をしてついに動きだしました。

 

この作品はU‐NEXTのNHKオンデマンドからフル動画で視聴する事ができます。

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんの朝ドラ祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.