『なつぞら』156話ネタバレ&あらすじに感想紹介に見どころ、フル動画視聴法も!

スポンサードリンク

連続テレビ小説『なつぞら』156話のネタバレ&あらすじに感想紹介をお伝えしていきます。

嵐が過ぎ去り、なつと天陽は天陽の魂が宿るじゃがいも畑に向かいました。そこで泰樹は大切なメッセージをなつに伝えました。

それぞれの新たな開拓の旅が始まるこの章は新しい出発を連想させる素敵なフィナーレでした。

 

『なつぞら』はU‐NEXTのNHKオンデマンドから全話フル動画で見る事ができます。1話15分と手軽に視聴できますし緻密な構成と豪華キャストに見どころ満載ですよ。

 

 

関連記事はこちら。

『なつぞら』を自分の都合でフル動画で見たい方必見!1話~最新話視聴する方法です!

2019年8月15日

 

『なつぞら』156話ネタバレ&あらすじ

【魂宿る天陽の畑】

自然の猛威が過ぎ去り、荒れ果てる畑でなつと天陽は、じゃがいもの収穫を手伝いました。

 

作業をしていると不意に泰樹が、「わしが死んでも、悲しむ必要はない」と言い出して動揺するのですが…。

天陽と一緒だと話しながら「わしの魂もこの大地にしみこませておく」とジョークを交えてきました。

 

いつでも、この大地にかえってきて泰樹や天陽の存在に心を馳せればいいと優しく話しました。

「お前はよく、東京を耕した。わしはいつでも一緒におる」(泰樹)

 

泰樹の開拓魂、偉大な背中を必死に追ってきたなつは思いもしない言葉に感極まってしまいます。

 

「じいちゃん、大好き」

という言葉に、びっくりしてバランスを崩してしまう泰樹はそのままひっくりかえってしまいました。それを支えようとしたなつも共倒れ。

 

お互いに見つめながら思わず、声を出して笑ってしまい透き通った二人の声が大地に吸い込まれていきます。

 

【東京からの仕事のオファー】

麻子社長かっら、北海道でのんびりすごす一久に連絡が入りました。

 

次回のテレビアニメーションが同じ、時間、枠で決まりそうで早く相談したいという連絡にテンションは一気に上がりました。

 

なつに相談してなるべく早く帰ると答え電話を切りました。

 

次の作品に高鳴る想いを抑えることができずにツイ表情がゆるみます。

 

 

【新たなスタート】

アイスクリーム店の片付けをしている、照男と砂良。

照男は、牧場の最新の設備投資はいったん白紙に戻すと話し「また、こっから出直しだ」と話すのですが、その表情には新たな決意がみなぎっているようです。

 

前向きな様子を悟った砂良も夫の決断にうれしそうです。

 

【千遥親子は一足先に】

東京の料理店の事もあり千遥と千夏は坂場家族よりも一足先に帰郷することになりました。

 

16年前に誰にも気づかれぬように静か去った千遥でしたが、今回は皆が彼女の帰京を名残惜しみました。

 

 

彼女たち親子も柴田家の一員として受け入れれたという事ですね。

 

【多忙な風車プロダクション】

東京で声優会社を運営している風車プロダクションは、どんどんニーズが高まり大忙しとなっていました。

 

新しい仕事が決まり、声優たちのテンションも上がっていると、光子の提案で亜矢美が営むおでん屋でお祝いをしようと決まりました。

それに一層もりあがる一同でした。

 

【大地に魂をいれる泰樹】

泰樹は一人、大自然の広がる十勝の大地に寝そべりました。

 

真っ青な青空のキャンバスを眺め、静かにまぶたを閉じこれまでの想い出に想いを馳せるのでした。

 

 

【大草原の広がる緑の丘】

「ここからまた始まるんだね、私たちの開拓が‥」

なつと一久に優は心地よい風の吹く大草原にたたずみました。

スポンサードリンク

 

「私たちもまた、何もない道を歩いていきたい」(なつ)とつぶやきました。

 

感慨深そうに家族になれたことに感謝する一久に「これからよ」と微笑みかけるなつはアニメーションおのように家族の想い出を描いていこうと新たなる決意を伝えます。

 

そんな夫婦のやり取りをじっとみていた優は「パパとママ、ソラとレイみたい」と嬉しそうに話しました。

 

緑の広がる雄大な大地を新たに踏み出す坂場一家の開拓は始まりました。

『なつぞら』156話感想&まとめ

朝ドラ100作目『なつぞら』も無事最終話を迎えました。

亡き天陽の存在が最後まで、なつに絶大な影響を与えているように感じました。

 

個人的には天陽と結ばれて欲しいなという想いがありましたが、こういう結末もまた素敵ですね。

 

なつの開拓の旅はまだまだ続くんですね。

 

 

杖をつくほど老化していた泰樹でしたが、自然の厳しさが彼を若返らせたようにも感じられました。

そして、自然にかえっていく最後の場面が非常に美しく感じました。

 

個人的には節目となる100作目非常に面白かったなと思います。

緻密な構成の物語に豪華キャストに魅了されました。

中でも、印象的なのは、千遥(清原果耶)の存在感が非常にすごいな∼と終始感じました。

17歳にして未婚の30歳の女性を演じる演技力に終始目が離せませんでした。

こんな女将さんの営む料理屋さんには是非、一度足を運びたいですね、

 

最期に

『なつぞら』156話ネタバレ&あらすじに感想紹介をしていきました。

嵐が過ぎ去り、天陽の畑の様子を見て荒れ果てた様子に泰樹となつは手伝いをしました。そこで、なつに大切なメッセージを伝えました。

泰樹は大地に一人魂を吸い込ませました。

 

この作品はU‐NEXTのNHKオンデマンドからフル動画で視聴する事ができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です