朝ドラ

『なつぞら』148話ネタバレ&あらすじに感想紹介、見どころやフル動画視聴法も!

更新日:

スポンサードリンク

連続テビ小説『なつぞら』148話のネタバレ&あらすじに感想紹介をお伝えしていきま

 

再びなつのもとに訪れた千遥はなつにある事を相談しました…。

長い間途絶えていた家族のつながりを新たにつなごうとする様子に心打たれます。

 

『なつぞら』はU‐NEXTのNHKオンデマンドから全話フル動画で見る事ができます。1話15分と手軽に視聴できますし緻密な構成と豪華キャストに見どころ満載ですよ。

 

[btn class=”lightning big”]『なつぞら』見るならU‐NEXT[/btn]

 

関連記事はこちら。

[kanren2 postid=”7965″]

 

『なつぞら』148話ネタバレ&あらすじ

千遥はまた、マコプロになつを訪ねてやってきました。

自分に会いに来てくれたことを喜びながら、杉の子での千遥のおもてなしを感謝しながら、板前として真剣に生きていることが分かったと話します。

 

千遥も「奥原なつの作品」をずっと見てきたことを伝え、「本当に強く生きてきたんですね」と敬意を表しました。

 

妹の言葉を素直にうれしいと、伝え表情もほころびます。

 

 

すると、急に思い詰めた様子を見せる千遥は「お姉ちゃん、私は…あの店辞めようと思う…」と振り絞るように相談します。

なつと咲太郎が兄弟であるという事をしられてはいけないという状況で、家庭の幸せの為にずっと伏せてきた彼女が急にそのような言動を発したことに、何か重大な出来事がひそんでいると察しました。

 

なつは自宅に千遥を招き、彼女を安心させるように優しく声をかけ相談にのります。

 

千遥は静かに、これまでの経緯を話し始めました。

 

彼女は18歳の時に、神楽坂の『杉乃屋(すぎのや)』という料亭の次男に嫁いだものの、しばらくすると旦那は別の女性と恋に落ちて、今では一緒に暮らしている状態で今や、別居状態である現状を打ち明けました。

 

ずっと、献身的に料理を教えてくれていた師匠である義父は一年前に亡くなってしまい、離婚すると現状切り盛りしている、『杉の子』は存続できなくなってしまうようです。

 

そんな状況に離婚したくても決断に踏み切ることができず一人悶々と悩んでいたと話しました。

 

しかし、やっとの旦那と離婚する決意ができたと話すのでした。

 

静かに話しを聞いていたなつは「千遥は何も悪くない」とかばうのでした。

 

「だけどお姉ちゃん…」

自分の過去を明かすことで、育ての親である置屋の母へも迷惑がかかってしまうことになると話すのです。

一番の悩みは最愛の娘・千夏の親権を奪われてしまう可能性がある事を懸念しました。

 

問題は山積みでしたが、「堂々と生きられるようになりたい」という素直な気持ちに忠実に生きる事を決めた千遥は旦那と離婚することに迷いはありませんでした。

そして、これまで隠してきたすべてを話して離婚に踏み切ろうと考えていることをなつにつたえたのでした。

スポンサードリンク

 

妹の苦悩の日々に涙を浮かべて聞いていたなつは千遥の決意を受け止めるのでした。

 

すると、千遥は「お姉ちゃん…また家族になってくれる?」と不安そうに尋ねるとそんなの当たり前だとすぐに返すのでした。

 

なつは、力を込めて、千遥はもう、自由になって堂々と生きていいと話し、「また、一緒に頑張ろう」と伝えるのでした。

 

「ありがとう」と心強い姉の存在を意識し救われる彼女に迷いはありませんでした。

 

【仲良く遊ぶ優と千夏】

千夏と優は仲良く遊んでいると、大切な話しを終えたなつと千遥が戻ってきました。

千遥は娘・千夏に「この人は、本当はお母さんのお姉ちゃんなの」と早速、事実伝え改めて紹介します。

驚く、彼女でしたが「なつおばさん、よろしくね」と嬉しそうにあいさつしました。

 

千遥は優に向かい「私は千遥おばさん…ママの妹です」と母を紹介します。めっちゃかわいい振る舞いです。

 

既に知っていた優は安心した様子で、「もう、言っていいんだ。よかった」と喜びを伝えました。

 

遠目から二人の様子をみていた一久はなつと千遥が本当の姉妹に戻れた事に安堵しながら喜ぶのでした。

 

その晩、なつの自宅に信哉、咲太郎があつまり話し合いが行われます。

 

信哉はポイントは義母・雅子を納得させることができるのかにかかっていると話しました。

さらに雅子について周囲から事前情報をあつめて、彼女は筋の通ったひとで、話しができる人だとリサーチ情報を伝えました。

 

信哉は、今でも本当の家族と同じだと感じえていると、話し空襲のあとでなつたちと共に過ごした日々が財産となりどんな苦悩にも耐えられるようになったと話しました。

 

咲太郎となつも同じ想いを抱いており、3人は改めて心の絆を再認識するのでした。

 

「あの千遥ちゃんが家族になったら、僕の戦争もやっと終わる気がするよ」と優しく微笑むのでした。

 

『なつぞら』148話感想&まとめ

千遥がなつに相談を持ち掛けて、「お姉ちゃん」と言ったとき彼女の中でなつとの間にあった壁がなくなった気がしました。

 

置屋で育ってきたことや、戦争孤児でもともと咲太郎となつという大切な兄弟がいるという事実を隠して偽って生きてきた千遥も限界になったんでしょうね。

 

結婚していて、娘までいながら女をつくって出ていく旦那ですからね…。

 

そんな状態で我慢を続ける必要なんて無理でしょう。

 

親権は基本的に旦那に行くという事は考えにくいです。

周囲への迷惑は致し方ないきがします…。

体裁はかって我慢重なねて潰れてしまうよりよっぽどマシかと…。

 

最後に

『なつぞら』148話ネタバレ&あらすじに感想紹介をお伝えしていきました。

なつのもとに相談にやってきたし千遥はこれまでの経緯を伝えたうえで離婚に踏み切ること、隠してきたことをすべて話す決意をした事を伝えました。

そして、なつや咲太郎と家族に戻る決意をしました。

 

 

この作品はU‐NEXTのNHKオンデマンドからフル動画で視聴する事ができます。

 

スポンサードリンク

-朝ドラ

Copyright© 岩ちゃんメディア祭 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.